やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

覗いてはまた覗いてる巣箱かな 柳澤茂

2018年03月14日 | 俳句
559
柳澤 茂
覗いてはまた覗いてる巣箱かな

野鳥の巣作り期に入った。この男巣箱を作ってここに営巣させる作戦である。思惑どうり四十雀などの小鳥が入ってくれれば至福の喜びである。そして卵が幾つか産み落とされてその雛が孵る事となる。この間一喜一憂浮き浮きどきどきと季節を送る事となる。早朝から五分十分おきに覗いて一人にんまりとする。絵日記を付け上手くゆけば雛の写真も撮れて仲間に自慢して見せる事となる。人生に喜びを持てる人は幸せである。:俳誌「はるもにあ」(2017年5月号)所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 卒業の拳に拳軽く当て 池谷秀子 | トップ | わが机妻が占めをり土筆むく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事