風の雑記帳

平凡でもかけがえのない毎日が過ぎていく。
風景や触れ合い、心の断片を切り貼りして綴ってみる。

心配するな

2018年04月18日 | 呟き、思い、独り言




今日保坂隆氏の本を読んでいたら、あの頓智で有名な一休さんが弟子に遺した遺産について書いてあった。


一休が死の床についたのは88歳のとき。
いよいよ死期が迫ったとき、一休は弟子を集めると
「本当に困ることがあったら、これを開けなさい」と一通の書状を弟子に授け、やがて穏やかに冥途へと旅立った。

それから何年かがたち、寺に深刻な大問題が起こって、八方ふさがりになったとき、弟子たちはついに師の遺産に頼るしかないと決意する。
さて、書状を開くと、そこには目録書でも莫大な預け証でもなく、一休の手になる書が入っていたそうな。

そこに書かれていたのは、「心配するな、なんとかなる」とのみ。


八方ふさがりであればあるほど気を楽にして、でも何とか問題解決を図ろうとする、
心配するな、なんとかなる、何とかやっていくという「力強い楽観主義」とでも言うべき考え方の教えこそ価値ある遺産だった。

保坂隆著  『お金をかけない「老後の楽しみ方」より』
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 筆談用に | トップ | かっこ悪い »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ゆり)
2018-04-18 22:28:14
頓智で有名な一休さんらしいお話ですね!

「心配するな、なんとかなる」

これって、本当にそうだと思う時があります。
ただ、、、長年にわたるものの場合は、根競べのようになってしまいますが、
やっぱり、何とかなって行くんですね(*^^*)
ゆりさんへ (やま・ゆり)
2018-04-19 00:32:39
コメントありがとうございます。^^

ゆりさんもそう思われますか?
私もそうだなと思うことが多くなりました。

自力で何としても解決したいと焦るよりも、
やるべきことはやったのなら、「心配するな 何とかなるだろう」と
まずは、落ち着く気持ちを持つことが出来るようになりました。
その方が、好転して良い結果に繋がるような気がします。
「何とかなる」と信じる心が、その結果を呼び寄せるのかもしませんね。^^

コメントを投稿

呟き、思い、独り言」カテゴリの最新記事