山里ひぐらしの小径

木曽路の入り口、岐阜県中津川市から
人と自然とのかかわりをテーマに、山里、植物、離島など。

いつまでも美貌が衰えない花

2018-11-05 | 植物

この写真は9月の中ごろのもので、この花は7月から咲いており、今もなお咲いている。
正確に言えばこの全く同じ花ではなく、この花の束の奥の方にまだ咲かずに眠っているものが
顔を出してきて今咲いている。

千日紅(センニチコウ)。
本当に花期が長い。
子どもの頃、この花をそう呼ぶのは、花が次々咲いて1000日ぐらい咲くように思えるから、だと母に教えられた。
けれど、母も、この1つの花(総状花)がずっと咲いているわけではなく、次々と違う花に代わっていくと思っていたようだ。

7月の終わりに畑から切ってきて、瓶に生けてテラスに置いておいたら
まったく枯れることなく、ずーーーーーーっと咲いている。
白い花が次々と選手交代しているものと思われるが、
その白い花の花がらが下に落ちているわけでもなく
枯れた花がくっついているわけでもなく
全く変わらぬ姿で咲き続けている。
あえて言うなら、花(総状花)のかたまりがちょっとずつ長く伸びてきている。
クライミングクレーンみたいに、いつのまにか上に向かって花を継ぎ足していっているのだろう。

赤紫色の部分も、全く色あせることがない。
不思議な花だ。
若い頃も、年をとってからも、美貌が全く衰えないといえる。

センニチコウはヒユ科で、ケイトウと同じ科。
飾っておいても花粉も花びらも落ちないし
汚くならない。
そうでないとしても、私の大好きな花である。


センニチコウ 8月末のようす



センニチコウ 上から見る。整然とした花の配列がすばらしい。

Comment

オヒシバが増えている

2018-10-11 | 植物

オヒシバ・メヒシバは子どもの頃の早いうちに覚えたイネ科の植物だ。
どちらも庭に生えていた。穂の細いのは女らしいからメヒシバ、太いのは男らしいからオヒシバ、と父に教えられて納得した日のことが今もありありと思いだされる。
メヒシバは穂の先をまとめて結んで、そこに石を入れてぶら下げたり、
穂の根元をそーっと引っ張ってかんざしをつくって遊んだりする。
オヒシバではそういうことはできない。

オヒシバは名古屋にはたくさんあったが、中津川に来てからはメヒシバばかりでオヒシバを全く見ることがなかった。
どこにでもはびこる雑草のようだけど、そうでもない?
西日本ではよく見かけるので、少し冷涼なところには生えないものなのだろうか。
と思っていたら、3年位前、家の近くで見つけた。
あれ? と思っていたらだんだん増えてきて、今年はあちこちにある。

メヒシバに比べればまだ断然少ないけれど、この調子でどんどん増えていくかもしれない。
これは、温暖化のせいなのだろうか?

メヒシバはアジア全域にあるようだけれど、オヒシバもそうなのだろうか。
Comment

マルバノキが少し紅葉

2018-10-10 | 植物
今年は少し紅葉が遅く
山はまだまだ緑色におおわれている。
けれど、マルバノキが色付き始めていた。

マルバノキはハート形をしていて、色付くととてもかわいい。
葉は真上を向いて、手のひらをかざしているようだ。

南木曽町の田立の滝あたりの森林は自然林で
大きな木がたくさんあり、種類もとても多い。
遊歩道の入口に、熊に注意、と書いてある。
ほんとうに、熊がたくさんいそうだと思う。

一応鈴をつけていくのだけど
小さな音しか出ないので
今度もっと大型のを買おうと思う。


ここ2、3日、気持ちのいい秋の日である。
Comment

キンモクセイなど

2018-10-01 | 植物

このブログはときどき突発的にたくさんのアクセスがある。
昨日1年ぶりぐらいに記事を上げたためではない。
その数時間前にそういうことが起こったりしている。
不思議。

台風は21号と比べて比較的弱い勢力で通り過ぎた。
通過したルートはかなり近かったのだけど。
雨はあまり降らなかった。
今朝庭に落ちている枝などもなかった。

1週間ほど前からキンモクセイが香っていて
今日は満開になっている。
今年も何回か返り咲くかもしれないと思う。
Comment

台風接近中

2018-09-30 | めぐる季節と自然

今が一番ひどいとき、
といつもなら思うぐらいの風と雨。
台風はまだ100km以上も離れているはず。

今回はほぼ直撃しそう。多分2時間ぐらい後、一番近づいたときには
どんな雨風になるのか。
今回のはひどいから気をつけるようにと、さっき九州の人から電話があった。

ざわざわそわそわして落ち着かない。
避難所に行けばよかっただろうかと思っている。
うちは高潮も来るわけないし洪水もないし土砂崩れってこともまずないだろうけど
隣の林から、先日の台風で折れた木など飛んできそうだ。
もちろん雨戸はしているが、その雨戸さえ突き破るのではないか。
スティールの雨戸を木の雨戸に換えたのは間違いだったかもしれないと思ったりする。
なるべく家の真ん中辺にいようと思う。
こんな怖い気持ちになるのは初めてだ。

テレビでは、台風の大きさの割にまだ被害がそれほど報道されないが
ただ分かっていないだけで、
明日の朝になったら大変なことになっていそうな気がする。
自分はそのニュースを見る側でいられるのだろうか。
どうも、気弱だ。

最近、次から次へと自然災害があって、もう覚えきれない。
災害のニュースにも慣れてしまっている。

風がすごく強くなってきた。
Comment