幸せづくりの家ものがたり

●「樹づくり工房やない」~日々の暮らしから見たこと感じたこと等●

サヤ管

2010年10月20日 | 新築
家の中から外へ出てくる給排水パイプを見えないようにするため、
ベタ基礎のコンクリートを打つ前に、配管類をコンクリートの中に
もぐらせます。

以前は、コンクリートの中にパイプを埋め込んでいましたが、
これだと将来的に改修する場合、取り替えることができません。

そこで考案されたのがサヤ管です。



画像の右側のパイプは排水管で、二重になっているのが
わかりますでしょうか。
この外側のパイプをサヤ管とよんでいます。内側のパイプが
実際に水の流れるパイプです。

左側のパイプの中には、基礎工事が終わってから
給水管を通します。

こうすることで、後でもし配管を取り替えることになっても
基礎を壊さずに内側のパイプだけを交換することができます。

建物本体の長寿命化に伴って、設備機器や配管も容易に
交換できるように様々な工夫がなされています。
コメント