週末は写真家気分で

yamtoの週末お出かけ記録

内子町から桜めぐり

2018年04月09日 | 自然写真 季節の花

アップが遅れています。4月1日のお出かけ記録です。


今年年はあちこちの桜が一斉に満開になってしまい、時期をずらしての桜めぐりができない。第一希望は相野の花、ということで内子町方面へ。

内子・五十崎ICでおりてNAVIの誘導に従うといつもとは違うルートを走る。目的地に近づいて初めて反対側のルートから来たことがわかる。

到着したのは8時半。すでに訪問者はあるものの、まだ少ないのでゆっくりと三脚を立てられる。

好みとしてはもっと空が青い方がいいのだが、今日の条件は割といい方だと思う。

次は尾首の池。昨年訪れた際にはあまり印象に残っていないのだが・・・。

相野の花から案内板に従うと、尾首の池の上側から到着。ほぼ満開である。

イベント準備中の地元の方によると、開花が早いので予定を一週間早めたとのこと。みんな気さくに話しかけてくれるので、気持ちのいい撮影だった。

次は初訪問。石畳のしだれ桜。案内板に従って細い道を走ると民家の前に駐車スペースを設けた場所が。すでにかなりの車が停まっているようで、思った以上の人気スポットの様だ。

人が多くて、お気に入りの角度が撮れない。しばらく待ってみたが絶えそうににないのであきらめて撤収。

反対方向に抜けようとすると、ちょっと惹かれる場所があった。弓削神社というようだ。

東温市まで戻って大通庵の彼岸桜。大きくはないが古木の持つ趣が好みの桜である。

最後は源太桜。KAWAさんやおいわさんにおそわったショートカットで、ダム湖側からアプローチ。

今日は広角レンズを持ってきていない。相野の花やこの源太桜では広角が必要なことを忘れてしまっていた。

次回来るときは忘れないようにしないと。

年配の方が二組。お弁当を食べながら桜を眺めている。ほぼ満開だが、風が吹くと花弁が舞う。いいタイミングですねと簡単な会話を交わせるのも、いい気持ちだ。

源太桜その2を撮って撤収。

ダム湖へと降りる途中、登ってくる人がいる。うつむき加減だったので顔が判らなかったのだが、もしやと思って立ち止まると、先方も顔を上げた。やはりおいわさんだった。ずいぶん久しぶりにお会いしたので近況の情報を交換する。最近が遠出ができないとのことだが、1日フリーの日が出来たらどこかへ一緒に行きましょうと約束して別れた。

早朝に出たにもかかわらず5ケ所しか回れなかった。桜だけじゃなく、季節の花を楽しむためには一年一年が大切だなと、こういうお出かけの後はより深く感じられる。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 八京の一本桜 2018 | トップ | 広棚の芝桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然写真 季節の花」カテゴリの最新記事