やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

いちにちの終はりに薬金魚草 中山奈々

2017年07月15日 | 俳句
343
中山奈々
いちにちの終はりに薬金魚草

さあ今日も目いっぱい働いて就寝タイムとなった。夜の薬も忘れずに飲む。考えてみると薬とは縁の切れない人生だった。一病を得て無理をせず平凡ながらこうして生きてこられた。そんな人生がずっと続いた果ての今宵も得られる安らかな就寝。眠りに落ちる前に眼にちろちろと映る金魚草。せめて華やかな色付きの夢でも見たいものだ。:角川「俳句」(2007年7月号)所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蛍を両手に包む夢のあと 寂仙 | トップ | よろよろと命の水へ夏の蝶 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事