goo

名刺をデザインして貰いました

 前々から気になっていた、「経済評論家」の肩書きの名刺を作り直しました。これまで、近所の名刺屋さんで急造した「異業種交流会向けに、急いで作ったような」(名刺を受け取った某編集者の感想)殺風景な名刺を使っていたことと、肩書きに「獨協大学経済学部特任教授」が入っていないことが気になっていました。

 かつて「投資バカにつける薬」(講談社)の表紙をデザインしてくれた斉藤重之さんというデザイナーからツイッター経由で、当ブログのデザインについてご意見があり、この際、ブログのデザイン(現在工事中)と共に、名刺のデザインもお願いすることにしました。
(斉藤氏の作品及びブログはhttp://saito-shigeyuki.comをご参照下さい。尚、デザイン料などの費用は、直接お問い合わせ頂きたいと思いますが、私はリーズナブルだと思いました)

 名刺が出来上がって手元に届きましたが、シンプルながらデザインの工夫が効いていて、また、活版印刷の味わいも良く、大変満足しています。私の仕事の性質を考えると、もっと早く作るべきでした。

 この名刺は、「経済評論家」及び「獨協大学経済学部特任教授」用で、表面は携帯番号とメールアドレス、裏面に自分の会社(株式会社マイベンチマーク)と所属事務所(オーケープロダクション)の住所・電話番号を入れています。楽天証券については、楽天証券で作った名刺を別に用意して使用しています。

 これで、自分が渡す名刺については大いに改善したのですが、貰った名刺の管理については、現在悩みの多いところです。思いつく限りで、以下のような問題があります。

(1)名刺のデータをデジタル化したいが手間が掛かる(秘書さんにお願いしていましたが、手間と時間が掛かる。スキャナー+OCRソフトはまだ完璧ではない)

(2)名刺の保管がやっかい(全てスキャンして、必要と思うものを残すことにしていますが、溜まって行く名刺を今後どうするかは思案中)

(3)データの更新が困難(名刺は平均2年くらいで情報が変わるように思います。相手の部署、担当する仕事、電話番号、メールアドレス、時には所属会社などが変わっていて、いざというときに連絡の役に立たないことがある)

(4)名刺の分類・整理をどうするか(仕事上、あるいは私生活上、非常に重要な人間関係に対応する名刺データと、念のため持っていたい名刺データを区分したいし、ある程度、分野別にも整理したい)

 先般、楽天証券で私の秘書業務を担当する担当者が代わり、これまでの名刺データを大きなエクセルファイルで受け取りましたが、この整理及び、今後の追加、さらに新しい管理の方法について目下思案・試行錯誤中です。

 一般論としても、個人にとっては、自分が持っている資料や、過去の仕事のアウトプットなどに加えて、人的関係も、十分活かすことができるか否かで、今後上げることができる成果が大いに異なる重要資産です。人的関係が新しいビジネスや楽しみをもたらすことがありますし、人的関係を好ましい方向に発展させ且つメンテナンスすることが大切なのは明らかです。
 考えてみるに、facebookの友達などについても、分類・整理が必要でしょうし、自分の側から積極的に働きかけないと勿体ない。人間関係を能動的に作るか、受動的対応にとどまるか、では、大きな差が付きそうです。

 効果的な人脈データ管理術について、方法を模索してみたいと思っています。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 【週刊ダイヤ... ストレスへの... »
 
コメント
 
 
 
「新日鉄住金」の誕生 (小倉摯門)
2012-10-01 19:47:55
閑話休題
山崎元さんは投資家側(=株主=経営権の委託主)の立場から、此の大統合について
どう考えておられますか?
⇒産経【新日鉄住金誕生(上) 逆風下の船出http://goo.gl/FzZvj 】
新会社の宗岡正二会長兼CEOは「統合でバラ色の未来が約束されたわけではない」と
云いつつも、同時に「≪コスト競争力の強化≫などの施策を着実に実行することにより、
総合力世界ナンバーワンの鉄鋼メーカーとして必ず勝ち残っていける」という。
また、産経にメディアを代表させるのは間違いですが、そのコメントは「技術開発などを
通じて割安な低品位原料の利用を増やすなどして一段の生産コスト引き下げを急がなければ、
製鉄所の閉鎖も含めた更なるリストラも避けられない」と≪コスト競争力の強化≫を強調する。
このような≪コスト競争力の強化≫という戦術レベルの御旗を高く掲げる経営こそが、
新日鉄の幹部の「何だか貧乏同士の結婚になってしまった」という活力のない慨嘆を生んで
いるのだと思う。

私が考えるには、其処にはステークホルダーズ数万人の生活を支えるべき「高度な経営戦略」は
影も形もない。宗岡さん個人を云々する積りはないが、新会社には「会長兼CEO」を冠するに
値する人財が居ないのではないか。まあ、新日鉄や住金ともなれば人財が居ない訳はないので
あって、左様な人財は間違いなく分厚く存在するのだが社内政治の結果として社内の傍流
(極端には窓際)に圧し込まれていると考えるのが現実的だろう。

一時は世界を席捲した日本の鉄鋼会社には、人財だけではなく多様で多岐に亘る基礎技術と
応用技術の宝庫でもある。其れらお宝技術を市場技術に育成する経営的挑戦をしない。
また、カネは「無謀ではない経営的挑戦」の為なら不足なく十分に彼等の手元にある。
成熟過程にある“過去の新事業”で稼いでいれば、手元資金は積み上がる。
要は、日本の鉄鋼会社が眠らせている分厚いヒトモノ(技術)カネを目覚ませ活性化させれば、
「ハード+ソフト⇒スマート事業」という21世紀的事業を生み出せる筈なのだが。
就中、「新日鉄+住金」が正しい経営者を得れば、21世紀的企業に変貌できる筈なのだが。
其処では、企業経営には全く無関心な流通市場での「投資家(=株主=経営権の委託主)」も
「株主権者が果たすべき責務無し」と云う訳には行かないと。
まあ、全ては私の仮説に過ぎませんが。
草々
 
 
 
ソニー・オリンパスの連携 (小倉摯門)
2012-10-02 19:17:18
山崎元さん
「閑話休題」を繰り返すのも気が引けるのですが、偶々、類似の真壁論を見付けましたので‥。
DOL真壁昭夫某【ソニー・オリンパス、弱者連合への期待と不安 http://goo.gl/ZJPqk
このご仁のご託宣は、稀有な例外はあるが、殆どの場合“常に的外れ”だと思います。

「机上の経営論vs現場の経営論」の違いが、彼の論説の中に鮮明に顕わされている。
「技術とノウハウを最大限に生かし、常に新しいモノを作り続けること」が可能なら、
急落するソニーの現実も停滞するオリンパスの現実も「巨大な弱者」には陥ってはいない。
「弱者連合」なら、尚更!「無いものねだり」でしかないだろう。
草々
 
 
 
名刺の整理 (ドナルド)
2012-10-10 11:19:48
現在EightというiPhoneとクラウド連携の名刺管理サービスを利用しています。(個人の場合は無料)
大変重宝しています。名刺の写真を撮って送るだけです。会社名・氏名・電話番号・メールアドレスのみ、人間が入力しています。別にこの会社の回し者ではありません。(笑)Android版もでるそうです。ただアナウンスがあってから、もう半年経ちましたが。
 
 
 
名刺をデザインして貰いました (maakunn)
2012-10-21 19:41:08
新しい名刺、拝見しました。すっきりしていてステキな名刺ですね。
ところで、Yamazaki Hajime と記されています。
姓→名の順にされたのは、デザイン上の理由でしょうか。それともお名前を英字表記されるときはいつも姓→名の順になさっておいででしょうか。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。