ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

サラサヤンマ 2019<5月③>

2019-05-30 | サラサヤンマ

<5.28>

長時間の産卵

4日連続した真夏日が一段落するようで、サラサヤンマの撮影を続行です。4日前に撮り損なった産卵を撮らないと終われません。
この日も探雌行動が活発で、やや不安を感じながら産卵を待つこと約1時間、縄張りの♂を潜り抜けて無事♀が現われました。
産卵場所を探して1分程低空で飛び回り着地。11時25分から約1時間半に及ぶ産卵になりました。薄曇りで湿地の気温は26℃。

♀ 産卵




近づくと長靴に産卵を試みます。こういう個体は産卵意欲が旺盛で遠くに飛び去ることはありません。約1分で移動しました。

産卵移動


数ヵ所を転々として産卵場所を探します。1ヵ所に止まるのは15秒程度です。



ここで少し落着き1分以上産卵しましたが、産卵場所に満足していない様子。



最初の着地から約6分後、気に入った朽木に辿り着いたようで、すっかり落ち着きました。ここで約41分間産卵しました。









触れない限り相当接近してもお構いなし。近くに♂が飛来しましたが、当方がガードしているので捕まりません。





産卵移動






一旦飛立ってから同じ朽木に戻り約7分間産卵 この朽木で通算約48分間の産卵


隣の朽木に移動 ここでは通算約29分間産卵


産卵移動




12時55分、産卵を漸く止めて低木に止まりました。最初の着地から約1時間30分後です。

♀ 静止 産卵休止


さすがに産卵終了と思いきや、腹部を曲げ始めまだ産卵する気配。休止時間は約3分で飛立ちました。





産卵を再開してから約1分後、移動した先で遂に♂に捕まりました。交尾態で上空に。そうそう何度も交尾は撮れません。
よい個体に巡り会って久々にサラサヤンマの産卵撮影を堪能しましたが、産卵の目撃はこの1頭のみでした。



探雌の♂の様子です。気温が下がってホバリングが多少長くなりましたが、前回と左程の変化はありませんでした。

♂ 飛翔






♂ 静止 樹上に止まる



2019.5.28 埼玉県


コメント   この記事についてブログを書く
« サラサヤンマ 2019<5... | トップ | オオトラフトンボ 2019... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サラサヤンマ」カテゴリの最新記事