やんまの気まぐれ・つぶやっ句 「一句拝借!」

談話は、俳句喫茶店・つぶやく堂へお越しください。

おもひ出せぬ夢もどかしく蕗の薹 寂聴

2018年03月07日 | 俳句
552
瀬戸内寂聴
おもひ出せぬ夢もどかしく蕗の薹
昨夜の夢が気になって思い出そうとするのだが思い出せない。なんとももどかしい。私も夢を見る方だ。不整脈があって悪夢が多く寝汗を掻いて目を覚ます。嫌な感じを残すのだがその内容が思いだ出ない。ただ東京空襲を浅草で体験していた事がトラウマとなっていて、爆撃とか焼夷弾が降り注ぐ夢はリアルに思い出す。初恋の夢でも見たいものだと妄想を念じながら眠ってもそんな夢は見た事は無い。寂聴が見る女の夢はどんな夢だったのか。蕗の薹出ずる候、春の夢淡し。:俳誌「角川・俳句」(2018年3月号)所載。
コメント