やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

葛湯吹く微熱の眉をくもらせて 香田なを

2018年01月12日 | 俳句
499
香田なを
葛湯吹く微熱の眉をくもらせて
冬期身体を温めるために葛湯なるものを呑む。少し身体が怠く微熱もあるようだ。とうとう風邪を引いたかなあと眉をくもらせている。手に重い湯飲み茶わんを口に近づけるとかなり熱つそうだ。ふうふうと息を吹いて冷まし冷まし飲む。この熱さだけで全身が温められてゆく。これで一晩汗をかいて熟睡できれば明日はすっきりするだろう。句に艶を感じるのは作者が女性だからに他ならぬ。:つぶやく堂『俳句喫茶店』(2017年12月7日)所載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宝物見つけたここち寒昴 中... | トップ | 量子論かたれば咲けり花八手... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事