菜々子とワンのほっこり休日

愛犬ラブラドールメアリ&ケイトとパピヨンのミューと私たちの楽しい生活を長野の自然とともに・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カワイイ?

2018-06-10 | ミュー&メアリ&ケイト

いつものようにメアケーを連れてゲレンデを散歩していたら、ピンクと白のレンゲの花がいっぱい
咲いていて、何だか昔懐かしく、レンゲの花の頭飾りを作ってみたくなりました
といっても、私が頭に乗せてもね・・

「ワタチかわいいかししら??」 byケイト
ケイちゃん可愛いよ
メアリはご存じのとおり1秒もじっとしてられませんからね

さてさて我が家の庭にはあやめやヤマボウシが美しく咲いています

何だかもう梅雨入りみたいですね・・
皆さんも梅雨のジメジメに負けず、美味しいもの食べて健康的に楽しく毎日をお過ごしくださいね~

コメント (2)

メアケーに会いに来たよ!!

2018-05-29 | ミュー&メアリ&ケイト

いつもブログに優しいコメントを頂いているYさんが2年ぶりにメアケーに会いに来てくださいました
もちろんのこと、メアケーの大歓迎ぶりは2年たっても健在です

Yさんたちにたくさん遊んでもらって大満足
夢の2頭引きができたYさんも喜んでくれたかな?

先週末はお天気も良く、ゲレンデ散歩を楽しみにしていましたが、あいにくこの日は
高社トレイルランニングの大会があり、残念ながらゲレンデには行けませんでしたが・・
グランドでいっぱい走り回ったり写真撮影会をしましたよ


久しぶりにワンたちの話に花が咲き、メアリ&ケイトもとっても、楽しくて嬉しい1日でした。
Yさん、有難うございました~
またメアケーに会いに来てくださいね~~



コメント (2)

ミューちゃん虹の国へ

2018-02-27 | ミュー&メアリ&ケイト

長年、宿の看板犬、接客係として皆様に可愛がって頂ましたミューが2月24日虹の国へ旅立ちました。

ミューは昨年11月頃から体調を崩し、だんだんと食べなくなって最後は1.3kgくらいにまで痩せてしまいましたが最後まで寝たきりにはならず自力で排泄もしていました。
12歳と7か月の命でした。

親ばかかもしれませんが、ミューは小型犬にしてはとっても賢く、私たち夫婦の雰囲気や気持ちをいつも感じとって行動をしている様な子でした。活発で泳ぎも得意、1200mくらいの山も自力で登ったり、雪の中でも元気にボール遊びが大好きでした。
お利口さんで誰にでも愛嬌を振りまいて皆さんに愛されていました。

生前、ミューを可愛がって頂き、本当に有難うございました。
これからもメアリ、ケイトとミューの思い出を大切に頑張ってまいります。
どうぞミューの冥福を一緒に祈ってください。

コメント (2)

ふたつの命

2017-07-25 | 日々の出来事

 

静岡のS家にいるサファイアとイザラ。
どちらも長年、身体の不自由な人のために介助犬として働いてきた素晴らしいラブラドールです。 10歳になって仕事をリタイヤし、晩年をS家で楽しく穏やかに過ごしていました。

犬の人生(犬生)は短く、残された時間を普通のラブラドールとしてSさんと過ごせたことは本当に幸せだったと思います。 うちにも何度か来たよね。サファイア、良かったね。  
そしてイザラ、Sさんをこれからも宜しくお願いね。

 

先週の木曜日、郵便局を出ると、まだ飛び始めて間もないツバメのヒナが路上でバタバタと動いているのが目に留まりました。 きっと、飛ぶ練習をしていて上の方から落ちてしまったのでしょう。
取りあえず、路上から保護し歩道へとあげましたが何度も何度も車の通りの多い路上へ出てしまい、親ツバメや巣を探しながら1時間ほどそのあたりでオロオロしてましたが、とっても暑い日で、このままだと子ツバメも弱ってしまうのでは・・・と思い、取りあえず家に連れて帰って、お水を与え、どうしたものか。。。と考えて保健所に問い合わせたり(保健所では野鳥は保護してくれないそうで、もちろん、野鳥を家で保護する、飼うことも禁じられていますが、放ってはおけなかったので、法律なんてくそくらえ!!って思って家に連れてきました) いろいろしている間に日も暮れてきてしまったので、友人宅のキャベツ畑の青虫を取りに行き、無理やりだけど食べさせて、一晩家で保護しました。ピーちゃんと名付けられた子ツバメはほんとにおとなしく、手に乗ったりして、飼い鳥のようになついて、それはそれは可愛かった~~


でも早く野生に戻さなければこの先、自分で餌をとったり生きていくことはできなくなります。
まだちゃんと飛べないのが心配だったけど、小さいパンケースで仮巣を作って、元の郵便局あたりのちょっと奥まった高いところに置いて、離れてしばらく様子を見ることにしました。
ものの5分もたったでしょうか・・・
親ツバメらしきツバメがスーーっと飛んできて、その子ツバメの横をかすめて飛んで行ったように見え、「気づいてよーー!!」 って思っていた瞬間、子ツバメが後を追いかけるように飛んで行ったのです。飛べたんです
心配ながら近くに寄っていってみると、そのあたりにはもうピーちゃんの姿はありませんでした。
「ぴーちゃん、元気でね~、幸せになってね~」と空を見上げて祈りました。

私は感動と嬉しさと寂しさで胸がいっぱいになって、涙ながら帰路につきました。

救われた命、救われなかった命、どちらも大切な尊い命です。
生きている限り、たくさんの命との出会い、別れがあります。
どんな時がやってきても後悔の無いよう、それぞれの命と向き合いたいと思います。

野鳥を保護し法律的には罰せられる行為なのかもしれませんが、私には子ツバメを救ったこと、一生忘れられない素敵な思い出です。 

コメント (2)

桜の季節

2017-04-25 | 日々の出来事

今年は大雪に悩まされ、バタバタと冬シーズンを過ごして、やっと4月~って思っていたら、まさかのインフルエンザ(B型と診断) で2週間パッとしない日々を過ごしてました。
そんな間にも三寒四温を繰り返し、この長野にも確実に春はやって来ていました
4月の初めには・・

まだこんなにあった雪も・・

もう木島平も桜 まっさかり
この日はあまり天気が良くなかったけど、この数日はお花見日和です


うちのコブシもこんなに大きくなって花がたくさんついてます

この季節は一年の中で一番、心ウキウキする大好きな季節でしたが、、
今年はちょっと寂しい気持ちで迎えています。
グランドの桜をとっても楽しみにしていた福岡のメアリ姉妹ファミリーが毎年GWには欠かさず遠路長野まで毎年来ていましたからね・・・
どうしてもグランドへメアリたちの散歩に行くと思い出しちゃう

きっと彼も木島平に桜を愛でに来てるよね・・・っていつも空を見て思っています。

そして・・私が今はまっていること・・
昨年11月にヨガのインストラクターをやっている友人から手ほどきを受けたことがきっかけで
隣町でとってもいいヨガ教室を見つけ、教室に通うようになり早5か月。 
昨年、悲しみのどん底にいた私を心身ともに救ってくれたのがヨガでした。
ヨガの境地は深く、理解も難しく、初めはなんだかよくわからない教えでもありましたが(今でもヨガの哲学本を読んでもサッパリですが)毎回先生の有難い話を聞きながら続けていたら、何だかとっても心地よい時間になっていったのです。
そんなわけで毎日の生活が少しづつ心地よいものになって行っています。

「日日是好日」 の言葉を大切にこれからも日日過ごして行きたいものですね。
皆様も健やかな毎日でありますように。。。

コメント