食べ物日記   元気 一番

健康へ気配りしながら主に食事を!

県知事選挙に思う

2018-02-05 09:24:15 | 社会・平和

  政治をするエリートを期待

 今日は県知事選挙の日。寒い日であっても投票には行くぞと自分を励ます。二人の立候補者の主張、その違いを聴いて選ぶ。

 選挙で当選した人が、「選挙によって信任された」と発言することがある。争点がいくつかあれば、自分の意見が一方の候補とすべて同じとはならない。そのため争点を選別して、より重要と思う点に沿い投票する。このことは人を「信任」したのではないことを示している。

 さて、今選挙の争点は、原発、憲法改正、人口減少対策(経済活性化)など。原発と憲法改正(9条など)は「政府が決めること」という候補。地方は国が決めることには、はっきり主張しないと聞こえる。岩国では米軍基地関連投資などが多いとか。経済には良い影響を与えるだろう。

 しかし、自分の主張をしないのは、選挙権が有っても選挙に行かないのと同じこと。「自分にとって悪くはないだろう」との安易な対処だ。自分の意見を出し合って、議論することからより良い方向が見つかる。議論を聞いている我々も、「なるほど」と理解して応援することができる。

 議論を避ける候補は、政治をするエリートと言えるのか。とても疑問に思う。

コメント