江戸から東京人

グルメ・旅行・散歩など

父の愛車

2018年09月16日 | Tokyo






父が十数年前に新車で買ったセドリックです。今まで何台もの車に乗っていた父ですが、このセドリックのデザインに惚れ込んだらしくずっと手放さずに持っていました。どっしりとして頑丈で運転もしやすいととても気に入っていました。

ですが病気になって手術をしてからは、ほとんど乗らずに車庫にほったらかしでした。ですがお気に入りの車ですので、綺麗好きな父は体の不調にも拘らず週1回は洗車をしていました。ですから中も外もとても綺麗でした。

でもやはりこの先もう運転することもないと思ったのでしょう、とうとう手放してしまいました。10年以上なのに走行距離は15000キロほどです。殆ど走っていないも同然です。

どのぐらいで売れました、と聞くと、うん35万だったよと悲しそうに答えました。車検も1年以上あったのにもったいないことをしたと思いました。元気ならきっとそのまま保有していたと思います。車はいくら思いいれがあっても古くなると激安になってしまうのですね。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 母の手作り梅干し | トップ | 自然界では秋が来ています »

コメントを投稿