杉並からの情報発信です

政治、経済、金融、教育、社会問題、国際情勢など、日々変化する様々な問題を取り上げて発信したいと思います。

「西松建設事件」「陸山会事件」「村木厚子事件」の背後の闇はとてつもなく広 くて深い

2010年10月19日 10時49分37秒 | 政治・社会
小沢氏への異常なまでのバッシングをどのようにとらえているかを聞けば、その人の立場が鮮明になります。

「対米独立」の立場か「対米従属」の立場かのどちらかで中間の立場はありえないのです。

▼ 小沢氏抹殺を企画・実行した勢力

「村木冤罪事件」は米国支配層と自民党清和会と検察と大手マスコミが昨年9月の「小沢民主党政権」樹立を阻止するために仕組んだ戦後最大の「政治謀略」の一つだと思います。

① 米国支配層にとって小沢一郎代表率いる民主党が自民党にとって代わることは以下の理由で決して許すことが出来なかったのです。

1)「対等な日米関係」をマニフェストに掲げる小沢代表が首相となれば、戦後一貫して日本を植民地としてきた米国はもはや支配と搾取ができなくなる。

2)「駐留米軍は必要ない。抑止力は第七艦隊だけで十分」と主張する小沢代表が首相となれば、「日米安保条約」と「日米地位協定」の見直がされ る。

3)中国とのパイプが太い小沢代表が首相となれば、米国抜きの「東アジア共同体」が成立する可能性が高くなる。

② 自民党清和会にとって小沢一郎代表率いる民主党が自民党から政権を奪う可能性が高く政権交代を絶対阻止しなければならなかった。

1)戦後一貫して宗主国米国のエージェントとして日本人の富と独立と人権を奪ってきた自民党清和会にとって、小沢代表は自分たちの利権と特権を奪う天敵であった。

2)麻生太郎首相(在任期間2008年9月-2009年9月)は森英介法相(当時)に検察に対する指揮権を発動させて「西松建設偽装献金事件」の 強制捜査を開始させた。

この件に関し、森英介法相が退任後ある有力後援会幹部に「大久保逮捕は俺が命じた」と語ったとの情報を平野貞夫氏が暴露しています。

「陸山会土地購入事件」は検察が用意した正体不明の市民団体に刑事告発させてから強制捜査を開始した。

③ 検察にとって「取り調べ過程の可視化」や「検事総長の民間人起用」などを主張する小沢一郎氏は「政治的抹殺」の対象NO1であった。

④ 検察と一体となって「小沢一郎バッシング」を組織的に行っているのは竹下元首相が小沢一郎氏を追い落とすために大手マスコミの政治部長を集め て作った「三宝会」のメンバーです。

平野貞夫氏が『平成政治20年史』と『わが友・小沢一郎』に書かれた「三宝会」の部分を以下に転載します。

―――――――――――――――――――――――――――――
 小沢は田中角栄にかわいがられた政治家であることはよく知ら
れています。田中角栄は小沢に亡くした長男を見ていたのです。
しかし、それを快く思わなかった人は少なくないのです。
 その中の一人が意外に思われるかもしれないが、竹下登氏なの
です。村山首相が政権を投げ出し、橋本龍太郎氏が後継首相にな
ると、竹下氏は「三宝会」という組織を結成します。三宝会の本
当の目的は、小沢を潰すことなのです。もっと正確にいうと、自
分たちの利権構造を壊そうとする者は、小沢に限らず、誰でもそ
のターゲットにされるのです。
 なぜ、小沢を潰すのでしょうか。それは小沢が竹下元首相の意
に反して政治改革を進め、自民党の利権構造を本気で潰そうとし
ていることにあります。この三宝会について平野貞夫氏は、その
表向きの設立の目的を次のように書いています。
             ー平野貞夫著『平成政治20年史』
―――――――――――――――――――――――――――――
 (三宝会の)設立の目的は「情報を早く正確にキャッチして、
 (中略)、行動の指針とするため、(中略)立場を異にする各
 分野の仲間たちと円滑な人間関係を築き上げていく」というも
 のだった。メンバーは最高顧問に竹下、政界からは竹下の息が
 かかった政治家、財界からは関本忠弘NEC会長ら6人、世話
 人10人の中で5人が大手マスコミ幹部、個人会員の中には現
 ・前の内閣情報調査室長が参加した。要するに新聞、テレビ、
 雑誌などで活躍しているジャーナリストを中心に、政治改革や
 行政改革に反対する政・官・財の関係者が、定期的に情報交換
 する談合組織
        ー平野貞夫著『わが友・小沢一郎』/幻冬舎刊
_____________________________

▼ 東京地検特捜部

東京地検特捜部は小沢民主党代表(当時)を狙い撃ちにして2009年3月「西松建設偽装献金事件」と2010年1月「陸山会土地購入事件」をでっち上げました。

東京地検特捜部はゼネコンから小沢氏個人または陸山会に闇献金が流れていたとの見立てで「西松建設偽装献金事件」で大久保秘書を、「陸山会土地購 入事件」で石川議員、大久保秘書、池田元私設秘書を逮捕し起訴しました。本来であれば小沢一郎氏を逮捕・起訴する予定だったのです。

東京地検特捜部は100人の検事と約30億円の税金と一年かけた強制捜査をしましたが検察に有利な供述も証言も証拠も出てこず小沢氏を「受託収賄 罪」容で逮捕・起訴出来なかったのです。

東京地検特捜部の完全な敗北でした。

東京地検特捜部は自ら小沢一郎氏を起訴することに失敗しましたが、昨年5月に法改正が施行され「検察審査会」が二度の「起訴相当」議決をすれば 「強制起訴」できるようになったのを利用したのです。

東京地検特捜部は謎の市民団体「真実を求める会」(代表元産経新聞政治記者山際澄夫氏)に小沢一郎氏不起訴の「審査申し立て」を「東京第五審査 会」にさせて「起訴相当」議決を2回出させて小沢氏を「強制起訴」させるように仕組んだのです。

東京地検特捜部は審査補助員の弁護士を使って審査委員を「起訴相当」議決に誘導し今年4月27日と9月14日に起訴相当」議決を出させたのです。

「起訴相当」議決を2回も出した「東京第五審査会」はベールをかぶった秘密組織で「審査申し込み人」も「審査員名」も「審査日程」も「審査内容」も審査員11名がどのように選ばれたかもわかりません

▼ 大阪地検特捜部

東京地検特捜部が二つの事件をでっち上げたのと並行して、大阪地検特捜は「小沢民主党政権」樹立阻止の同じ目的で当時小沢氏の側近だった石井一副 代表(当時)を「斡旋受託罪」容疑で逮捕・起訴するために「郵便不正事件」をでっち上げたのです。

村木厚子厚労省局長(当時)は全くの濡れ衣で最初から無実がわかっていた検察は逮捕して強要すれば有利な供述を簡単に取れると思ったのですが、村 木局長は最初から否認しつづけました。

大阪地裁の横田裁判長はほとんどの検察調書を採用せず9月10日村木局長に無罪判決を言い渡し、検察が控訴を断念して無罪が確定したのです。

朝日新聞のスクープ記事で前田主任検事がFDを改ざんして「証拠隠滅」していた事実が暴露され記事の当日に逮捕され起訴されました。上司の大坪特 捜部長と佐賀副部長は「犯人隠避罪」容疑で最高検に逮捕されたのです。

最高検はこの事件を「証拠隠滅罪」や「犯人隠避罪」にわざと矮小化して一件落着しようとしていますが、本来は三井環氏が告発したように、検事総長 ら検察トップを含むすべての関係検事を「特別公務員特権濫用罪」で刑事告発すべき案件なのです。

▼ 小沢氏排除に執念を燃やす菅・仙石民主党政権

菅・仙石民主党政権は昨年9月の政権交代を成し遂げた最大の功労者である小沢一郎氏を守るどころか検察や野党と一緒になり小沢氏の「政治抹殺」に手を貸しているのがです。

民主党の選挙管理員会は9月1日ー14日の民主党代表選で党員・サポーターの投票用紙に候補者名を隠す「保護シール」を添付しないという意図的な工作を行った可能性が高い。

小沢氏サイドはなぜ今回の代表戦を準備した民主党選挙管理委員会にクレームをしないで沈黙しているのか全く不思議です。

この件に関する記事【なぜ民主党代表選の党員・サポーターの「投票はがき」に「保護シール」がなかったのか?】をご参照ください。

なぜ民主党代表選の党員・サポーターの「投票はがき」に「保護シール」がなかったのか?

「保護シール」がない投票用紙は候補者の氏名が丸見えで9月14日の国会議員投票日まで保管されていたつくば市の倉庫内で「小沢票廃棄」などの不 正作業が行われた可能性は高いと思います。

また9月14日国会議員投票当日の午前中に「党員・サポーター票で菅首相圧勝」の情報が中間派国会議員に流され多結果、菅首相への雪崩現象が生じ た可能性も高いと思います。

▼ 結論1

「国民生活が第一」「官僚支配打破」「対等な日米関係」「緊縮財政より財政出動で景気回復」の政権公約の実現を目指す小沢一郎氏が、米国支配層、 自民党清和会、検察、大手マスコミによる戦後最大の「政治謀略」で抹殺されようとしています。

もしもこのことを許せば日本の民主主義は根本から破壊され、戦争と貧困と弾圧の「検察ファシズム」の社会に確実になるでしょう。

「村木冤罪事件」を大阪地検特捜部の暴走に矮小化させて終わらせてはいけないと思います。

「村木冤罪事件」は「小沢バッシング」と同じ時期に「小沢民主党政権阻止」「小沢氏抹殺」の同じ目的で実行された謀略です。

背後には戦後日本支配の継続と深化をもくろむ米国支配層と自民党清和会の強い意向があったのです。

小沢さんは、新聞社が電波を支配して巨額の利益と世論支配を可能にしている「クロスオーナーシップ制廃止」を主張していましたので、大手マスコミにとっては最大の「利権破壊者」なのです。

▼ 結論2

東京地裁は昨日小沢氏が一昨日提訴した「東京第五検察審査会」の「起訴相当」議決の無効と「強制起訴」への弁護士指名の執行停止の訴えを却下しました。

これほど重要な案件をたった一日の審理で門前払いしたわけではじめから却下の結論があったのでしょう。

「小沢バッシング」の企画・実行部隊に、米国支配層、自民党清和会、検察、大手マスコミ、民主党反小沢勢力、共産党を含む全野党に加えて裁判所が表舞台に登場したわけです。

昨年3月3日の検察による「西松事件」でっち上げ強制捜査がなければ小沢氏は昨年9月に首相となっていたはずです。

小沢政権が実現していれば、過度な円高の抑制、景気の回復、普天間基地の海外移転、良好な日中関係、対等な日米関係、官僚支配脱却、記者クラブ廃止、取り調べ全過程の可視化などは今頃実現していたでしょう。

賢明な国民は「対米自立・国民生活第一」の「主権在民国民戦線」を結成して、既成勢力の猛攻撃から小沢氏を守り抜き昨年9月の政権交代の大義を実現すきだと思います。

(終わり)

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 明日火曜日フランスはサルコ... | トップ | ■ 小沢氏は民主党から離脱・... »
最近の画像もっと見る

政治・社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

仙谷官房長官違憲発言の重大性 (街の弁護士日記 SINCE1992)
仙谷由人官房長官の発言は、極めて重大だ。ことの重大さに当人は、全く気づいていない
9193 陸山会 西松、村木(事件の背後) 闇深し/3事件 検察仕掛け でっち上げ(えん罪や)/小沢(一郎)氏を 追い落とすため... (アルデバランの 夢の星)
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。