やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

青空ゆ辛夷の傷みたる匂ひ 大野林火

2018年03月19日 | 俳句
564
大野林火
青空ゆ辛夷の傷みたる匂ひ

空が青い。大気から匂う香りは辛夷のものか。真っ白な辛夷の花が突き刺さる様に咲いている。しばし茫然と辛夷の空を仰ぐ。と、よく見ると早くも痛んだ花を見つけてしまう。ああ純白の傷み易さよ。この匂い辛夷の傷みゆく苦痛の叫びとも思われる。命あるもの皆傷み易きかな。:山本健吉「鑑賞俳句歳時記」(1997年1月15日)所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 春あさく南方の傷うづく父 ... | トップ | 囀や深きねむりを日に幾度 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事