やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

蟇動かぬ意思の強くあり 白馬

2018年07月12日 | 俳句
690
白馬
蟇動かぬ意思の強くあり
蟇が悠然と鎮座ましましびくとも動かない。まるで固い決意が有るかの様だ。私の思い出の中に神様蝦蟇の記憶がある。さる大樹の根本に空洞がありその暗闇に蝦蟇が棲んでいた。この木に注連縄を張り神木に仕立てた親父がいた。何とガマ占いを始めてしまった。お伺いを願うと規定料金で占ってくれた。戦後のどさくさ時代だから言わば人生相談明日の生き方相談であったがその巧みな話術に明日への勇気を貰って帰るのであった。今から思うとあのガマ君は親父がどこからか自分で拾って来たのかも知れぬ。良い商売を考え付いたものだ。:丘ふみ游俳倶楽部(第167号)所載。
<いらっしゃいませー俳句喫茶店・つぶやく堂ーどうぞお入りください>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 歩を進めがたしや天地夕焼け... | トップ | 遊ぶ子の居ない遊び場ねむの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事