やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

メビウスの輪を抜け出せぬ蝸牛 下村まさる

2018年07月14日 | 俳句
692
下村まさる
メビウスの輪を抜け出せぬ蝸牛
捻くれたリボンの輪の様な道を蝸牛が歩いて行く。行けども行けども元に戻ってしまう。どうしたら抜け出せるのか永遠の疑問を抱きつつ歩く。余談であるが裏側をメスが歩いていたら裏側へは回るのかしら。おっと彼らは雌雄同体だったかな。いずれにしてもややこしい奴だ。:雄山閣「新版・俳句歳時記」(2012年6月30日版)所載。
<いらっしゃいませー俳句喫茶店・つぶやく堂ーどうぞお入りください>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 遊ぶ子の居ない遊び場ねむの... | トップ | 生きてゐる時計が一つ夏館 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事