やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

爽かに山近寄せよ遠眼鏡 日野草城

2018年08月05日 | 俳句
714
日野草城
爽かに山近寄せよ遠眼鏡
遥かより風が渡り爽やかである。遠き連山も澄みながら色づいている。遠眼鏡で山肌を眺めれば秋色が爽やかの源である事がわかる。野や山に色鳥が渡ってきて双眼鏡の出番でもある。カラス大、ハト大、スズメ大と肉眼で見定めて双眼鏡を当てれば鳥々の色彩が浮かび上がる。その美しさに魅せられて野鳥図鑑を片手に山野を逍遥する。爽やかな外気に触れ心は弾み命は喜んでいる。:山本健吉「鑑賞俳句歳時記」(1997年4月10日)所載。
<いらっしゃいませー俳句喫茶店・つぶやく堂ーどうぞお入りください>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 明易の夢の出口が見つからぬ... | トップ | 原爆忌の空を草田男翔(かけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事