やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

噺家のやうな庭師や花は葉に あらゐひとし

2017年05月15日 | 俳句
284
あらゐひとし
噺家のやうな庭師や花は葉に

庭師さんが家庭の庭に入り込んで仕事中である。この家のご主人がその仕事ぶりを見守っている。交わす言葉もまるで噺家の様に如才なく面白おかしく話題を繋ぐ。仕事がら植木の形を近づいたり離れたりして眺め、合間にご主人の注文を聞いたり結構忙しい。さりながら毎年の勝手知ったる作業なので緊張はしていない。かく茫々と時は流れ、季節は花から新緑の候へと移ろってゆく。:読売新聞「読売俳壇」(2017年5月9日)所載。:やんま記
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どの花も小さし真白し五月来... | トップ | 風薫る階段状の講義室 松山悠介 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事