やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

わが机妻が占めをり土筆むく 風生

2018年03月15日 | 俳句
560
富安風生
わが机妻が占めをり土筆むく

毎日習慣で「10年日誌帳」なるものを付けている。今日も机に向かおうとしたら先客ならぬわが妻が既に座している。何とどこで摘んだか笊いっぱいの土筆の袴を剥いている。この後あく抜きの為に灰汁に一晩漬けるのであるがこれが年中行事となってしまった。春来たりと確認する。これまで食した山菜を思い浮かべてみる。筍、多羅の芽、蕗の薹、野蒜、ゼンマイ、コゴミ、水菜、クレソン、土筆、後何かなあ。:山本健吉「鑑賞俳句歳時記」(1997年1月15日)所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 覗いてはまた覗いてる巣箱か... | トップ | ポストまで春の一句と歩きけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事