ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

タベサナエ 2019<5月>

2019-05-19 | サナエトンボ科

<5.15>

何故か今季も

西のコサナエ属、タベ、オグマ、フタスジサナエの3種が生息する池。時期的にはフタスジサナエで、交尾、産卵を期待して行きました。
結果、縄張りの♂は多数いましたが、交尾は1対見たのみ、産卵は目撃できませんでした。最高気温は高く27℃。

昨季はオグマサナエの時期に行き、産卵撮影はタベサナエのみ。当所では多数派でないタベサナエですが、何故か今季も同じ結末でした。

♀ 産卵


草叢では新鮮な♀を見かけるものの、なかなか産卵しません。

♀ 静止


産卵に飛来した途端、やたらに多いシオヤトンボに絡まれて水面に落とされた♀です。



縄張りの♂。池に流れ込む小川で♀待ちしていますが、近くで産卵していても♀が目前に来ないと見つけられません。

♂ 静止









池の周りで縄張りするのはフタスジサナエです。池に来た♀を捕えた交尾態をどうにか撮影。

<フタスジサナエ> 交尾態


♂ 静止


オグマサナエの♂はちらほら見かけるものの、フタスジサナエに追いやられている感じで終盤の様相。

<オグマサナエ> ♂ 静止

2019.5.15 岡山県


コメント   この記事についてブログを書く
« クロスジギンヤンマ 201... | トップ | クロサナエ 2019<5月②> »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サナエトンボ科」カテゴリの最新記事