やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

げんげ田や山低ければ空広く 黒田はる江

2018年04月18日 | 俳句
596
黒田はる江
げんげ田や山低ければ空広く
水の干された田んぼ一面にげんげが咲き誇っている。この辺り周囲の山並が低いので空が広々と広がっている。日本のふる里のどこにでもありそうな風景である。春の旅心に誘われてここまでやってきた。随分紆余曲折をして来た人生だったが結局心の郷愁に惹かれる昨今である。そこには兎追いしかの山小鮒釣りしかの川があり母が居る。:俳誌「はるもにあ」(2017年7月号)所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 春深くケセランバサラン増殖... | トップ | 石の声水の声して山ざくら ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事