柳井市立学校給食センター ( 給食ブログ )

美味しい給食がお届けできるよう職員一同がんばっています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

令和3年3月25日(木)

2021年03月25日 | Weblog

≪今日の給食≫ 牛どんぶり 切干大根の甘酢和え りんご 牛乳

今日の給食で、今年度の給食は終わります。子どもたちは、この1年間の給食時間で次のことができていたでしょうか。

・給食の前や後に手洗いができましたか。 ・給食の準備は協力してできましたか。 ・苦手なものでも食べられるようにがんばりましたか。 ・自分のまわりの人たちが気持ちよく食べられるよう、マナーを守った食事ができましたか。 ・楽しく食事をすることができましたか。

ふり返りをして、来年度につなげてほしいと思います。

当センターでは、これからも安全・安心でおいしい給食づくりに努めて参ります。来年度もよろしくお願いいたします。


令和3年3月24日(水)

2021年03月24日 | Weblog

≪今日の給食≫ コッペパン いわしのレモン風味 ポークビーンズ ブロッコリー&カリフラワー 牛乳

レモンはミカン科の柑橘類で、インドが原産とされています。インドのヒマラヤ地方で誕生したレモンは10世紀頃に中国へ、その後アラビア半島に伝わりました。明治時代の初めに日本へと渡ってきました。別名「クエン」とも呼ばれており、酸味の「クエン酸」という名称はこのレモンからつけられました。クエン酸には疲労の原因物質である乳酸を減少させ、疲労を回復させる働きがあります。

レモンは11月から4月下旬が食べ頃で、年に2回収穫することができます。日本に出回っているもののほとんどがアメリカからの輸入品ですが、日本では、お隣の広島県の瀬戸内地方や和歌山県などで栽培されています。


令和3年3月23日(火)

2021年03月23日 | Weblog

≪今日の給食≫ 麦ごはん 大豆の五目煮 れんこんのきんぴら ぼたもち 牛乳

「ぼたもち」と「おはぎ」は名前が異なるだけで同じものですが、春と秋の季節によって呼び名が違います。神仏や先祖へのお供え物とされた小豆あんの様子が、春は牡丹(ぼたん)の花に見えたことから「ぼたもち」と呼び、秋は、秋の彼岸の時期に咲く萩(はぎ)の花に見えたことから「おはぎ」と呼んで呼び名を変えています。

今の時代は、甘いお菓子がたくさんありますが、昭和の初めの頃の日本は砂糖が貴重品で、ぼたもちやおはぎなどの甘いお菓子は、お客さんをもてなす時や田植えの後、お彼岸や法要などの時にしか食べることができない貴重な食べ物でした。


令和3年3月22日(月)

2021年03月22日 | Weblog

≪今日の給食≫ 麦ごはん さばの照り焼き レモン和え のっぺい汁 牛乳

味の種類には「五味(ごみ)」と呼ばれる基本的な味が5つあります。甘さを感じる甘味、塩辛さを感じる塩味、苦さを感じる苦味、酸っぱさを感じる酸味、あと一つは何でしょう? 答えは「旨味」です。旨味は料理のおいしさを生む大切な役割を果たしています。

人は、必要な栄養素を摂取するために、食べ物を「おいしい」と感じるようにできています。甘味はエネルギー源である糖質を、塩味は必要なミネラルを、旨味は体を作るたんぱく質やアミノ酸を摂取するために備わった味覚といえます。それとは反対に、危険な食べ物を避け、生き残るための味覚として、酸味と苦味が備わりました。食生活が豊かになった現在では、程よい酸味と苦味はおいしさと感じます。


令和3年3月19日(金)

2021年03月19日 | Weblog

≪今日の給食≫ キムチチャーハン 豚肉と春雨の炒め物 かき玉汁 チーズ 牛乳

チーズがどのようにしてできた食べ物であるか、ご紹介します。アラビア商人が果てしなく広がる砂砂漠を横断する長旅に備え、羊の胃袋で作ったに乳を入れ、ラクダの背にくくりつけて旅に出ました。暑い砂漠を歩き、アラビア商人がのどを潤そうと水筒をあけると、そこには乳はなく、白い塊と透明な液体が出てきました。おそるおそる白い塊を食べてみると、それはとてもおいしかったそうです。このように、偶然できた食べ物がチーズの始まりとされています。

チーズには丈夫な骨や歯を作るのに必要な「カルシウム」がたくさん含まれています。カルシウムは、日本人に一番不足している栄養素で、日本人が一番意識して摂る必要がある栄養素です。カルシウムが不足すると骨の密度が低下し、骨がスカスカになり折れやすくなる「骨粗しょう症」という病気になります。チーズには、カルシウムがたくさん含まれていますので、普段の食事にしっかりと取り入れましょう。


令和3年3月18日(木)

2021年03月18日 | Weblog

≪今日の給食≫ 麦ごはん 豚肉と野菜のみそ煮 キャベツのごま酢和え 紅白大福(小学校のみ) 牛乳

料理を作るときに、さしすせその調味料の順番通りに使用すると料理がおいしくなるといわれています。「さ」は砂糖、「し」は塩、「す」はお酢、「せ」は醤油、「そ」はみそで、「せ」が醤油の理由は、昔は醤油のことを「せうゆ」と呼んでいたためです。醤油やみそは、加熱しすぎると風味が失われてしまうので、料理の最後に加えます。家で料理の手伝いをするときは、調味料を入れる順番にも注目してよりおいしく調理しましょう。

小学校6年生のみなさんにとっては、今日の給食が、小学校で食べる最後の給食となりました。卒業生の門出をお祝いして、小学校のみ「紅白大福」をお出ししています。


令和3年3月17日(水)

2021年03月17日 | Weblog

≪今日の給食≫ コッペパン パンプキンアンサンブルエッグ 豆乳シチュー でこぽん 牛乳

でこぽんは「清見(きよみ)」と「ポンカン」を掛け合わせてできた柑橘の愛称で、みかんやポンカンよりも大きく、上部がこぶのようにぽっこりと盛り上がっているのが特徴です。品種名は「不知火(しらぬい)」といい、この不知火の中で厳しい基準を満たしたものが「でこぽん」といわれる果物です。“糖度13度以上・クエン酸1.0以下”という基準を満たすことができなければ「でこぽん」として出荷することができません。厳しい基準を通ったでこぽんの甘味は格別ですね。今日お出ししたでこぽんは、熊本産です。


令和3年3月16日(火)

2021年03月16日 | Weblog

≪今日の給食≫ 麦ごはん 鰆の幽庵焼き 茎わかめ和え 白玉だんご汁 牛乳

さわらは「魚」へんに「春」と書く魚で、西日本では春ごろに旬を迎える魚です。ほっそりした体型の魚で「狭い腹(はら)」という意味で「さわら」という名前がつきました。さわらは成長して大きさが変わるごとに名前がかわる出世魚で、40~50㎝くらいをサゴシ、50~60㎝くらいをヤナギ、60㎝以上をサワラと呼びます。今日の給食では、しょうゆや柚子(ゆず)の果汁を使ったタレに漬け込み、幽庵焼きにしてお出ししました。


令和3年3月15日(月)

2021年03月15日 | Weblog

≪今日の給食≫ 麦ごはん 鶏じゃが キャベツのじゃこ炒め いよかん 牛乳

いよかんは日本が原産とされ、明治時代に山口県の萩市で発見されたと言われています。いよかんは発見された当時は、地名から「穴戸(あなと)みかん」と呼ばれていましたが、その後、苗木が愛媛県松山市に伝わり、たくさん作られるようになったことから、その時の愛媛県の呼び名である“伊予”を用いて「伊予柑」と呼ばれるようになりました。

柑橘類の中では、みかんの次に生産量が多いのが「いよかん」です。甘味が強く、果肉は柔らかくてみずみずしいのが特徴です。厳しい寒さによって、果汁が少なくなったり、苦味が出たりするため12月までに収穫します。いよかんは、貯蔵している間に酸味がなくなり、甘味が出てきます。旬の果物のおいしさは格別ですね。


令和3年3月12日(金)

2021年03月12日 | Weblog

≪今日の給食≫ ハヤシライス アーモンドサラダ 牛乳

世界最大のアーモンド生産地はアメリカのカリフォルニアで、スペインやオーストラリアでも栽培されています。アーモンドの実は自然に落下しないので、「ツリーシェイカー」という機械で木を揺すって実を落として収穫します。収穫の様子は、アーモンドの実がいっせいに木から落ちてシャワーのように見えるため、「アーモンドシャワー」と呼ばれています。

アーモンドはバラ科の植物で、桃の仲間ですが、果肉は薄く食べることはできません。アーモンドは、種の中に1つずつ入っている「仁(じん)」という部分を食べます。アーモンドにはビタミンEという栄養素が多く含まれています。このビタミンEには抗酸化作用という働きがあり、細胞や血管の老化を防ぐ働きをします。