やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

濁流の流木群や夏豪雨 高村安子

2018年07月09日 | 俳句
677
高村安子
濁流の流木群や夏豪雨
夏の豪雨が襲った。テレビには災害現地が赤裸々に映し出される。流木が橋を壊し街を破滅させてゆく。あの知人はどうしているか。風の噂では被災地のど真ん中に居たらしいが、身体一つで逃げおおせたらしい。年々地球の気象が荒くなっていると感じるのは私だけだろうか。救助隊が覆って運ぶブルーシートが気になる。頑張ってください。どうぞ神様お願いいたします。遠く祈るだけしか出来ない。:俳誌『百鳥』(2017年10月号)所載。
<いらっしゃいませー俳句喫茶店・つぶやく堂ーどうぞお入りください>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 残る夏焼鳥屋にて家族会 同... | トップ | 放哉の句碑を日傘の裡に容る... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事