やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

さめざめと泣きし夢覚め明易き 富安風生

2018年08月09日 | 俳句
718
富安風生
さめざめと泣きし夢覚め明易き
さめざめと泣いた。つと目覚めればああ夢だと悟る。近頃は夜も短く明け易い。短い睡眠の間に見た短かな夢。さて思い出そうとするが思い出せない。確かに泣いていたのに何故泣いたのか。このごろの夢はみんな辻褄が合わない。心の深層にある記憶の断片の繋ぎ合わせだから。それに色の無い白黒の夢ばかり。:角川「新版・俳句歳時記」(1990年12月15日版)所載。
<いらっしゃいませー俳句喫茶店・つぶやく堂ーどうぞお入りください>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 空蝉や店の奥よりカンタータ... | トップ | 朝顔の今朝もむらさき今朝も... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事