愁いは夢に遠く

I used up the entire youth

脂肪腫と脂肪性腫瘍は、もはや愚かで見分けがつきません

2021-08-20 19:05:27 | 日記

シャワーを浴びたときや着替えたときに、顔や体の表面に平均より少し大きめのニキビが出ていることに気づいたことはありませんか?

粉瘤發炎

疑問に思ったことはありませんか?これは小さなニキビ状の脂肪腫なのか、それとも粉状の腫瘍なのか? 脂肪腫と粉瘤は同じですか?

実は脂肪腫とニキビは全く別物...今日は4つの方法で見分けよう!

1.起源

脂腺嚢胞とは、毛包が口を閉じて分泌物を遮断することでできる嚢胞のことです

脂肪腫は、蓄積された脂肪の変性によって生じる良性の腫瘍である。

免疫細胞治療種類

2.病因

皮脂嚢腫は、皮脂管の閉塞により皮脂の排泄障害が起こるもので、その原因の多くは塵埃による閉塞や細菌感染であり、皮脂分泌の多い若年層に多く見られます。

脂肪腫の発生には、遺伝、生活習慣、特定の悪習慣、外傷など、さまざまな要因が関係しています。

3.ロケーション

脂腺嚢胞は、頭皮や顔にでき、次いで体幹にできます。

脂肪腫は体のあらゆる部分に発生する可能性がありますが、肩、背中、首、乳房、臀部に多く見られます。

4.プレゼンテーション

脂腺嚢胞は、触ると比較的硬く、形は丸いか卵形で、皮膚の上に盛り上がっており、表面は滑らかです。 真ん中に小さな黒い穴が見え、そこから白い豆腐のようなものが搾り出され、悪臭を放っています。

脂肪腫は、触ると柔らかく、円形または小葉状で、境界がはっきりしていて、よく動き、押すことができ、一般に痛みを伴わない。

皮脂腺嚢胞と脂肪腫

どのように扱われるべきか?

脂漏性シスト

よく言われるのは、白亜の腫瘍を絞り出すだけで十分であり、外科的切除は必要ないということです。

すべての皮脂腺嚢胞には嚢胞壁があり、嚢胞内の汚れ、つまり豆腐のようなものを体外に絞り出しても、壁は残っていて皮脂腺を分泌しているので、今回絞り出してもしばらくすると再発してしまうのです。 これに加えて、皮脂嚢腫は二次感染を起こしやすく、自分で圧迫する過程で刺激を受けると炎症を起こす可能性があり、皮脂嚢腫の二次感染では切開・排液が必要となり、比較的コストがかかる上に感染率も高くなります。

患者は入院して手術を受け、嚢胞の壁と内容物を完全に取り除き、徹底的なデブリードメントと細かい縫合を行います。 急性感染期の脂腺嚢胞に対しては、まず抗感染症治療を行い、炎症が治まってから手術を検討します。

脂肪腫

マッサージをすると脂肪腫が小さくなったり消えたりすると思っている人がいますが、これはよくある誤解です。 効果の不確実性は言えませんが、不適切な力で脂肪腫の炎症や出血を引き起こす可能性があるなど、損失に見合わない未知のダメージを与えてしまうこともあります。

意識的な症状がなく、外見や機能が損なわれていない場合は、放置して注意深く観察・経過観察することができます。 腫瘍が大きくなったり、硬くなったり、圧迫されたりすると、患者さんに痛みの症状が出たり、動きに大きな影響を与える脂肪腫を取り除くために手術を勧められたりします。 また、現在は手術も有効な治療法の一つです。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 心身の健康のための環境を守... | トップ | 赤ちゃんのための粉ミルクは... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事