やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

切株といふ秋風を待つところ 駒木根淳子

2018年08月07日 | 俳句
716
駒木根淳子
切株といふ秋風を待つところ
手頃な切株があって腰を下ろした。楽にはなったが汗が引かない。もう立秋だと言うのに吹きそうで吹かない秋風だがこうしてこの目線を得て何とはなしに嬉しい。もう夏の峠は越えている。本当に秋がやって来てしまえば人生の落日もやってきそうだ。ほどほどの時間の進行を爽やかな風が渡ってくれれば文句はない。:俳誌「角川・俳句」(2018年8月号)所載。
http://9128.teacup.com/yanma/bbs/?">俳句喫茶店・つぶやく堂ーどうぞお入りください>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 原爆忌の空を草田男翔(かけ... | トップ | 空蝉や店の奥よりカンタータ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事