鹿島アントラーズ原理主義

愛する鹿島アントラーズについて、屈折した意見を述べていく場です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Jリーグ第13節 川崎フロンターレ戦

2006年07月19日 | Weblog
同点弾のアシストは敦。
勝ち越し弾は篤人の突破がPKに。
満男のボール奪取、青木の上がり…
右サイドに変わった新井場、中後のミドル…

しかし、全てレフェリングで台無し。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« FSスタメンへ | トップ | 意欲は認める、がしかし »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
梅雨明けを待つ (いけ)
2006-07-20 07:29:41
ナビスコ予\選での、等々力での悔しさと渋谷での叫び届かなかったか。しかし三点引っ繰り返されるって、こんな展開は鹿島の歴史にない。谷口のミドルなんてノーマークでガイスト?揺れてた。あれはジョルジ時代の専売特許だったのに。悔しい!
Unknown (なま)
2006-07-20 17:33:25
等々力のように不甲斐ないわけではなかったよ。

逆転されたのは人数が足りてなかったからだし、攻撃の形もある程度あった。

悔しいのは事実だけど、光明は見えている。