やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

空蝉や店の奥よりカンタータ 満田春日

2018年08月08日 | 俳句
717
満田春日
空蝉や店の奥よりカンタータ

今年は異常な気象だった気がする。蝉も種類を問はずに一斉に鳴きだした。まるで蝉のオーケストラの様であった。小ぶりの樹木には空蝉が無数に抱き着いている。そんな樹林の小径を行くと茶房らしき店に出た。店の奥からは澄んだカンタータが聞こえてきた。生命の謳歌は蝉でも人間でも変わらぬようだ。:俳誌「はるもにあ」(2017年9月号)所載。
<いらっしゃいませー俳句喫茶店・つぶやく堂ーどうぞお入りください>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 切株といふ秋風を待つところ... | トップ | さめざめと泣きし夢覚め明易... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事