goo ブログ
 トリノ・バンクーバー五輪 スノーボード女子パラレル大回転 日本代表 家根谷 依里の世界一への道。                    PHOTO HIROYUKI SATO
 



バンクーバー五輪が閉幕し、約1ヶ月が経ってしまいましたが、
オリンピック期間に私が撮った写真をアップしたいと思います。
結構肝心なところを撮っていなくてごめんなさいなんですけど・・・

まずは選手村。





とてもキレイで、マンションみたーい。
って思ったら、オリンピックが終わると分譲マンションとして売られるそうです。
部屋によって景色が全然違うみたいで、いい場所は1億するそうですよ。


ここはアスリートラウンジ。
ここでビリヤードができたり、Wiiができたり、バンドが来てライブやったり。
あと、選手村にはジムがあったり、マクドナルドがあったり、おみやげやさんがあったり。

続いて、サイプレスマウンテンの大会会場の観客席の裏。
人の大きさで比べてもらったらわかるけど、めちゃくちゃ大きいです。

足場。近くで撮りすぎて全然わからないですけど、すごかったです。
これ崩れたら・・・って考えたらゾッとしました。


閉会式。
トリノオリンピックの時は参加できなかったのですごく楽しみでした。





座席一つ一つに箱が置いてあって、その中にポンチョとかトナカイの角のかぶりもんとかライトとか色画用紙とか色々入っていて、アレ出してー、コレ出してーって指示されてマスゲームみたいでした。
閉会式にはカナダ出身のアヴリル・ラヴィーンやNickelbackなどたくさんのアーティストが歌っていてライブに行ったみたいで良かったです。

バンクーバー市内に出てみると、街は本当にオリンピック一色で色んな国の人たちみんなが一体となっていました。
とにかく人で溢れていて、場所によっては進めないぐらいの人でした。
信号が青に変わって渡るとき、前方からすれ違う人とHigh Fiveしながら渡ってました。
今まで、知らん人とHigh Fiveなんてあんまりやったことないですねー。
車もクラクション鳴らしまくってたり、どんなお祭りでも日本では見られないだろうなぁと思う光景がたくさんでした。
日本で開催されたオリンピックの時はどうだったんですかね。


今回市内に出てみて、スポーツを通じて世界が一つになれるオリンピックは本当に素晴らしいと思いました。
オリンピックは世界平和への発展を願ったものです。
まだまだ世界は平和とはいえないと思うし、地球も悲鳴をあげている。
ヒト一人の力は小さいけど、何かできること一つでもみんながやっていければ、今すぐには変わらないと思うけど100年後、200年後に、私はもう生きてないけど何か変わった世界がみえてくるんじゃないかと思いました。
笑って過ごせる人が一人でも多くなるように。
Love&Peaceやね。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





日曜日、兄となつめちゃんの結婚式でした。

年末に兄から電話がかかってきて、
兄:「おまえ、3月28日どこにおるん?神戸帰っとん?」
私:「そやなー。シーズン終わっとうから、神戸かなぁ。なんで?」
兄:「その日あけとけよ。ほな。」

何なん??と思って後から母親に聞いたら、結婚式やったからビックリ。笑
お兄ちゃんが結婚するとか・・・大丈夫???
めっちゃ心配やったけど、なつめちゃんと力を合わして頑張ってほしいなーと思います。
式には遠方からたくさん来てくれてて、その中に私もジュニア時代に一緒にスノーボードしていた友達が来ていてめちゃくちゃ久しぶりに会えたので嬉しかったです。

なつめちゃん綺麗やったー
二次会はcafe45にて。
マイコーもいてました。

たくさんの人の祝福されて、二人とも幸せそうでした
おめでとうお幸せに


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





スペインでのレースが終わって、日本への飛行機が満席だったのでバルセロナで1泊しました。
今回わかったんですけど・・・スペイン、好き!!!

まず海がある。
少し寒かったけど、ビーチ散歩しました。
海がまたきれいんですわ。
もう少し暖かかったらもっとブルーなのかなー。



最初波打ち際で一人でキャッキャッ言うてましたけど、
最終的には座り込んで、今シーズンの事振り返ったり、これからの事考えてみたり、あるいはボーっとしてみたり。
本当に海が好き。
いつも山にいるから、ないものねだりみたいなものなのかな。


    photo by Cnob

あと、建造物がオシャレ。
ガウディーさんが設計したサグラダファミリアをはじめ、街のどの建物を見ても素敵。





サグラダファミリアは相変わらずすごいです。

スペインにはオシャレさんもすごい多いなーと思いました。
ZARAとかスペイン発ブランドって多いみたいですね。

あとは、パエリアおいしい。

ワインがおいしい。
オリーブがおいしい。
魚介類が食べられる。

スペインタイムも好き。
お昼ご飯を13時ぐらいからゆっくり食べて~、お昼休みとって~、ちょい仕事して~、20時とか21時ぐらいから夕食食べて~みたいな、すごい一日がゆっくりしている感じ。
最初は全然慣れないし、トレーニング終わった後すぐにご飯食べたいし、お腹すいちゃったりしてたけど、
慣れるとホント時間をたっぷり使えたような気がします。

違う国のいいところを知ることができて嬉しいなぁ。
でもやっぱり日本が一番好きやけど

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





copyright Cnob

全然ブログの更新ができずでごめんなさい!!
オリンピック終了後ワールドカップ3戦がありました。
日本チームが参戦したのはそのうちのヨーロッパでの2戦で、イタリアとスペインで行われました。
2戦とも18位。

イタリアのValmalencoはすごく緩斜面で、どれだけ板を走らせる事ができるかの勝負。
バーンはすごくよかったので思い切っていける状況だったのに、予選の1本目でさぐりさぐりで滑ったような感じになってしまいました。
するとやっぱりタイム差も開いてくるので、2本目で思い切っていけてもそのタイム差を埋めることはできませんでした。

スペインのLaMolinaは急斜面で、すごく暖かかったこともあり雪がザクザクでこれが本当にワールドカップ?って思ってしまうほど滑る前からバーンが崩れていました。
すごく難しかったです・・
でもその中でも優勝した選手はすごくうまく滑るし、男子の選手が滑っているを見るとバーンが荒れているようには全然見えない。
トップの選手でも失敗している選手はすごく多いレースやったけど、こういう中で優勝できる選手は本当にスノーボードがうまいんだと感じました。

年明けから、さらに上のステップに挑戦し試行錯誤しながらやってきました。
それがやはりまだ定まっておらず失敗も多いし、色々考えすぎて頭がパンクすることもあったけど、
それができたときには確実に上位に食い込めると確信しています。
来シーズンのシーズンインまでにはしっかり自分のものにしたいと思います。

今シーズン大きな怪我もなく無事に終えることができてよかったです。
大きな怪我はなかったですが、体のあっちこっちが悲鳴をあげているのでしっかりケアをしたいと思います。
その間にこれからのことも考えていきたいと思います。

最後になりましたが、いつも応援してくださっているみなさま、
今シーズンもたくさんのご声援本当にありがとうございました。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





オリンピックが終わり帰国しました。
帰国してたくさんの声をかけていただき、改めてオリンピックという舞台の大きさを実感しました。
私の滑りを見て色々感じてくださって本当に嬉しいです。
帰国して一息ついたところで、再びヨーロッパに来ました。
技術的にまだやりたいことがあるのでそれを試したいし、オリンピックで経験したことが活かされるようなレースをしたいと思います。
14日にイタリア、21日にスペインでのワールドカップです。
いつも海外遠征は1ヶ月~1ヵ月半ぐらいあるのですが、今回は2週間なのであっという間に終わっちゃいそうですが、楽しみながらいきたいと思います。
頑張ります☆

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )





バンクーバーオリンピックが終わりました。
日本は夜中だったにも関わらず、たくさんの温かいご声援本当にありがとうございました。
今まで支えてくださった全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。

現地はすごい雨で、チームスタッフ、観客、大会を手伝ってくれてたボランティアの方、メディアの方々、みなさん本当に大変そうでした。ありがとうございました。

オリンピックのレースの日に向けて過ごしてきた4年間の日々は本当に色んなことがありました。
苦しいことがあっても乗り越えられるのは応援してくださる人がいるから。
頑張った先に、みなさんの笑顔があるからやってこれたと思います。
たくさんの方に応援してもらえて私は幸せ者やなと思います。

結果はとても悔しいし、悔やんでも悔みきれないですが、スタート台に立ったときの気持ちが前回のトリノオリンピックの時とは全然違いました。
それだけ充実した日々を過ごせてきたのだと実感したのはすごく嬉しかったです。
それが終わってしまったのは寂しいですが、今回の経験を活かしまた新たな目標を立て、その目標に向かって充実した毎日を過ごせるよう精進していきたいと思います。
これからも応援よろしくお願いします!!
本当にありがとうございました。

家根谷 依里

コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )