杉並からの情報発信です

政治、経済、金融、教育、社会問題、国際情勢など、日々変化する様々な問題を取り上げて発信したいと思います。

前原前外相は「最有力候補」ではなくリスクを抱える「泡沫候補」!

2011年08月23日 12時55分08秒 | 政治・社会
ここに来て前原誠司前外相が急遽民主党代表選に出馬するとの大手マスコミ報道が過熱しています。

「反小沢」「新自由主義」信奉の民主党執行部(民主党Bグループ)は、枝野官房長官が握る年22億円の官房機密費を大手マスコミにばらまき、世論調査の名目で

「前原前外相首相候補No1」をでっち上げて必死に「前原人気」を煽って世論操作を行っています。

大手マスコミが前原前外相をあたかも代表選の最有力候補者であり次期首相にすでに決まったかのような報道を繰り返しているのは全く異常なことです。

前原前外相が急遽出馬を決めたのは、民主党Bグループの本命であった野田蔵相の人気が余りにも低く、このままいけば代表選出は不可能だとの結論を出したからと思われます。

前原前外相の考えでは、今回の代表選には出馬せず来年9月予定の民主党代表選で勝負をかける戦略であったのが野田蔵相の不人気で出馬せざるを得なくなったのが真相でしょう。

▼ 小沢一郎氏を今すぐ首相にしなければ日本はもはや持たない!

前原前外相は「政治資金規正法」で禁止されている外国人から政治献金をもらっていた件で、事実を認めたうえで自民党提出の問責決議可決を受けて今年3月6日に外務大臣を辞任したばかりです。

東京地検特捜部は市民団体からの告発を受けて「政治資金規正法」違反容疑で捜査を開始したとの報道もあります。

刑事事件で起訴されるかもしれない前原前外相が敢えて危険を承知で代表選に出ざるを得ないということは、民主党Bグループがいかに追い詰められているかを証明しています。

前原前外相が直面する危機とは、万一前原前外相が首相となったとしても首相就任の翌日から「外国人献金問題」で野党から猛烈な批判と攻撃を受けて今度は「問責決議」どころではない

「内閣不信任案」を突きつけられ立ち往生し、結局は首相を辞めざるを得ないというリスクです。

そして東京地検特捜部が「政治資金規正法違反」容疑で起訴した場合、前原前外相は「事実を認めた」刑事被告人となるのです。

このようなリスクを抱えたまま前原前外相が今回の代表選に出馬すれば、彼は「最有力候補」どころか「泡沫候補」でしかないのです。

前原前外相を「最有力候補者」として持ち上げるのは大手マスコミしかいなくなるでしょう。

前原前外相が今回の代表選に出馬すれば、彼の政治生命はこれで終わると私は思います。

それにしても「本命」がいなくて「泡沫候補」しかいない民主党代表選にうつつを抜かしている暇は今の日本にはないのです。

小沢一郎氏が今すぐ首相となり国難に立ち向かわなければ、日本はもはや持たないと私は思います。

(終わり)
トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 8月22日(月)のつぶやき | トップ | 小沢氏の本命は原口一博前総... »
最近の画像もっと見る

政治・社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

菅総理大臣が退陣の条件としている、再生可能エネルギー買い取り法案について。 (ふじふじのフィルター)
 菅総理大臣が退陣の条件としている、「再生可能エネルギー買い取り法案」は、今日、
主権者疎外、能天気な民主党代表選びの権力亡者が徘徊する.私利私欲の候補者たち (ゆきひろ社会科日記)
民主党代表=総理の菅が辞める。 やくざ組織では無いが 跡目をめぐって名乗りを上げ始めた面々。