回天日記 面舵いっぱ~い !

殆んどがボヤきです。

慶大生・渡辺陽太容疑者に見る、甘えの極地

2018-10-24 08:30:23 | 事件・事故(治安と秩序)
人は己の背後に強力な物質的後ろ盾が在ると、己が無敵になった様に振る舞うのは何故だろうか…。

財産…。

金銭…。

権力者…。

何か、大いなる武器でも手に入れたかの様に勘違いする。

吾も含め、人間とは愚かな生き物である。

其の愚かの極みとも云うべき輩が、慶大生でミスター慶大候補だった渡辺陽太容疑者である。

酩酊状態の女性を、雑居ビルに連れ込み、1階の踊り場で婦女暴行。

暴行した後に現場から連れ出し、約150メートル離れた路上で、女子学生の腹を蹴る暴行にも及んだ。

奴の背景をマスコミが色々と報じているが、此れを見て當に上述の内容を如実に表している人間である。

此のレイプ魔の家庭が相当裕福で、祖父の渡辺 元は地商土木の会長、父親の渡辺 哲也は渡辺 元が立ち上げた会社「地商土木」グループから独立し、第一元商グループを立ち上げ、現在は株式会社Kスクエアという「建設・土木業、プラント作業員を全国から募集している」会社の社長。

まあ兎に角、金は掃いて捨てる程在る環境で育ったと云う訳である。

人は、なかなか謙虚になれない。

己の背景の存在が強大であればある程、先の未来の安定が約束された様に確信してしまう。

誰の忠告も、進言も耳を貸さなくなる。

まるで、確証バイアスにでも陥ったかの如く…。

裕福が悪とは思わない。

寧ろ、そう云う環境下に生まれ出た事は、其の者の徳分なのかも知れぬ。

裕福下のボンボンが、我儘三昧振る舞おうが其れは一向に構わんが、犯罪を犯すのは別問題である。

もしかして此の男、犯罪を犯しても帳消しに出来るとでも思っていたのかも知れぬ。

だとすれば、酷評にすら値しない度し難い馬鹿である。

馬鹿は死ななきゃ直らないと云うが、馬鹿は死んでも直らんよ。

此の世で一番罪深き輩は、真理を騙る宗教家(宗教指導者)である

2018-09-17 08:32:58 | 宗教
チベット仏教の指導者が長年に渡り、性的虐待を行っていた。

此れに最高指導者のダライ・ラマは…

「90年代から知っていて、目新しい事ではない」

と、今に始まった事ではないと云わんばかりに開き直った。

性的虐待被害を受けた被害者等は…

「心と精神を開いて仏教に救いを見いだしたのに、仏教の名の下にレイプされた」

と請願書で訴えていた。

ダライ・ラマは…

「性的虐待を犯す様な者は、釈尊の教えを尊重していない」

と非難してはいるが、冒頭のコメントを見る限り、其れ程に重要視している様に感じられぬし、性的虐待の根絶に力を入れている様には全く感じられない。

最早、此の問題にはお手上げなのだろう。

いつかは、誰かが声を上げるだろうし、其の時になってから、聖職者として有るまじき行為と非難して風を見せておけばよいといった諦めの境地だったと吾は見ている。

悟りの境地ではなく、己の弟子の不貞行為に目を瞑り無かった事にしようとする現実逃避の諦めの境地である。

さて聖職者には、こうした性的虐待を犯す輩が非常に多い。

キリスト教に於いても、牧師や司祭等が性的虐待を犯している。

禁欲を強いられて、気持ちを抑えきれずにこうした蛮行に走るのか…。

彼等は共通して、心の在り方を説く。

此の様な行為は、既に彼等の世界に於ける戒律に反している。

性的なものは、悪と非常に近接している。

魔が人を取り込む際には、性的なものを利用する。

又、人も性的な事には非常に脇が甘く、引き込まれやすい。

ダライ・ラマ率いるチベット仏教に於いても、既に魔が入り込んでいるに違いない。

先ずは宗教指導者等の心の隙間に入り込み、内から瓦解させようと覗っているのである。

魔は非常に巧みに人身を掌握する。

或いは神や仏を騙る。

或いは宗教指導者の心に入り込み、信者を堕落させる。

或いは愛する者を騙る。

或いは真理の言葉を平気で口走る。

奴等の笑顔は真の笑顔ではなく、薄ら笑いである。

バチカン市国に於いても、性的虐待を行う者や、黒ミサを行う等の事実も報告されている。

我々は、太古の昔から魔と対峙して来た。

魔は眼に見えず、何食わぬ顔をして近づいて来る。

親となり、親しい友人となり、愛する恋人となり、愛おしい我が子のふりをして、又は真理を口ずさみながら宗教指導者のふりをして近づいて来る。

気が付いたら既に魔に魅入られていて、手遅れになっている事も在る。

魔に魅入られて、一生を終える人も居るのである。

此の世で一番信用すべきは、自分自身である。

遠回りしてもいいから、常に自分自身に自問自答して歩んで行く事が最善の道である。

信じれるのは己のみである事を忘れてはならぬ。


己の不遇を恨むな

2018-08-16 08:58:41 | 日記
さっき不図、自分の手の平を見た。

手相の良し悪し等解る筈も無い。

石川啄木の「ぢっと手を見る」と云うくだりではないが、暫く眺めていた。

生前、石川啄木は社会主義に傾倒し、己の置かれた環境、人生、不運を恨んだ。

働けど、働けどで始まるあの詩は、己の不遇を社会主義に傾倒した精神状態の中で生まれた厭世的なものだった。

おっと、石川啄木をディスるのはこの位にして…。

興味本位で手相を調べてみた。

吾の手相だが、なんと両方の手の平には、ますかけ線が在る。

此れは百握りとも云うらしく、何でも天下を取る手相らしい。

あの徳川家康には、両手にますかけ線が在ったと云う。

そして、織田信長にもますかけ線が在った。

相当な強運が約束されているらしく、片方でも珍しく、両方に在るのは稀だと在った。

此れ迄の人生を振り返ってみて、結構苦しい道程だった。

3歳の頃、一度死んでいる。

喘息かひきつけで心肺停止に陥り、医者の懸命な蘇生措置で戻った。

その時間20分位だったらしいが、医者は酸素欠乏による脳障害の後遺症を覚悟しておくようにと宣告を受けたと云う。

だが、今こうしてブログに於いて、結構な悪態をついている処をみると、其の心配は無かった様だ。

否、この悪態振りが既に脳障害の後遺症かも知れぬ…。

又、5歳の時、トラックに跳ね飛ばされたがかすり傷だった。

何故か、此の件に関しては、跳ね飛ばされた其のシーンをハッキリと記憶している。

或る意味、ますかけ線の持つ強運によって命を落とさずこうして憎まれ口を叩けているのであろう。

其の他では、天下を取る気配も無ければ、とり立てて出世した訳でも無く、暮らし向きが楽になった訳でもない。

二度も命を落とさなかった事以外、ますかけ線の恩恵に預かる事は無いのが現状である。


吾の人生未だ継続中であるが、手相に現れているシワの数は増えるばかりである。

手相が其の者の人生を示唆しているのだと、其れを信じ込んで生きるのは窮屈である。

こんな事が在った。

手相では強運、併し姓名判断では全く逆の鑑定が出た。

顔の相である観相では違う鑑定が出た。

一体どれを信じればいいのか…。

あの東北の震災や、今夏の大雨による水害で亡くなられた方々はどうなるのか…。

あの方々には、この災害で寿命尽きる相が出ていたのか…。

死相でも現れていたのだろうか…。

戦争や、大規模な自然災害等の前では、易なんぞは気休めにもならぬ。

この様な人の死は、易では説明がつかぬのだ。

巷に氾濫する凡ゆる占い。

其れを信じるか否かは各人の自由。

面白いのが、占う側の本人も災難に遭い、病に罹っている。

此の人達こそ、災難や病を回避出来そうなものなのにと思う。

が、そう甘くないのが人生の妙である。

回避する事も渡世のセンスかも知れぬが、不遇の時をどうクリアしていくかで、人間の価値、人間力が量られる。

器量と云うか、力量である。

仕事でも同様で、失敗した時にどう対処して軌道修正出来るかで、其の者の力が決まる。

仕事でも人生途上に於いても、順調な時は放っておいても物事はスムーズに運ぶ。

逆境に陥った時が勝負で、此の時をどう乗り切るか。

リスク回避も賢い世渡りではあるが、其ればかりをしていると、思わぬ出来事が対処出来ぬ。

世は思わぬ出来事の方が多い。

日頃から足下を固めて、思わぬ出来事が降り掛かって来ても、足下を掬われる事の無い様にしたい。

射精持続力アップ塗布剤の問答

2018-07-30 08:35:21 | 日記
男としては女とまぐわう際に、少しでも長くまぐわっていたいと云うのが本音ではなかろうか…。

吾も以前から愛用しているトノス…。

トノスのサイトでは、こんなQ&Aが交わされている。





この問い合わせに、販売元の大東製薬がこう回答している。

本剤の考え方について
お客様の年齢であれば、基本的に前者(トノスを塗った時だけ射精が遅くなる薬)であるとお考え下さいませ。

射精に影響する要因は大まかに下記があると考えられます。
◆亀頭部を中心とするペニスへの性的刺激
◆性器以外の体の各所への刺激や視聴覚の刺激、さらには愛情やファンタジーなど精神面を含む周辺の性的刺激
◆1.と2. に対する脳内の反応による性的興奮
◆精液の射出をコントロールする筋肉の働き
◆以上 1.~4. の要素をつなぐ神経系の働き

トノスに配合した局所麻酔成分は、上記の 1. に対して「亀頭部分へ塗布」することで「亀頭部の感度を鈍化」させるため、1. の刺激による入力を抑えた結果、射精潜時を遅延させるものです。

また、トノスに配合されているテストステロン(男性ホルモン)は、加齢や強度の精神的ストレスで男性ホルモンの分泌が衰えている人の場合、3.と4. あるいは5. の機能が衰えて、本来オーガズムを迎えるタイミングよりも先に精液が漏れ出てしまうような状況が考えられます。早漏というよりも遺精に近い状況ですが、このような場合に、本剤を「陰嚢部へ塗布」して「男性ホルモンを補充」することで、ある程度のリカバリーが期待できるものです。

そのような観点から、お客様がご指摘の後者(塗り続けているうちに早漏が克服されていく)の効き方は、男性ホルモンの分泌不足にともなうケースであれば、本剤もあてはまります。ただ、お客様の年齢ですと、一般的に男性ホルモンの分泌は十分にあると思われますので、男性ホルモンが十分に分泌している人で射精潜時を遅延したい人であれば、亀頭部(特に敏感な亀頭冠、いわゆるカリの部分)へ本剤を塗布して、1. の刺激を抑えれば良いわけです。

なお、専門医による医療の対象となる重症の早漏は、3. の要因が非常に強く、極めて過剰に反応して上手くコントロール出来ない場合が多いと思われます。このような場合は、1.と2.の刺激を抑えても、3.の要因が大き過ぎて射精のコントロールが出来ない場合が考えられますので、トノスを用いて1.を抑えても十分に満足するような結果に至らない事が考えられます。
このような場合には、SSRI(選択的セロトニン取り込み阻害剤)と呼ばれる、抗うつ剤の投与で 3.の要因に対処することにより著効な結果を得た、という症例報告がございます。ただし、これもSSRIが効いている間の効果であり、SSRIが直接、早漏を根治させるものではありません。ちなみにSSRIは投薬の管理が難しく、医師の注意深い管理と指導が必要なので、決して自己判断で使用したり、主治医に無断で急に中止しないようにご注意下さいませ。また、副作用の中にはED(勃起障害)の事例もありますので、いずれにせよ注意深い対応が必要と思われます。
いずれにせよ、そのような意味では今のところ薬剤による早漏の根治的な治療法は存じ上げません。

ちなみに現状の根治療法としては、カウンセリングで 2.と3.の要因における強度のストレスや不安など早漏の背景になっている心因性の問題を解決したり、行動療法(「Stop & Start法」 「スクイズ法」 「感覚集中訓練」)でトレーニングすることにより、1.~5.を全般的に解決する、というものになります。

パートナーへの配慮について
トノスを舐めますと先述の局所麻痺剤の成分により苦味がして、同時に舌の感覚が痺れてしまいます。パートナーへ気まずい思いをさせないようにするためにも、塗付後、性行為を始める前にあらかじめ塗付部を良く洗い流して本剤が残らないようにすることをお願いしております。
なお、本剤は塗布後、数分~20分程度で塗布部を麻痺させて効果が生じていますので、塗布部に麻痺感が生じましたら、本剤を洗い流しても効果に問題はございません。

したがいまして、下記の手順であれば万全かと存じます。
① 性行為の前にシャワーか入浴。
② 最初に性器を良く洗い、洗った後にトノスを亀頭冠へ塗布。
③ 他の部位を洗うなど、シャワー(入浴)を続ける。
④ タイミングを見計らい、亀頭冠に触れてみて感覚の鈍化を確認。
⑤ 塗布部を石鹸を用いて良く洗い流す。
⑥ シャワー(入浴)を終える。
⑦ 性行為の開始。


いや〜大変参考になる問答である。

大東製薬側も、懇切丁寧に回答していて良い。

トノスをご愛用の読者がおられましたら、是非参考にして頂き、心ゆくまで女性とまぐわって頂きたい。

昔の女…

2018-07-24 08:16:35 | 日記
さっき、セブンで昔の女とばったり会った。

変わってなかった。

多少の老けは見られたが、昔の印象の儘だった。

二言三言、言葉を交わしてお互いの職場へ。

向こうもハッとした表情だった。

何だかスッキリしない。

ざわざわしてしょうがない。

動揺した。

もうすっかり忘れていたと思った。

事実、別れてからアイツの事で思いに浸る事は無かった。

まだ心の片隅に残っていたのだろうか…。

どうこうなる訳でもない。

若き日の淡い思い出。

何を動揺し、ざわつくのか…。

でも、いい女だった。

結婚して子供も20歳だとか…。

風の便りで聞き知っていた。

老けはしていたが、やっぱりいい女である事は変わりない。

何だか今日一日は、ざわついた気持ちのまま過ごしてしまいそうだ。