東京下町・新小岩駅の不動産屋二代目のつぶやき

東京の下町・葛飾区新小岩で今年創業46年を迎えました不動産屋の二代目が気ままに書き綴った独り言ブログです。ブツブツ・・・

20年ぶりの大雪

2014年02月09日 10時19分24秒 | 新小岩の話

昨日東京では積雪が27センチとなり、気象庁の「50年に一度の積雪」の目安(26センチ)を超える記録的な大雪となった。20センチを超えたのは1994年2月以来、20年ぶりとのこと。首都圏を中心に一時、7万戸以上が停電し、交通網が乱れた。

いや~それにしてもよく降った。昨日は朝から雪が降り出し、止む事も無くあっという間にずんずんと積り続けた。妻から「彼」が雪を楽しむ画像が送られて来た。あの寒がりな「彼」がね~やはり犬は喜びなんだな~

商店街は早々と店じまいを始めている中、事務所の前を雪掻きするが、掻いても掻いても降り積もる雪。時々知り合いが通り過ぎては会話を交わす。結局数回の雪掻きも効果なく、自転車は面白い形になっていた。

終業時間を迎え、歩いて帰宅する。吹雪の中の帰路は東京とは思えない光景が広がる。

自宅に辿り着くと子供たちが家の前を雪掻きしていた。この日数え切れないほどの雪掻きに再び合流していると、途中から隣家の家族も雪掻きを始める。会話を交わしながら一心不乱に雪掻きを続ける。そして江戸川区でも停電のニュースが飛び込み、両家とも雪掻きを途中で止めて、停電前に風呂へ飛び込んだ。

夜半にはベランダに降り積もった雪でシャッターが開かなくなっていた。今朝になり、ようやく雪は止み、太陽が顔を覗かせていた。雪道を滑らないように気を付けながら出社し、道行く人たちと挨拶を交わしながら事務所前の雪掻きを始める。そしてみんなの道を一時間近く掛けて完成させた。

人との交流が少ないと言われている東京においては、雪で少しだけ距離が近づく気がする。だから雪って何だか好きだ。

指折りついにあと一本

【総武線・新小岩駅 賃貸専門店】有限会社やな瀬不動産

この記事についてブログを書く
« 息子のお土産 | トップ | そして指折りがグーになった »
最新の画像もっと見る

新小岩の話」カテゴリの最新記事