木を愛し、土に親しみ、犬と戯れ、思いつくまま気ままに発信、知る人ぞ知る「山章工房」のブログです。
山章工房の木土愛楽(きどあいらく)



おはようございます。

時折雨が降るぐずつき天気ですが、三日もバイクに乗っていないので、

走りました。

検診を8日後に控えているので、今週は槍でも降らない限り

走らないと思っています。

昨日は結局草刈りで一日が終わったようなものでした。

疲労感がひどくて、2時過ぎまで寝たのですが、

もう重労働をする意欲はありません。

山荘を丁寧に掃除機をかけ、台所掃除をしたくらいです。

少し早い夕方の散歩の時には、軽く晴れ、猿山も見えたのですが。

この子は山を背景に写真をなかなか撮らせてくれません。

もちろん泳ぎました。

ほぼ半日、山荘内で寝ていたので

この子は元気です。

日曜の午前中、ちょっとだけ大工仕事をしました。

作業は大きな部材から小さな部材の加工に移っていきます。

横切り盤の出番も増えてくるのですが、刃の切れが止まってしまったので、

ほぞ取り用の刃に取り替えました。

埋め木をした再利用の檜もきれいにほぞが取れてます。

屋根の垂木を受ける溝の欠き取りです。

わずか3時間ほどでしたが、結構作業ははかどりました。

それでは今週あと4日、元気に働きましょう!

 

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« ちょっとボラ... ほー、これが... »
 
コメント
 
 
 
古材の活用 (Macchan)
2019-07-16 10:25:57
先日来の古材を使っての山荘大修理関連記事、いつもより更に興味深く読ませてもらっています。

趣味中の趣味とはいえ、隠れビスに悩まされながらも本当に上手に活用していますね。大半は最初の大作の磐田の工作所の解体材と思いますが、互いに汗を流して2~3日解体共同作業をお手伝いしたことを懐かしく思い出します。もう6~7年前になりますかね。

2階への階段部分をそのまんま頂き大町の山小屋に活用しましたが、訪れるたびにyamashowさんの頑丈で丁寧な工作に感心します。

何よりも共感を覚えるのが、人類の建築では多分何百年何千年の歴史がある「古材活用」です。旅先の古い建築物に先ず目がいくのがこの部分。物を大切にすること、先達をリスペクトすることなど、人生観や哲学につながる人類の知恵に感動します。
 
 
 
Unknown (yamashow)
2019-07-17 07:39:51
過分なほめ言葉、感謝しますが、ただの貧乏性です。ビスにあたってノミを欠いたりするとかなりへこみます。でもやっぱり面白いですね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。