江戸から東京人

グルメ・旅行・散歩など

柴又帝釈天

2018年09月24日 | Tokyo






昨日の三連休の日曜日お友達との約束で柴又の帝釈天に行きました。夏のような暑さの中たくさんの人が連なっています。参道はあまりの人並みで歩きにくく横道に出て帝釈天にたどり着きました。

あまりに暑く汗が出てきます。お参りが済みまた混雑の参道には戻らずに、川甚に行きました。高騰しているウナギは敬遠しようかと思いましたが、ここではウナギしかありませんのであまり気は進みませんでしたがうな重を注文しました。







小さなウナギで以前来た参道にある川千家と同じように、タレがすごく塩っぱくて半分しか食べられませんでした。もうここ柴又の2軒の大店のウナギは食べられません。

食後に荒川の河川敷に行って見ました。演歌の「矢切の渡し」で有名な場所です。









対岸は伊藤 左千夫の「野菊の墓」の舞台の市川の国府台です。畑の中をずっと歩いても何もないところです。向こう岸に行っても仕方ないので渡し舟は見るだけにして柴又の駅に戻りました。とにかくすごい人ごみでした。



コメント

巾着田の彼岸花を見はぐれて

2018年09月23日 | Tokyo








今年は埼玉県日高町の巾着田の50万本の彼岸花を見に行こうと思っていましたが忙しくてどうも行かれそうにもありません。そこで近くの公園を通るとなんとかなりの数の彼岸花が満開でした。

巾着田では観光客が多くとても混雑しているそうです。それもそのはずで彼岸花の開花は僅かの期間しかありませんので、どうしても集中してしまうので混むそうです。ですからゆっくり見る暇もないのかなーと思い、毎年行きあぐねていました。今年こそと思っていましたが今のところ色々な用事で月末しか行く暇がありません。どうも月末ではもう殆ど枯れかけている模様なので今年も見れそうにありません。

でもこんなにきれいな花を近くで見ることが出来てラッキーでした。





コメント

府中にて

2018年09月22日 | Tokyo




ここ府中にある"大国魂神社"が何となく好きなのか時々来ます。広くてホッとするのと数百メートルも続くケヤキの大木の並木も気に入っています。日本でもかなり古い神社になるそうですが西暦と同じくらいのフルさがあるそうです。

日本は明治から西洋の西暦を用いるようになりましたが、それはそれとして人類の歴史はそれより古いからとドイツだかで、西暦はキリスト教に基づいているのでもっと広く西暦に1万年を足して、今年なら12018年と言うようにしてはどうかという意見が出ました。大いに賛成です。

それより日本は神話に基づいて皇紀2678年とを使うほうが、元号よりも覚えやすいと思いますが、こういうことを言うとすぐに右だとか言う人がいますが、日本人ですから日本の歴史は大切だと思います。キリスト教の暦は世界標準になってしまいましたから、捨てるわけには行きませんが昭和、平成つぎは何? とても面倒です。そもそも元号は中国の受け売りですからこの際すっきりと捨ててしまうほうがいいのではないですか。



コメント

柿の実がふくらんで

2018年09月20日 | Tokyo




すさまじい猛暑が続いていましたが、柿の木を見るともう青い実をちゃんとつけていました。いくら暑くても自然は時を違えずに時を刻んでいるのですね。

しかし、二酸化炭素によるこの気候の変化は中国の排出ガスを何とかしないと、10年後ぐらいには人類が絶滅するほどの劇的な変化を起こす可能性があるそうです。イースター島の住民が途絶えたのは戦さによるものという説から森林を伐採しすぎたために、自然環境が破壊され食料や気温の変化による住民の絶滅につながったという結論が出たそうです。

以前ユカタン半島のチチェンイッツァに行った時も、突然住民が消滅したのもあの猛烈な蒸し暑さのせいではないかと多くの研究者が予測していますが、確かにあの蒸し暑さではとても人間が生活できる環境ではありませんでした。

こうして人類は地球の環境を破壊しながら滅亡に向かっていくのかもしれません。中国人たちがもっと普通の言うことを聞く種族であり、科学的なことに理解を示し自分勝手でなければ、今地球はこんな状態にはなっていません。あの種族のために人類は滅亡に向かっています。





コメント

根津神社例大祭

2018年09月18日 | Tokyo
















午前中は雨が降っていましたが、午後になり雨も上がったのでお祭りを見に行きました。いつもと違いガラガラに空いています。

それに反して屋台の数の多いこと。いつもはお祭りに夢中ですが、この日は色々な屋台の面白さが目立ちました。本当に色々な食べ物や遊びの屋台があるものだと感心しました。

それといつもながらお祭りの子供たちの装束がこれ以上ないくらい"粋"でした。やはり東京の下町の心意気です。





コメント

自然界では秋が来ています

2018年09月17日 | Tokyo




すすきの穂が出て自然界は秋の訪れを知らせています。ですがいつも9月中は暑さは続きます。時々は涼しい日もありますが、夏の暑さが戻るときも多い9月です。

朝晩はあの殺人的な酷暑の時期と比べれば、天国と地獄ほどの違いですがまだまだ安心して熱中症などにならないように気を付けましょう。





コメント

父の愛車

2018年09月16日 | Tokyo






父が十数年前に新車で買ったセドリックです。今まで何台もの車に乗っていた父ですが、このセドリックのデザインに惚れ込んだらしくずっと手放さずに持っていました。どっしりとして頑丈で運転もしやすいととても気に入っていました。

ですが病気になって手術をしてからは、ほとんど乗らずに車庫にほったらかしでした。ですがお気に入りの車ですので、綺麗好きな父は体の不調にも拘らず週1回は洗車をしていました。ですから中も外もとても綺麗でした。

でもやはりこの先もう運転することもないと思ったのでしょう、とうとう手放してしまいました。10年以上なのに走行距離は15000キロほどです。殆ど走っていないも同然です。

どのぐらいで売れました、と聞くと、うん35万だったよと悲しそうに答えました。車検も1年以上あったのにもったいないことをしたと思いました。元気ならきっとそのまま保有していたと思います。車はいくら思いいれがあっても古くなると激安になってしまうのですね。






コメント

ホトトギスとセージ

2018年09月13日 | Tokyo




少しづつですが猛暑も引っ込み残暑の季節になってきました。お友達の庭にはホトトギスの花とグラニティカセージの紫の花が咲いています。

ほんのちょっとした何気ない景色ですが、こんなことが不思議と心を和ませてくれます。ずっと眺めていると心の中から煩わしさや日々の雑念が薄れて行き、花を見ることに没頭してゆきます。無我の境地とまでは行かなくても、何か心地よさが胸の中に広がってゆくのを感じます。

暑さが一段落してゆくと心の余裕も戻ってくるようです。






コメント

公園でカマキリ

2018年09月11日 | Tokyo






都心では珍しくなったカマキリやバッタを郊外の公園に行ったとき見つけました。何だか久しぶりに見たので懐かしく感じてしまいました。こんな昆虫一つとっても以前は都内の原っぱにはいくらでもいましたが、ここ20年ほどの間に見かけなくなりました。まだ探せば草むらに居るのかもしれませんが、その草むらがめっきり減ってきた都心です。

都内の主だった公園にも草むらと言うものがなくなり、きれいに整地されてしまいましたからバッタやカマキリを見かけることなくなりました。ましてやカブトムシやクワガタなど望むべくもありません。蝉だけは木々の茂る公園にはまだまだいますが、その他の虫たちはまず見かけません。

小さいときによく見たカマキリに出くわせて、そんなことが頭に過ぎりました。






コメント

植え替えました

2018年09月08日 | Tokyo


暑くてずっと避けていたアロエの植え替えですが、ようやくプランターに植え替えました。

真ん中が拾ってきた"キダチアロエ"です。左右にあるのが植木屋さんで買ったものです。なんだかたて込んでいて窮屈そうです。左の鉢植えのはネットで買ったアロエベラです。やはり購入当時から元気がありません。

キダチアロエは丈夫なのでほったらかし状態に近くてもどんどん成長すると思います。花が咲くのが楽しみで植え替えました。何年先に花が見られるか分かりませんが枯れないようにするつもりです。
"




コメント

湿気が

2018年09月06日 | Tokyo


今年は猛暑が日本各地を襲っていますが一番こたえるのは湿気が空気の中に多く含まれていることです。

暑くてももう少し湿気が少なければ扇風機だけでも我慢できるかもしれませんが、湿気にはエアコンでなければとても我慢できません。でも政府が言い出した省エネとかで何処へ行っても冷房が十分に効いていません。特に山手線はひどく暑いです。もっと効かせてほしいです。山手線に乗る人たちはせいぜい十分、二十分ほどでしょう。もっと涼しくしてほしいです。





コメント

歩道わき

2018年09月02日 | Tokyo


歩道脇に「はなずおう」の豆の実がたわわに実っていました。今頃になるとあちこちで見かけられる「はなずおう」の豆です。しばらくすると葉もこの豆も黒ずんできて綺麗ではありませんが、春先には下の写真のようなピンクの花が枝にびっしりと咲きます。


趣味の園芸の写真から転載
道路わきなどにはいろいろな種類の植物が植えてあって散歩の時の目の保養と知識に役立ちます。




コメント

さきたま古墳

2018年08月30日 | Tokyo












一度見たかった古墳です。歴史で習ったのは豪族や権力者のお墓と言うことですが、誰が葬られているのかなど掘り返してみないとよくわからないそうです。

古墳の周りにずらりと並べられていたのが埴輪と言うことですが、以前メキシコのティオティワカンの神殿に行った時もその周りには土器で作った埴輪のようなものが並べられていたということです。場所や時代が違っても人間は同じようなことを考えるのですね。

よく文明の伝播などということが言われますが、必ずしも同じようなことが伝えられて遠くの地域に伝わっただけではなく、人間同じようなことを考えて全く遠く離れている地域に同じようなものが発生するのかもしれません。















コメント

エクセルシオールのカフェラテ

2018年08月28日 | Tokyo


時々入るドトールやエクセルシオールでは例外なく"カフェラテ"を注文いたします。これらのコーヒーショップのカフェラテが今とても気に入っています。癖がなく自然の香りでとても飲みやすく感じます。猛暑のときは冷たいのを頼むこともありますが、余程でない限りホットを注文します。

とても飲みやすいので一服するのにはもってこいの味です。






コメント

多肉植物

2018年08月26日 | Tokyo


知り合いの方から小さな鉢に入ったミニ盆栽のようなものを頂きました。日中の3時ごろ開花するというので"3時草"(さんじそう)というそうです。もう花の時期は最終期だそうです。5月ごろから7月いっぱいが最盛期だそうです。

こうした多肉草はほとんどがアフリカ原産です。暑くて雨の少ない地方の植物です。ですから水はあげなくていいそうです。小さくて目立たないので分かりにくい植物です。







コメント