山の天気予報

ヤマテンからのお知らせや写真投稿などを行います。

猪熊隆之の観天望気講座130

2019-05-24 20:39:44 | 観天望気

~キリマンジャロで見られた雲 partⅡ~

乾季のキリマンジャロでは、朝は標高2,500m以上では青空が広がることが多くなります。そして、日中は谷風(たにかぜ ※)の影響で、南側の山腹から雲が湧きたっていきます。

※  山谷風の解説については、前号をご参照ください。

写真1 谷風による上昇気流で湧き立つ積雲(せきうん)

太陽が高くなっていくと、地面付近の空気は熱せられて上昇していき、谷風は強まっていきます。その上昇気流に乗って雲は上方へ成長していき(やる気を出し)、写真2のように成長していきます。

写真2 谷風と乾いた空気のせめぎ合い

しかしながら、この雲はキリマンジャロのギボ峰~マウェンジ峰の尾根上(写真2、3の雲の右端)を越えられず、上方では逆に雲が左側に押し戻されているように見えます。

図1 キリマンジャロ周辺の風向と天候

これは、前日までの南東風がおさまり、上空を北東風が吹いているためです。図1のように、北東風は砂漠地帯からの風になるので、乾いており、この風が吹くと雲を蒸発させていきます。従って、雲は尾根を越えて右側に侵入しようとすると、東風に押し戻されるとともに、乾いた空気に触れて蒸発していきます(写真3参照)。

写真3 写真2の解説

この状況はこの日以降、ずっと続き、キボ峰~マウェンジ峰の北東側では雲がほとんどできないのに対し、南西側では雲がぐんぐんやる気を出して入道雲が発達しました。

写真4 尾根の北東側は平地に雲がある程度

写真5 尾根の南西側では入道雲が発達

キリマンジャロは、乾いた空気と湿った空気とのせめぎ合いの場になっていました。こうした観点で登っていくのも楽しいものです。

文、写真:猪熊隆之(株式会社ヤマテン)

※図、写真、文章の無断転載、転用、複写は禁じる。 


コメント   この記事についてブログを書く
« 猪熊隆之の観天望気講座129 | トップ | 猪熊隆之の観天望気講座131 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。