杉並からの情報発信です

政治、経済、金融、教育、社会問題、国際情勢など、日々変化する様々な問題を取り上げて発信したいと思います。

【YYNewsLive】なぜ女性国際政治学者三浦瑠麗氏の 『とんでも論文』が今露出しているのか?

2015年10月20日 21時30分26秒 | 政治・社会
☆今日の画像

安倍首相が米・原子力空母訪問

いつもお世話様です。                          
【杉並からの情報発信です】【YYNewsLive】【市民ネットメデイアグループ】【家族勉強会】【草の根勉強会】【山崎塾】【1000万人情 報拡散運動】を主宰するネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。

☆本日火曜日(10月20日)午後6時半から【ツイキャスTV】で放送しました世直しネットTV【山崎康のYYNewsLive】の放送台本です!

1)No1 95分27秒  http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/210079464

No1

☆世直しネットTV【山崎康彦のYYNewsLive】は、放送回数1700回、視聴者総数170万人(3年間)、毎日1,000人が視聴する真 実・事実を追求するタブーなき報道番組。土曜以外毎日約1時間放送されます!

http://twitcasting.tv/chateaux1000/show/

【YYNewsLive by Twitcasting】

☆放送のテキスト台本は、閲覧総数(ページヴュー)1,100万件、訪問者総数400万人(8年間)、毎日1,500人が閲覧する真実・事実を追 求するタブーなきブログ【杉並からの情報発信です】で読めます!

http://blog.goo.ne.jp/yampr7

②【杉並からの情報発信です2】

http://7614yama.blog.fc2.com/

☆今日の最新のお知らせ

①【年間購読料】のお支払誠に有難うございます。

1)2015.10.17 S.Tさま

2)2015.10.19 Y.Aさま

②明日水曜日の放送は午後6時-7時【YYNewsLiveFrancais】フランス語放送です。

☆視聴者の方のコメント

①chicago_b(シカゴ)

▼安倍独裁政権の基礎作りは?◆細川<小沢>政権5大罪 ①小選挙区で民意が反映されず②比例代表制でゾンビ議員製造③政党助成金でモラルハザード④企業献金で献金二重取り⑤公認権で独裁制助長
56:39 | 2015/10/19

☆今日の推薦本

■大島清著「天皇の戦争責任」現代評論社1975年 初版11-12Pより抜粋)

【昭和天皇の戦争責任】

・(大日本帝国)憲法が実施された1890年には、「教育に関する勅語」が出された。これは1882年 の「軍人勅語」と同じ性質のもので、天皇自らが直接に全国民にたいして、道徳の根本を教えたものである。まず日本の教育の根源を次のように説く。

「天皇である私の祖先は、遠い昔にこの国を創造し、深く厚く道徳をうちたてて、私の代に至っている。汝ら臣民 はよく天皇に忠義をつくし、親に航行し、すべての臣民が心を一つにして、先祖代々立派な成果をあげてきた。これはわが国の精華であり、教育の源はじつにここにある」。

勅語はつづけて、親孝行その他の具体的な徳目を説くが、その結論は、「汝らら臣民は、戦争のさいは忠義の心を ふるいおこし、勇敢に天皇のために戦い、それによって天地とともに窮りない天皇の栄をたすけよ」ということに帰着する。

教育勅語は国、公、私立のあらゆる学校の教育はもとより、日本人の教育・精神生活の最高規範とされた。教育勅 語を批判することは法的にも絶対許されなかった。教育勅語が発布されると、キリスト教は教育勅語に反するとして、政府と通牒した国家h杉 者たちが激しく攻撃し始めた。キリスト教のどの宗派の指導部も、全面的に屈服した。

近代日本国民は、親、子、孫の三代にわたって、このような原則で教育された結果、国民の心には、天皇を神の子 として崇拝し、無条件に服従し、とりわけ戦争の際には天皇に忠義をつくして戦うのを最上の光栄とする思想・感情が深く植え付けられた。頃 を立証する史実は無数にある。たとえば太平洋戦争末期に体当たりして、その搭乗者は必ず死ぬが、的にも打撃をあたえるであろうと期待する戦術が普遍的に行 われた。

これが可能だったのは、青少年が天皇のために死ぬのを至上の光栄とする精神を植え付けられていたからである

(終り)

☆ 【座右の銘A】:

①世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない。(宮沢賢治の言葉)

②命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱難(かんなん)をともにして国家の大業は成し得られぬなり。(西郷隆盛の言葉)

③【天下の正道に立ち、天下の大道を行う人】とは (孟子の言葉)

どんなにカネをつまれようとも、カネの誘惑に負けて正道を踏み外すことは絶対ない。

どんなに貧しくなろうとも、志を曲げてカネのために悪を働くことは絶対にない。

どんなに強力な権力が脅しにかかろうとも、恐れ命を惜しんで屈服することは絶対にない。

④ガンデイー七つの社会的罪

マハトマ・ガンディーは1925年10月22日に雑誌『Young India』(英語版)にて、「七つの社会的罪」(Seven Social Sins) として次の7つを指摘した。

理念なき政治 (Politics without Principle)

労働なき富 (Wealth without Work)

良心なき快楽 (Pleasure without Conscience)

人格なき学識 (Knowledge without Character)

道徳なき商業 (Commerce without Morality)

人間性なき科学 (Science without Humanity)

☆(1)今日のメインテーマ

■なぜ35歳の女性『国際政治学者』三浦瑠麗 (みうらるり)氏の支離滅裂な 『と
んでも論文』がここにきて露出しているのか?

35歳の若き女性『国際政治学者』三浦瑠麗 (みうらるり)氏の論文『日本に平和のための徴兵制を豊かな民主国家を好戦的にしないために老若男女を問わない徴兵制を提案する』は、一見精緻な学術論文 のような体裁をとっているが中身は支離滅裂な徴兵制誘導のためのネオコン戦争派のプロパガンダだ!

【抜粋はじめ】

2014.09.02 本の話Web (文芸春秋社)より

http://hon.bunshun.jp/articles/-/2668

文 三浦瑠麗 (国際政治学者)

プロフィール

みうら るり/1980年生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科修了(法学博士)。東京大学・政策ビジョン研究センター客員研究員。著書に『日本に絶望している人のための政治入門』など。

山猫日記?http://lullymiura.hatenadiary.jp/

▼日本に平和のための徴兵制を豊かな民主国家を好戦的にしないために老若男女を問わない徴兵制を提案する

血のコストを忘れた国民は好戦的になる

国際政治の構造とは別に、国家の意思決定に着目した次元が前述の「シビリアンの戦争」の問題群である。それは、血を流す兵士と異なりコストを意識しにくい政権と国民が民主的に選び取る戦争である。第二次世界大戦後、米英仏、イスラエル等の豊かな民主国家が行ってきた主要な戦争の殆どがこの類型である。

先進国の政権が民意に支持されて、力の劣る国に対し軍事介入を決断する場合、核抑止や国際法だけでは防げないことを歴史は示している。核抑止は核保有国間の戦争を封じることにしか繋がっておらず、主権国家が欲すれば、国際法は自国に有利なように運用解釈することで事実上回避できるからだ。こうした小中の戦争が、現在取り組まなければいけない平和への課題である。

それに対する処方箋は、「血のコスト」を平等に負担することで国民のコスト認識を変えさせることである。もちろん、敵意を抱えながらも国民が戦争を思い止まるだけが平和の最終形態ではない。図の外側には時代の底流としてのグローバリゼーションの力学が存在する。貿易や投資などの経済活動を通じた相互利益の増進や、人々の移動や交流に基づく相互理解を通じて、全般的な敵意の低下がもたらされる。グローバリゼーションに「望まれた」という枕詞をつけたのは、望まれてこそグローバリゼーションは利益に基づく他者の受容を導き出すことができるからで、望まれない形で進行する限り、 却ってテロをはじめ平和への敵になることもあるからだ。

【抜粋終わり】

国際政治学者三浦瑠麗『論文』の誤りは以下のとおりです。

①使用キーワードの誤り

1.『平和のための徴兵制』 →

『平和』と国民を戦争に動員する『徴兵制』は対立する概念であり『平和のための徴兵制』は現実にはあり得ない言葉だ。これは三浦瑠麗氏が『徴兵制 導入の世論誘導』目的の結論を導くために勝手にでっち上げた『でたらめ熟語』である。

2.『老若男女を問わない徴兵制 』→

徴兵制は戦争で敵を殺し破壊するための殺人・破壊技術を兵士に訓練するためのものであり若い青年男子が対象であり、女性や高齢者は対象外である。 『老若男女を問わない徴兵制 』は実際にはあり得ないのだ。これもまた三浦瑠麗氏が『徴兵制導入の世論誘導』目的の結論を導くために勝手にでっち上げた『でたらめ熟語』である。彼女の 主張は『老若男女を問わず』誰でも徴兵して戦地の送っていた戦争末期の日本軍を理想化し肯定しているのだ。

2.『豊かな民主国家を好戦的にしない』 →

三浦瑠麗氏よ!今の世界のどこに『豊かな民主国家』が存在するのか具体的に言ってみろ!

彼女は上記の抜粋文章の中で『第二次世界大戦後米英仏、イスラエル等の豊かな民主国家が・・』と言っているので『豊かな民主国家』とは米英仏、イスラエル等のことを言っているのだ。今の世界で毎日起こっている深刻な問題(戦争や内戦による虐殺や難民化、貧困や格差社会など)のほとんどが彼 女の言う『豊かな民主国家』である米英仏、イスラエルの世界支配層がよって引き起こされているが真実なのだ。

三浦瑠麗氏が米英仏、イスラエルを『豊かな民主国家』と主張していることを見れば、彼女の立ち位置が世界を金融と暴力と宗教・イデオロギーで支配 し搾取している世界支配層の側に立っていることがはっきりわかる。

特に彼女がイスラエルを『豊かな民主国家』と言っているのを見ると、彼女は世界支配層の中でもイスラエル・シオニスト戦争マフィア=米軍産複合 体・ネオコンマフィアの一員であることが容易にわかるのだ。

3.『戦争の「血のコスト」』→

ここで三浦瑠麗氏が無機質の経済用語『コスト』を使って言う『戦争の「血のコスト」』とは、戦争に動員される生身の国民が戦争で殺されることであ り、負傷することであり、生活が破壊されることであり、飢餓や欠乏で死ぬことである。彼女が主張する『「血のコスト」を平等に負担する国民のコス ト認識を変えさせる』とは、国民に国民すべてが戦争に参加し死傷し生活が破壊され飢餓で死ぬことを容認させることを言っているのだ。

4.『望まれたグローバリゼーション』『望まれないグローバリゼーション』 →

『グローバリゼーション』には『望まれたグローバリゼーション』も『望まれないグローバリゼーション』もないのだ。

三浦瑠麗氏は『グローバリゼーション』の本質を全く理解していない。

『グローバリゼーション』とは、世界支配層がカネ、ヒト、モノ、イデオロギーなどすべてを『世界化』することで、全世界を支配し搾取し最終的には 1%の神に選ばれた『選民』が99%の世界市民を『家畜(ゴイム)』として完全に支配する『世界統一政府』の樹立を目指す世界支配層による『反革 命運動』なのだ。

②事実認識の誤りと論理展開の誤り

1.「シビリアンの戦争」の問題群である。それは、血を流す兵士と異なりコストを意識しにくい政権と国民が民主的に選び取る戦争である。

→上記の主張は、政治と歴史の真実・事実を完全に無視している。すなわち、戦争は国民が自ら望んで始まるのではなく、時の政権が国民が戦争を望む ような様々な仕掛けをして誘導することによって開始されるという政治と歴史の真実・事実を意図的に無視している。このことは、三浦瑠麗氏が政治学 者ではなく戦争と徴兵制に国民を誘導する情報工作員であることを示している。

2.第二次世界大戦後、米英仏、イスラエル等の豊かな民主国家が行ってきた主要な戦争の殆どがこの類型である。

→米英仏、イスラエル等のどこが『豊かな民主国家』なのか?

三浦瑠麗氏よ!今の世界のどこに『豊かな民主国家』が存在するのか具体的に言ってみろ!彼女は上記の抜粋文章の中で『第二次世界大戦後米英仏、イスラエル等の豊かな民主国家が・・』と言っているので『豊かな民主国家』とは米英仏、イスラエル等のことを言っているのだ。今の世界で毎日起こっ ている深刻な問題(戦争や内戦による虐殺や難民化、貧困や格差社会など)のほとんどが彼女の言う『豊かな民主国家』である米英仏、イスラエルの世 界支配層がよって引き起こされているが真実なのだ。

三浦瑠麗氏が米英仏、イスラエルを『豊かな民主国家』と主張していることを見れば、彼女の立ち位置が世界を金融と暴力と宗教・イデオロギーで支配 し搾取している世界支配層の側に立っていることがはっきりわかる。

特に彼女が2013年7月-8月のガザ攻撃で子供を含む2100人のパレスチナ人を無差別に虐殺したイスラエルを『豊かな民主国家』と言っている のを見ると、彼女は世界支配層の中でもイスラエル・シオニスト戦争マフィア=米軍産複合体・ネオコンマフィアの一員であることが容易にわかるの だ。

3.それに対する処方箋は、「血のコスト」を平等に負担することで国民のコスト認識を変えさせることである。

→ここで三浦瑠麗氏が無機質の経済用語『コスト』を使って言う『戦争の「血のコスト」』とは、戦争に動員される生身の国民が戦争で殺されることで あり、負傷することであり、生活が破壊されることであり、飢餓や欠乏で死ぬことである。彼女が主張する『「血のコスト」を平等に負担する国民のコ スト認識を変えさせる』とは、国民に国民すべてが戦争に参加し死傷し生活が破壊され飢餓で死ぬことを容認させることを言っているのだ。

4.先進国の政権が民意に支持されて、力の劣る国に対し軍事介入を決断する場合

→上記の主張『先進国の政権が民意に支持されて軍事介入を決断する』は、前記1の「シビリアンの戦争」の問題群である。それは、血を流す兵士と異 なりコストを意識しにくい政権と国民が民主的に選び取る戦争である』と全く同じ主張で政治と歴史の真実・事実を完全に無視している。

戦争は国民が自ら望んで始まるのではなく、時の政権が国民が戦争を望むような様々な仕掛けをして誘導することによって開始されるという政治と歴史 の真実・事実を意図的に無視している。このことは、三浦瑠麗氏が政治学者ではなく戦争と徴兵制に国民を誘導する情報工作員であることを示してい る。

この35歳の若き女性『国際政治学者』三浦瑠麗氏の支離滅裂な 『とんでも論文』がここにきて露出しているのは単なる偶然ではない。

安倍自公ファシスト政権は強行採決して【成立】させた憲法違反の『戦争法案』を盾に、来年春には自衛隊を南シナ海に派遣し米軍とフィリッピン軍と の共同作戦で中国の南沙諸島の埋め立てを実力で阻止するだろう。

そして次には徴兵制の導入を強行するだろう。

『国際政治学者』三浦瑠麗氏の突然の登場は、戦争法案の具体化である自衛隊の『海外派兵』と『徴兵制導入』の向けた世論誘導が目的である。

三浦瑠麗氏は、ジャパンハンドラーズの司令塔で米国防総省直轄のネオコン戦争派拠点の一つであるCSIS(米戦略国際問題研究所)の副所長マイケ ル・グリーンのひきで、稲盛和夫氏とCSIS元所長アブシャイアが政治家と経済人と学者の若手リーダーを養成する目的で稲盛財団の資金500万ド ルで2002年4月1日にCSIS内に設立した【アブシャイア・イナモリイ二シアティブ・アカデミー】の資金援助を受けて育てられた政治学者を偽 装する『情報工作員』だろう。

三浦瑠麗氏は、東京大学大学院法学政治学研究科修了、法学博士、東京大学・政策ビジョン研究センター客員研究員、政治学者という、華麗な肩書と経 歴で厚化粧しているが、その正体は今まで見てきたように、『論文』で使用するキーワードを自分勝手にねつ造し、事実認識を自分に都合の良いように 改ざんして『結論ありきの結論』に導く『支離滅裂なとんでも論文』を文春などの大手マスコミで発表するジャパンハンドラーズの情報工作員であり 我々は騙されてはいけないのだ。

(終わり)

☆(2)今日のトッピックス

①特集ワイド:アベノミクス第2ステージ 「新三本の矢」は中身空っぽ?

毎日新聞 2015年10月19日 東京夕刊

http://mainichi.jp/m/?sBiCs7

「新三本の矢」を披露する安倍晋三首相。「戦後最大の経済」「輝かしい未来」といった言葉が並んだ。「言いっぱなし」に終わらなければ良いのだ が……=東京・永田町の自民党本部で2015年9月24日、猪飼健史撮影

政治に分かりやすいキャッチフレーズはつきものだ。ただ、内容が伴っているかの検証を怠るなら、単なる「夢物語」にな る。安倍 晋三首相の「新三本の矢」には「GDP(国内総生産)600兆円」などと景気の良い目標が並ぶが、世間の盛り上がりは今一つ。そもそも「旧三本」はどう なった? 
計6本の「矢」は的を貫けるのか。【吉井理記】

◇20年ごろ「GDP600兆円」 目標達成「ありえない」、政治的メッ
セージでは

まずはおさらいをしておこう。忘れた方も多いかもしれないが、安倍首相が「新三本の矢」なる言葉を披露したのは、自民 党両院議員総会で総裁への無投票再選が承認された9月24日の記者会見だ。

これまでの成果として「雇用は100万人以上増え、2年連続で給料が上がった」と切り出す安倍首相。新たに(1)「希望を生み出す強い経 済」 (2)「夢をつむぐ子育て支援」(3)「安心につながる社会保障」--の矢を放つ、と胸を張った。矢の中身はといえば(1)GDP600兆円 達成(2)希 望出生率1・8の実現(3)介護離職ゼロを目指す、とのこと。分かった。では一体何をするの、と問いを繰り返すしかない。具体性がないのだ。

大手証券会社の法人部門の担当者もずっこけた。「あの日、同僚と会見のテレビ中継を見ていたんです。いきなり『新三本の矢』ときたから、 おお、と期待しましたが……。周囲から『中身空っぽ』との声が漏れました」

安倍首相はGDP600兆円の達成時期を2020年ごろ、とするが、経済界すら「ありえない。政治的メッセージではないか」(経済同友会 の小林喜 光代表幹事の9月29日の会見)と、評判は芳しくない。作家でテレビコメンテーターとしておなじみの室井佑月さんは「『熟成とろとろ○○』とか、商品の キャッチコピーと同じレベルよね。あれやこれやときれいな言葉を持ってきて、時間枠の決まっているテレビニュースやワイドショーに、『矢』の 中身に深入り させないようにしたいだけなんじゃ?」。

そんな批判はどこ吹く風、安倍首相は今月7日の会見でも改めて新三本の矢をアピールした。確かに実現すればバラ色の未来、実に喜ばしいの だけれど……。

◇どうなった「旧三本の矢」 雇用増は非正規のみ、成長・物価目標は未達

「旧三本の矢はもう折れちゃっている。アベノミクスは失敗なんです。それをごまかすため、新三本の矢と言い出しているだけですよ」と辛辣 (しんらつ)なのは、経済学が専門の慶応大の金子勝教授だ。

旧三本の矢とは▽デフレ脱却のための大胆な金融緩和▽機動的な財政出動▽成長戦略の実施--の三つの政策を指す。「安倍さんの説明を検証 してみましょう。確かに雇用は増えました。でも内実は、正規雇用が減り、身分が不安定で低賃金の非正規雇用が増えただけです」

総務省の労働力調査によると、今年4~6月期の雇用総数は5267万人で正規は3314万人、非正規は1953万人。民主党政権時の12 年4~6 月期は総数5146万人で正規は3370万人、非正規1775万人だ。確かに総数は121万人増えたことになるが、非正規が178万人増え、 かわりに正規 が56万人減っていた。

さらに「給料が2年連続で上がった」というのも怪しい。今年6月までの2年2カ月間、実質賃金(実際の賃金から物価変動の影響を除いたも の)は下がり続けたからだ。7月にようやく前年同月比0・5%のプラスに転じたが、この傾向が今後も続く好材料は見当たらない。

「最も深刻なのは成長率、物価上昇率の目標達成に失敗したことです」と金子さん。安倍政権は日銀による国債の大量買い取りなどの金融緩和 で、市中 に出回るお金を増やして景気と物価を刺激し、実質成長率、物価上昇率の「プラス年2%」を達成する、と説明してきた。これがアベノミクスの柱 であり、この「理論」が崩れると、アベノミクス全体の信用に関わる。

しかし、実質成長率は13年度こそ2・1%増だが、14年度は0・9%減、今年も4~6月期は年率1・2%減のマイナス成長である。物価 上昇率 (生鮮食品を除く)は14年は2・6%にのせたが、原油価格の下落の影響もあって今年は横ばいが続き、8月にはついにマイナス0・1%とデフ レ傾向に陥っ た。

この状況で登場したのが新三本の矢である。政策には、検証と総括が不可欠のはずだ。このままでは、退却を「転進」と強弁した旧日本軍の姿 とダブら ないか。「GDP600兆円はバブル期以来の年3%成長を達成しなければならず、非現実的。出生率アップも、労働者派遣法改正で若者の労働・ 経済環境をさ らに悪化させておいて、どうやって結婚や子育てをしろというのか。介護離職ゼロに至っては支離滅裂。安倍政権が介護報酬を引き下げたから、今 後は介護離職どころか介護職員の離職が深刻になるでしょう」

金子さんはかつて石炭から石油へ、というエネルギー革命で自動車や重化学工業などの新産業が起こったように、例えば省エネや再生エネル ギー技術を 高めれば、交通インフラや家電製品など広い分野に経済効果が波及する、と見る。「つまり新たな産業革命です。一国の指導者なら、目先の金融緩 和や成長率に とらわれず、大胆な産業戦略を描いてほしいのですが……」

◇必要な経済政策とは 「成長幻想」を脱し、教育、人材育成こそ

アベノミクスをある程度、肯定する専門家も、新三本の矢には首をひねる。旧三本の矢の金融緩和には景気浮揚効果があった、とする経済学 者、福島清 彦さん(元立教大教授)は「豊かさの指標にGDPや成長率を持ち出すのは古すぎます。今やそれをするのは中国と日本ぐらいですな」と苦笑い だ。

「安倍さんが掲げる目標は、とうに成長期の終わった大人が、さらに身長を毎年2センチずつ伸ばそうとシャカリキになるのに似ています。一 方、日本 同様の人口減社会で経済も成熟した先進諸国では、豊かさの判断基準として国民の福利厚生や暮らしの質、経済の持続可能性を重視するようになっ ています。欧 州連合の10~20年の長期経済戦略からは、GDP成長率という言葉が姿を消したほどです」

日本の場合、先進国最低レベルの国家の教育支出を増やして優れた人材を育て、
競争力や経済の持続性を高めるべきだ、というのが福島さんの 考え。 「借金だらけだから、欧米並みの消費増税は避けられませんが、成長幻想にとらわれるより、強みである国民の教育水準をさらに伸ばしたほうが未 来が開けま す」

室井さんが締めくくる。「結局、新三本の矢って、安全保障関連法の成立で厳しくなった国民への目くらまし、ごまかすためなんじゃない?  だからこそ中身の検証が必要なのに、あんまりメディアはやらないよねえ……」

②放送大学:政権批判の問題文削除 単位認定「試験に不適切」 学生の苦情に反応

毎日新聞 2015年10月20日 

http://mainichi.jp/shimen/news/20151020ddm041100152000c.html?fm=mnm

放送大学が学内サイト公開時に一部を削除した単位認定試験の問題(下)

今年7月に出された放送大学の単位認定試験問題を巡り、大学側が「現政権への批判が書かれていて不適切」として、試験後に学内サイトで問題を公開 する際、該当部分を削除していたことが分かった。この部分は安全保障関連法案を念頭に置いたもので、当時は国会審議中だった。一般的に担当教員の 裁量があるとされる単位認定試験に対し、今回の大学側の対応は論議を呼びそうだ。【日部聡】

この問題は、客員教授の佐藤康宏・東京大教授(60)=美術史=が、7月26
日に670人が受けた「日本美術史」の1学期単位認定試験に出題し た。画家
が戦前・戦中に弾圧されたり、逆に戦争に協力したりした歴史を解説した文章か
ら、画家名の誤りを見つける問題だった。
広告

問題視されたのは問題文の導入部5行。「現在の政権は、日本が再び戦争をする
ための体制を整えつつある。平和と自国民を守るのが目的というが、ほ とんど
の戦争はそういう口実で起きる。1931年の満州事変に始まる戦争もそうだっ
た」「表現の自由を抑圧し情報をコントロールすることは、国民 から批判する
力を奪う有効な手段だった」などとあった。

放送大は単位認定試験の過去問題と解答を学生ら関係者だけがアクセスできるサ
イトに公開している。佐藤氏によると、7月28日に大学の事務担当者 から
「学生から疑義があった」として、学内サイト公開前に問題の削除や修正を求め
られた。

担当者から来たメールに添付された「学生からの疑義」には「現在審議が続いて
いる事案に対して、このようなことをするのは問題」「思想誘導と取ら れかね
ない愚かな行為」などと書かれていた。

大学側は、試験に対する質問を受け付ける学内のオンラインシステムに試験当
日、1人の学生から苦情が寄せられたとしている。問題は事前に複数の専 任教
員による校正を受けたが、特に指摘はなかったという。

佐藤氏が大学側の求めを拒むと、該当部分の削除を通告する文書が8月上旬、宮
本みち子副学長名で届いた。削除理由として「現政権への批判が書かれ ている
が、設問とは関係なく、試験問題として不適切」「現在審議が続いているテーマ
に自説を述べることは、単位認定試験のあり方として認められな い」と記され
ていた。

これに対し佐藤氏は納得せず、昨年度から2019年度まで6年間の契約だった
客員教授を今年度限りで辞めると大学側に伝えた。佐藤氏は「学生に美 術史を
自分のこととしてリアルに考えてほしかったので、この文を入れた」と説明し
た。その上で「大学は面倒を恐れて先回りした。そういう自主規制 が一番怖
い」と話す。

放送大の来生(きすぎ)新(しん)・副学長は「学問や表現の自由には十分配慮
しなければいけないが、放送大学は一般の大学と違い、放送法を順守す る義務
がある。試験問題も放送授業と一体のものと考えており、今回は放送法に照らし
公平さを欠くと判断して削除した」と話した。

放送法4条は放送局に対し「政治的に公平である」「意見が対立している問題
は、できるだけ多くの角度から論点を明らかにする」ことを求めている。

==============

 ■ことば

◇放送大学

文部科学、総務両省所管の特別な学校法人が運営する通信制大学で、1983年に設立された。授業は主にテレビ、ラジオ、インターネットの番組で行 われるが、単位認定試験は全国各地の大学施設で行われる。今年度の学生数は大学・大学院合わせて約8万9000人。

③刺された女性候補が当選、独ケルン市長選

2015年10月19日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3063498?act=all

【10月19日 AFP】ドイツ西部ケルン(Cologne)の市長選は18日、投開票が行われ、選挙運動中に男に襲われ首を刺された難民受け入れ支持派の政治家、ヘンリエッテ・レーカー(Henriette Reker)氏(58)が当選を果たした。投票日の前日に起きた襲撃事件は、同国に衝撃を与えていた。

事件で重傷を負った同氏は搬送先の病院で治療を受けており、容体は快方に向かっている。最終開票結果によると、レーカー氏は52.6%の票を獲得 し、同市初の女性市長となった。

アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相の与党、キリスト教民主同盟(CDU)と密接な関係を持っていたものの、無所属で立候補していたレーカー氏は、同国で記録的な数の難民 流入に対し高まる反感によって被害を受けた最も高名な人物となった。

襲撃事件以前は全国レベルの知名度がほぼ皆無だったレーカー氏は、98万人が住むドイツ第4の都市で同国では少数派のイスラム教徒も多数が暮らす ケルン市の難民関連業務責任者を5年間にわたり務めていた。

ケルン警察によると、現場で逮捕された襲撃犯は44歳の無職の男で、「人種差別的で政治的」な動機からレーカー氏を襲ったとされる。 (c)AFP

④ 安倍首相が米・原子力空母訪問、現職の首相として初

2015.10.19 TBSNews

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2615307.html

安倍総理が現職の総理大臣としては初めてアメリカの空母を訪問し、日米同盟の緊密さをアピールしました。

安倍総理は、18日、自衛隊の艦艇が集結した「観艦式」に自衛隊の最高指揮官として出席しました。安全保障関連法が成立して初めてとなる部隊視察 の場で、総理は隊員に対し、今後の任務拡大への理解を求めました。

「諸君にはさらなる任務を果たしてもらいたいと思います。私は諸君と共にその先頭に立って、全力を尽くす覚悟であります」(安倍首相)

「アメリカの空母、ロナルド・レーガンが現れました。予定にはなかったんですが、サプライズ参加です」(記者)

安倍総理は観艦式の後、今月から横須賀基地に配備された原子力空母「ロナルド・レーガン」を訪問しました。現職の総理大臣がアメリカの空母に乗艦 するのは初めてのことで、安保関連法の成立を受け、さっそく防衛分野での日米関係強化を印象付けました。

「あなたの艦隊が周りを固めていますから安心感がありますよ」(ロナルド・レーガン ボルト艦長)

終始笑顔の目立つ安倍総理が、「日米同盟が機能していくことを期待する」と述べると、アメリカ側は「『ロナルド・レーガン』と海上自衛隊の護衛艦 は、ロンヤス関係のように兄弟船」と応じました。(19日04:04)

☆(4)今日の重要情報

①全員実名で告発! 袴田巌さんの罪をデッチあげた刑事・検事・裁判官(週刊
現代)

投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 4 月 14 日 【阿修羅掲示板】より

http://www.asyura2.com/14/senkyo164/msg/223.html

▼全員実名で告発! 袴田巌さんの罪をデッチあげた刑事・検事・裁判官

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38938

2014年04月14日(月) 週刊現代

48年もの間、死と隣り合わせで生きる恐怖とはいかばかりか。矛盾だらけのシナリオを成立させるために結託したエリートたちには、到底わ かるまい。人の命はそんなに軽いものではない。

■「捏造された疑いがある」

当たり前のことが、当たり前に論じられない。それが有罪率99%を誇る日本の司法の実態らしい。

3月27日に再審開始が決まった元死刑囚・袴田巌さん(78歳)のケースはその典型だ。大々的に報道されているので詳細は省くが、事件が 発生したのは 1966年6月。犯人は静岡県清水市内に住む味噌製造会社の専務宅で夫妻と次女、長男をメッタ刺しにしたうえ、放火して逃走。8月、静岡 県警清水警察署 (当時)は味噌製造会社の従業員だった袴田さんを逮捕した。

「袴田さんは無実を主張し続けましたが、9月上旬に突然、自供。その背景には一日平均12時間、最長17時間にもおよぶ過酷な取り調べが ありました。後に 弁護団が入手した県警の捜査資料には『取調官は、犯人は袴田以外にない、袴田で間違いないと本人に思い込ませろ』という一文があったので す」(全国紙社会部記者)

公判でも袴田さんは一貫して無罪を主張したが、下された判決は死刑。控訴、上告ともに棄却され、'80年に死刑が確定した。袴田さんは翌 '81年、静岡地裁に再審請求をしたが、こちらも認められることはなかった。

袴田さんを有罪とする根拠は強引な取り調べで得た自白と、犯行時に着ていたとされる5点の衣類―スポーツシャツ、ズボン、半袖シャツ、ス テテコ、ブリーフのみ。今回、静岡地裁が再審を決めた理由は、

「5点の衣類は袴田元被告のものでも、犯行時に犯人が着ていたものでもなく、後日捏造された疑いがある」というものだった。

最終ページの表はそんな脆弱な証拠を頼りに袴田さんを死刑にしようとした警察、検察、裁判所の面々をまとめたものだ。

48年もの拘留によって、袴田さんは衰弱。糖尿病、認知症を患っている可能性があるため、地元・静岡の病院で静養する予定だった。だが、 「長時間の移動に耐えられる体調ではなかったので、都内で治療しています」と語るのは「無実の死刑囚・元プロボクサー袴田巌さんを救う会」(以下、「救う 会」)の門間幸枝氏だ。

「拘置所で袴田さんは『毒が入っている』と薬を飲まなかったり、『袴田はもう死んだ』と言ってみたり、普通の精神状態ではなく、治療ができなかったという のです。しかし、48年も死の恐怖とともにあったのだから、正気でいるほうが難しい。袴田さんに再審開始を伝えても『ウソだ!』となかな か信じてもらえませんでした」

事件当時、現在のような高度なDNA鑑定技術が存在しなかったのは事実である。だが、問題の本質はそこではない。捜査そのものが、当初か ら矛盾だらけだったのである。

■みんなグルだった

「最大のポイントが『5点の衣類』であることは周知のとおりですが、発見された経緯からしておかしい」

そう指摘するのは20年以上、袴田事件を追い続けているノンフィクション作家の山本徹美氏だ。

「事件発生から1年2ヵ月後、急に味噌製造会社の味噌タンクで発見されるのですが、こんな誰でも思いつく隠し場所から事件当初に見つかっ ていないことがまず不自然。しかも、それまで犯行時の着衣は『血染めのパジャマ』だったのに、唐突に『5点の衣類』へと変更され、その後、間をおかずにズ ボンの共布(予備の布)が袴田さんの実家で発見されるのです。ズボンは袴田さんが絶対にはけない小さいサイズだったのに」

救う会の幹部はこの共布を発見した静岡県警の元警部補から、こんな興味深い証言を得たという。

「家宅捜索責任者の松本久次郎警部に『袴田の実家のタンスを探せ』と指示されたとおりに捜索したら、共布が出てきた。自分は県警本部から 応援組として派遣されたんですが、『なんで公判中の事件のガサ入れに付き合わねばならんのだ』と思っていました」

松本警部(当時、以下同)は最も多く袴田さんの取り調べを行った捜査班長。証拠を応援組に発見させ、客観性を持たせようとしたとすればあ まりに姑息だ。

救う会幹部が続ける。

「共布は味噌に漬かっていなかったから変色していない。それなのに松本警部はすぐに『タンクで発見されたズボンの共布だ』と指摘した。なぜ即座に見分けがついたのか?」

矛盾はまだまだある。

捜査班は「カネに困った袴田さんが強盗目的で専務一家を襲った」というシナリオを描いたが、専務のスーツのポケットに入っていた財布などが物色された形跡はなかった。

「すると今度は5万円が入った差出人不明の封筒が清水郵便局に届くわけです。ご丁寧に1万円札のシリアルナンバーが焼き消されていて、 『袴田に送るよう頼まれた』という証言者の女まで現れた。しかし、この女は袴田さんと親しくない人物だった。この一件も警察によるデッチあげだったことが公 判で判明しています」(前出・山本氏)

この証言者の取り調べを行ったのが、捜査班の住吉親警部補である。

袴田弁護団の村崎修弁護士は一昨年、静岡で住吉氏本人と接触したが、「話したくない」「覚えていない」と面談を拒否されたという。

「袴田事件では、裁判や捜査に都合のいい証拠がタイミングよく出てくる。きわめて幼稚なやり方なのに、裁判所は疑問の声すら上げなかっ た」(村崎氏)

逃げ惑う一家4人をつかまえ、メッタ刺しにしたうえで放火。まさに阿鼻叫喚の現場のはずが、凶器とされたのは小刀1本のみ。壁と壁がわず か40cmしか離れていない隣家の誰も悲鳴を聞いていない―など、他にもおかしな点を挙げるときりがない。

証拠がこれほど脆弱ななか、検察が死刑求刑のよりどころとしたのが、袴田さんの自白だった。

長時間の取り調べが問題になったためか、松本警部らが作成した調書45通のうち、44通は証拠として採用されなかった。

ところが、上告趣意書で袴田さんが「支離滅裂な悪魔のような男」と忌み嫌っていた吉村英三検事に、なぜか袴田さんは突然心を許して犯行を自白したことになっている。しかも、警察作成の自白調書と異なり、吉村調書は唯一証拠採用されているのである。

「吉村調書は警察の取った調書とほとんど同じ内容。犯人しか知りえない秘密の暴露はひとつもない。それどころか、『パジャマで犯行に及ん だ』など矛盾だらけ。私は吉村氏こそ、この冤罪事件を生んだ『主犯』だと考えています」(救う会メンバーの後藤挙治氏)

ちなみに吉村検事はその後、長崎地検佐世保支部長、東京高検検事、甲府地検次席検事、仙台地検検事正と順調に出世。'02年春の叙勲で勲二等瑞宝章を受章している「エリート検事」だ。

東電OL殺人事件で無罪判決が下ったゴビンダさんに対する、検察の勾留要請を退けたことがある、元東京高裁判事で弁護士の木谷明氏が解説 する。

「これまでの経験から言って、警察や検察の捜査官は証拠の捏造やすり替えをやりがちです。そこを裁判所がもっと、しっかり認識しなければ なりません。もし も捜査官が100%信用できるのならば、裁判官は要らないわけですから。ところが、司法の現場では捜査官、とくに検事に対する裁判官の信 頼は大きい。『検事という立場にあるものが証拠の改竄などするはずがない』と平然と言う裁判官もいます」

袴田事件の場合、裁判所は検察の不正を見抜けなかっただけでなく、積極的に協力しているフシまである。

「袴田さんの実家から共布が見つかった翌日に、地裁はなんと臨時公判を入れている。そしてそこで検察は見つかったばかりの共布を提出。そ の日の午前中にはズボンが売られていた店まで割り出して調書をとっています。どう考えても不自然です」(前出・山本氏)

裁判所が警察・検察とグルになって、袴田さんを殺人犯に仕立て上げた構図が浮かび上がる。

■異を唱えた裁判官

司法が暴走するなかで、たった一人、職を賭して異を唱えた男がいた。

死刑判決を出した静岡地裁の裁判で左陪審(判事補)を務めた熊本典道元判事その人だ。

当時30歳で、一審担当の裁判官の中で最年少だった熊本氏は「こんな証拠で死刑にするなんて無茶だ」と訴えた。だが、石見勝四裁判長、高井吉夫右陪審に押し切られた。

良心の呵責に耐え切れなくなった熊本氏は死刑判決の翌年、裁判官を辞めた。

「その後、弁護士になったものの袴田事件の後悔から酒浸り。一時は自殺も考えたそうです。'07年に熊本氏は先輩裁判官2人が亡くなった のを機に、『救う会』と接触。『心にもない判決を書いた』と、タブーを冒して、3人の裁判官の評議内容を暴露したのです」(救う会メンバー)

検察は、本人が罪を認めているというのに毎日10時間を超える取り調べを行っている。最も重要な証拠だった犯行時の着衣が、逮捕から1年 後に違うものになっている……。

若き熊本氏が感じた疑問を、その後の高裁、最高裁の裁判官たちは揃いも揃って無視した。

極めて不自然な証拠であるズボンを「被告人のものと断定できる」、他の衣類も「被告人のものである疑いが強い」とし、吉村調書の矛盾点は 「大筋であっている」と問題視せずにスルーした東京高裁の横川敏雄裁判長は控訴を棄却した翌年、札幌高裁長官に栄転。後に早大法学部客員教授を務めた ('94年に死去)。

「原判決に事実誤認はない」

と上告を棄却した宮崎梧一最高裁裁判長は'86年秋の叙勲で勲一等瑞宝章を受章している('03年に死去)。

13年も待たせておきながら、弁護団が要請した証拠調べや証人尋問もせずに、最初の再審請求を棄却した静岡地裁の鈴木勝利裁判長は東京高 裁判事に出世。

即時抗告からやはり10年も待たせておきながら、

「確定判決の証拠は相当に強固で、事実認定に疑問は生じない」

と棄却を決めた安廣文夫東京高裁判事。彼は、袴田弁護団から「裁判記録や証拠を見ずに棄却決定をした」として懲戒申し立て請求をされなが らも、定年まで勤 め上げて中央大学法科大学院教授に就任した。この安廣氏が、村木厚子現厚生労働事務次官を冤罪に陥れた郵便不正事件の検証アドバイザーに 選ばれているの は、皮肉と言うほかない。

「5点の衣類は長期間、味噌の中に漬け込まれたことは明らか」「共布の発見に証拠の捏造をうかがわせる事情は見当たらない」

と袴田さんの足かけ27年におよぶ再審請求を棄却した最高裁の判事にしても、今井功裁判長と中川了滋裁判官がともに旭日大綬章を受章している。

だが、司法は遅ればせながら自らの過ちに気付く。

2人の元最高裁判事が叙勲を受けた'11年の夏、静岡地裁は「5点の衣類」のDNA再鑑定を決定。その結果、証拠能力が否定され、再審開 始が決まった。

冤罪が確定すれば、刑事補償法により一日最高1万2500円が支払われる。袴田さんにはざっと計算して2億円近い額が払われることになる が、台無しにされた48年の人生はカネで贖えるものではない。

「刑事や検事、裁判官たちは何の罪にも問われないのか。死刑が確定した事件でほかに冤罪はないのか、冤罪なのにすでに死刑が執行されてし まったケースはないのか。それらの問題と併せて検証すべきです」(『絞首刑』の著書があるジャーナリストの青木理氏)

前出の救う会・門間氏が、最後にこう語る。

「冤罪事件は国家による犯罪です。組織的に継続的に証拠を捏造していたのだとすれば、故意犯です。少なくとも彼らは謝罪しなければならな い。熊本さんは『許されるとは思っていませんが、直接謝りたい』と言っていました。自身もがん、脳梗塞と大病を患って大変な状況ですが、熊本さんのよう な良識ある裁判官 がいたことが唯一の救いです。捏造に加担した捜査関係者は自ら名乗り出て謝ってほしい。それが人間として、最低限の義務ではないでしょう か」

「週刊現代」2014年4月12・19日合併号より

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************
ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
« 【ブログ記事】反権力、反差... | トップ | 20151020放送【山崎康彦のYYN... »
最近の画像もっと見る

政治・社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事