趣味・興味プラス挑戦

郷土史、登山、スキーなどを写真と共に書き綴っております

西野水道:是非訪ねたいと思っていました

2011-04-26 18:33:30 | 郷土史

    西野水道近江の青の洞門)を見てきました
     =帰省の時にいつも傍を、その内にと=
       
この日記の掲載期間:5月6日ー5月12日)
            
        本日(10日)末尾にある新緑の写真を入れ替えました”
        拙作ではありますが合わせてご覧いたでければ嬉しいです

 
           手掘りの西野水道入口(入れます)

気になっていた二箇所、西野水道と磯野山城址
琵琶湖の一番北、丸子船の港があった
塩津で生まれ育ったKennyは年
に何回か実家に帰ります。帰省ルートはいつも現住所の野洲市から車で
琵琶湖岸を走ります。竹生島もやや後に遠ざかるころ小高い山が目前を
遮ります。その山は山本山から賤ヶ岳(共に城址)に繋がる長細い、その
地を分断する塀のような尾根です。古保利古墳群でも有名ところですが
何故か熊が多く、出没もあり毎年話題になる山でもあります。

  
     西野水道石碑             すぐ近くの磯野山城址の標識
   気になっていた石碑、看板:共にいつかは行きたいと。 磯野山城址も同じ日に
  見学しました。後日日記に書く予定です。

西野水道:なんで観光名所?
気になっていた(地元だったのに行ったことがない)その内の
一つ、念願の
西野水道を見てきました。西野水道がなんで取上げんならん程の水道なんや、
ですが、地元のお坊さんや住民がなんの重機もない時代、約170年前(江戸
時代末)に立ち上がり石工職人さんの力を借りてノミと槌を使って水路を掘った、
正にあの有名な青の洞門(大分県中津市)の近江版だからです。 
         
      
          水道の上部

水路を掘りぬいた理由は地元を横切る余呉川の氾濫から来る大洪水と
それに伴う大飢饉です。塀のような山が流れる余呉川の増水を遮り、度々
洪水を引き起しましたが塀の向こう側は琵琶湖です。水道(トンネル)を
堀り水を琵琶湖に流すしかないと人海戦術でくり貫いたのが西野水道です。
明治に30年程前の1840年の事です。

     
          水道の入口               水道の内部(ノミ痕も) 

    内部は真っ暗で、懐中電灯、ヘルメット、長靴を要します。
    3点セットは案内所に完備。でも入坑は覚悟を決めて! 


工事に苦難を極めた水道
経緯は添付写真にある案内板の通りです。なんでも能登の方から来た
石工は硬い岩盤に手間取り、一旦は引き上げてしまったとか。結局工事
は5年に及び能登、伊勢などからの石工職人の正に手作業により完成し
たそうです。工費は1275両(現在の金額で5億円)を要しましたが、全て
を地元の村人が負担したとのことです。(現地の音声案内と案内版から)


            

水道には入れますが・・・。
親切にも、長靴、ヘルメット、懐中電灯が無人(その時は)の案内所に
用意されていました。
巾は1.2m、高さは2.0m、全長220mです。その
上硬い岩盤を避けたと思われる曲がった水路で中は真っ暗です。とても
220mを歩いて琵琶湖側に辿る気にはなれませんでした。こんな所で
撮影した経験は全くありません。上からの水滴にカメラを気にし、また
飛びまわる小さな虫と戦いながらフラッシュを焚いて、手持ちの撮影で
何度も緒戦して何とかピントを合わせて引き上げました。ノミの跡が残って
いるそうですが、しっかりと確認出来たわけではありません。でも気楽に
写真を撮っている自分に贅沢は言えません。


      西野水道の位置 (矢印 ) 滋賀県長浜市高月町
            
 (JR高月駅から車で約10分)
さて、今や観光名所となった水道にご苦労を感じながら、隣りの出来栄えを比較
するのがおかしいとは言え近代建築工法の粋を集めたトンネル(水道)をなんの
感動もなく見てその場を後にしました。そのトンネルには危険だから入るな!と警告
の看板が何箇所かに。 轟々と流れるそのトンネルの中にお入りになる
お方がおら
れるのかと・・・。 斯(かく)言う私は江戸末期に造られたトンネルに入ってきました
ので、どっちもどっちですかな?。

ところでこの現在使われている水道は3代目なんです。昭和25年に2代目の水道
が初代との間に掘られています。その2代目も、注目はされていませんが目にする
ことはできます。

  
      現在の水道(トンネルの向側が琵琶湖)

 
  参考: 青の洞門 (大分県中津市のHPより引用)


   今日もご覧くださいましてありがとうございました

                  番外編:新緑が美しい季節となりました

      いつも訪ねてくださりありがとうございます。 この数日で撮った春、新緑
       の写真です。拙作ではありますが、観ていただけると嬉しいです。
  
 
                 県立安土考古博物館の広場

 
                    薬王寺(徳島県)

 
                     正観寺(徳島県)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« Kennyの城址あるき:陣屋の馬場 | トップ | Kennyの城址歩き:星ケ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そんなのが・・・・あったとは! (茲愉有人)
2011-05-06 10:42:12
高月町にそんな史跡もあったのですか。
西野水道・・・知りませんでした。

機会があれば、眺めに行きましょう。
入る気になるかどうかは、わかりませんが。

安土考古博物館は一度だけ訪れたことがありますが、写真を撮られた眺めの景色は全く記憶にありません。

いい雰囲気に撮れてますね。

登山道の紫の花は何ですか?

私も知りませんでした (Kenny )
2011-05-06 14:21:24
私も地元にいた頃は知りませんでした。もっとも知りえる機会、郷土史に関係する方がたまたま傍に、とか自身が興味でもあればですが。しずケ岳(実はしず「賤」の字が変換で出てこないので困っています。絶対に漢字で、の場合はネット検索してコピーしております。何か変換の仕方があれば教えてくださいね。以前に確か「ぜに」とかで変換できたような・・・)でさえ今やっと勉強している始末です。でもよくぞ掘りぬいたものですね。安土の風景は望遠で撮っていますので、おや?と思われたのだと思いますが、博物館の前から繖山に向かって撮っています。博物館に向かって左に広場がありますね。長浜の国友から移築された旧宮地家の茅葺の入母屋住宅(確か国の重文)が写っていますがその場所です。三上山の花は、コバノミツバツツジと思います。その辺一帯が群生地です。5月21日に、西野水道、古保利古墳群、山本山城跡の見学会があります。JR高月駅から10kmのウオーキングです。詳細は「淡海の城友の会」と検索、催しもの案内をご覧ください。私は不参加です。ありがとうございました。

変換の件 (茲愉有人)
2011-05-07 23:34:56
賤ケ岳の「しず」は、「せん」で変換すると出てきます。

私は普段、ATOKの漢字変換ソフトをインストールして利用していますが、マイクロソフトオフィスのIMEでも同様に出てきます。

安土の写真、そういうことですか。
これまた、行く機会があれば、確認してみます。今はそのつもりでも、忘れてしまうかも・・・・すこしずつ、忘れっぽくなて・・・・

花名ありがとうございます。

5/21は同好会と重なりますね。残念。

そうそう、よく使う語句としては、単語登録するという手がありますね。
ATOKの場合は、幾つか登録しています。IMEは普段使っていないので、同様の機能があるかどうかは調べていません。



せん・賎、問題解決しました (kenny)
2011-05-10 07:53:42
せん・賤、ありがとうございました。そうだ、「せん」でしたね。最近もやったのですが、1,000、1千などしかでないと思っていましたら、なんと次のページにまだまだ「せん」の漢字がありました!!  ATOKの単語登録、はじめて知った機能ですがトライして(私にはPCでの新しいことはすべて挑戦になります)利用します。21日は賤ケ岳、22日は玄蕃尾のセミナー(見学会も)です。余呉ウッデーパルが会場で、地元余呉町の町おこしプランのひとつです。長谷川先生が講師です。何れ日記を書くつもりですので「賤」で助かります。
色々学ばせて頂きました (ポエム)
2011-05-12 10:36:45
所属句会がある長浜には時々行きますが、「西野水道」は知りませんでした。1840年代の洪水の海戦術で彫られたと説明を読み、興味が沸きます。
写真を拝見してその場に行ったような迫力感があります。以前行った「黒四ダム」の廃坑になったトンネルを歩いたのですが、その時の雰囲気をふと思いました。
滋賀にも有名な洞くつがありますね。

長浜の大通寺のアセビを去年主人とに見に行きましたが、樹齢何百年と書かれたすごいアセビの雄姿に感動し、沢山写真を撮ってきました。
湖北にはいい所が沢山ありますね。

21日、コーラスです。残念です!
意外と知らない地元 (kenny)
2011-05-12 14:49:15
ポエムさん、そうなんですね、この西野水道も少なくとも旧伊香郡に住んでいる時は知りませんでした。過日竜王の道の駅、かがみの里のまん前にお城址が有るのを知りました。星ケ崎城と言います。低い山ですので友人が来たら、僕が興味のある城址とはこれだー、と言って無理やり引っ張って行く積りをしております(笑)。お互い分野が違いますのでなかなかコメントは出来ませんが、すべて読ませて頂いております。いつも心温まる、そして心洗われる内容でありがたいです。それも友人、知り合いのブログですから。コメントありがとうございました。
初めまして (お邪魔します)
2015-06-10 08:26:50
何年か前にTVで放送されてたのを見て いつか行ってみたぃと思っていたんですが、今に至ります。ちょっとした探検みたぃで楽しそう!と、休みの日に訪れようと思っていたのですが 虫は苦手です。
ご訪問ありがとうございます (Kenny)
2015-06-10 17:17:05
こんにちは、初めまして 

田園地帯、山の麓です。 どうしてもじめじめとしたところで「水道」は決して気持ちのいい場所にあるとはとは言えません(笑)  

でもそこは公園になっており、今は緑り、秋は紅葉で美しい観光地として整備されています。 水道はこんなことですが、通り抜けるのではなく入口の部分を見るだけでも「手掘りなんだ」との古の大事業を感じることが出来ますので是非一度訪ねてみてくださいね。

この度はご訪問、コメントありがとうございました。 Kenny

コメントを投稿

郷土史」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事