ほっとやましろ情報局

石川県加賀市「山代温泉」のHOTな 旬な温泉地情報をお届けいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あいうえおの郷 その4

2021年04月08日 | 局長ブログ
明覚上人の拓いた「あいうえお五十音図」は、日本語と日本文化の源たる貴重な歴史文化資本である。加賀市民と日本人、そして日本文化に興味を持つ世界の人々に向け、奥深く奥ゆかしい「にほんご」の魅力を伝え広める活動を行い、中短期では心の、長期では物理的な拠り所として『加賀 にほんご文化の森』を創造する。
 創造活動の母体となる特別チームを、文献学・音韻学・書誌学に通じた「にほんごマエストロ」山口謠司(大東文化大学教授)を中心として編成し、『にほんご文化の森)』の長期ヴィジョンおよび活動指針、具体的な活動展開案(プログラム)などを策定がスタートしております。
 その活動の展開例として、山口氏や有識者、芸術家などどと市民が一体となって行う多様なイベントや、文化的なアイコンづくりを提案・実行指導・人材育成します。
 また、それらの活動を通じて『にほんご文化の森』創造の意義と価値を市民と共有し、市民と一体になった加賀市の文化ブランド創造を目指します。

【山代を取り囲む様々な魅力】
   

      

    

  
       (プライベートビーチもどきの海水浴場

 
              (加賀市は重要伝統建築物群保存地区が2か所あります:左:東谷&右:橋立地区
コメント

あいうえおの郷 その3

2021年04月03日 | イベント
「にほんごの聖地」とは

 ⽇本⽂化再評価の時代背景を追い⾵に明覚上⼈をシンボルに「あいうえおの郷」を「にほんご」の聖地化し、にほんごとそれに関連する加賀市の伝統⽂化をキラーコンテンツ化して⼈々を引き寄せます。
※「あいうえおの郷」を聖地たらしめる3つの⽂化資産が、石川県加賀市の歴史として残されています。
 ①平安時代、明覚上⼈が、⼭代温泉の温泉寺で作った「五⼗⾳図」
 ②室町時代、世阿弥によって作られた能「実盛」の舞台となる⾸洗い塚他「⼸継物狂」「敷地物狂」
 ③江⼾時代、「奥の細道」の途上、⼭中温泉や⼤聖寺で作られた俳句

・・・以上の史実は、各地でそれぞれに顕彰された取組が行われています。

<期待される効果面>
・地域住民には「この宝を我々が担い伝えなければ・・・」の精神的な醸成
・観光客には「日本文化って奥深い・・・」との足元認識
・留学生・インバウンド客には「日本語のオリジンを知りたい・・・」との動機付け

このように、これらの取組みを更に深化させ、キラーコンテンツに育てて行くことが、地域の強みと転じます。

加賀市温泉地はの開湯伝説は、相当の歴史観があります。


         「にほん語年表」
               
                     実盛塚(全景)
     芭蕉の館(正面)
知れば知るほど、深みにはまってください。
(^^)/  (^^♪ _(._.)_

コメント

あいうえおの郷 その2

2021年03月31日 | イベント
五十音図について

日本語を学ぼうとした時、最初に覚えなければならないものに「五十音図」があります。この「五十音図」は、じつは、皆さんが今いる、この山代温泉で作られたものなのです。
それでは、五十音図は、誰によって、いつ頃、何のために作られたものなのでしょうか? 作ったのは明覚というお坊さんです。作られたのは1093年です。「五十音図」は、人が正確に日本語の発音ができるようになるため、そして正確にお経に書かれた文章を発音して読めるようになるために作られました。
日本語には「母音」として「アイウエオ」があります。そして、喉の付け根(軟口蓋)、歯、舌、唇など口の中で調音する「子音」と母音を合わせて発音すると、「カ行、サ行、タ行、ナ行、マ行、ラ行、ワ行」の言葉がきれいに出ます。
  お経は、当時、人の願いを叶えてくれる魔法の言葉でもありました。魔法は正確な言 葉で発音しなければなりません。もちろん、人と話をする時も同じです。「五十音図」は、山代温泉で生まれた日本語の魔方陣なのです。
 ここに複製を行ったのは、現在、大東急記念文庫に所蔵される『反音作法』に見える明覚の五十音図です。

 
山代温泉湯の曲輪(ゆのがわ)にあるオブジェ

コメント

安心・安全に楽しむ ウイズコロナ時代の新しい旅

2021年03月26日 | イベント
いまは我慢……でも、落ち着いたら旅行に行きたい!
 そう思っている方も多いのではないでしょうか。
そんな状況の中、安心・安全に旅行を楽しむための各観光地の感染症対策についての記事がアップされました。 (^^)/
ALLAboutで、「ウィズコロナ時代の旅/山代温泉」として、All About『温泉』ガイドの藤田聡さんに語っていただいております。

山代温泉は、1300年の歴史を誇る、北陸最大級の温泉地で、古都・金沢から40kmほど南西に位置する加賀温泉郷のひとつの温泉観光地です。西暦725年に開湯されたと伝えられる、明智光秀、与謝野晶子、北大路魯山人等の武将、文化人も多く入湯されております。
今回は、AIによる混雑状況可視化サービスをはじめとした、新型コロナウイルス感染症対策の活動が知れ渡り、取材に及びました。
記事はこちらです。。。



コメント

あいうえおの郷 その1

2021年03月25日 | 局長ブログ
明覚上人(1056年〜1131年頃)


1056年に生まれた明覚は、天台宗の総本山である比叡山で修行をしたお坊さんです。
インドの言葉であるサンスクリット語を学び、漢文はもちろん、中国語や日本語も堪能
だった明覚は、三十六歳頃までには山代の加賀温泉寺に来ていたと言われています。『悉曇大底』(1084年)、『梵字形音義』(1094年)、『悉曇要訣』(1101年以降)など
梵字と呼ばれるサンスクリット語学の研究を行い、「五十音図」を作り、仮名で、漢字音をどのように正確に発音を表記できるかについても研究を行いました。
「五十音図」は、日本語を学び、日本語を研究するためになくてはならないものです。ここ、山代温泉で生まれた「五十音図」は、まだまだ分からないことでいっぱいです。皆でその謎を解いていきたいと思います。
 
コメント

とどけ、温泉愛。山代温泉の新 CM に山代ゆげ太郎が登場!

2020年10月27日 | イベント
11月7日からはカニ解禁で「香箱ガニ(雌ガニ)」「ズワイガニ(雄ガニ)」がドドット水揚げされます。
山代温泉に近い「橋立港」産のカニは最高です。。。

応援よろしく!!
素敵なプレゼント抽選で当たるかも~

コメント

秋 中ほど・・・

2020年10月13日 | 局長ブログ
〇いつの間にか・・・秋
暑い夏やね~と思っていましたが、台風一過が過ぎると、あっという間に「秋」(を通り過ぎて?)、初冠雪のニュースが流れてきました。
今年は冬が早いとか・・・言われてましたが、その話題が出てきたら途端、秋に逆戻り?感が今日この頃です。
    
(山方面は少し色づいて来ました(^^♪)

秋雲の代名詞、「鱗雲」が見られます。
  
天気が良くても、風を切るときは少し寒い感じがします。

突然の新型コロナウイルスの感染が流行し、あれよあれよ・・・と、今年は後3か月弱。 コロナ一色の観ですが、新しい生活様式が身に沁みついてきたでしょうか? 何となくする外食や会食、会議、接客飲食等は全く減少(皆無)し、決まった生活圏での過ごし方がめっぽう多くなる一方で、新たな生活方式と言うと、そんな感じが日常ではないでしょうか。
GoTo[トラベルキャンペーンに東京関係の参加が10月よりいよいよスタートしたので、活況を呈している状況が垣間見られます。(予定の補助金を使い果たした旅行業者も出ています。)
来年は是非、安全安心な日常に戻って欲しいものです。(東京オリンピック・パラリンピックも開催されます。)
山代温泉では、大事な言葉、目標にする言葉、指針にする言葉等を公募しています。 多数の方々に披露してみませんか。



コメント

温泉総選挙2020

2020年10月12日 | イベント

温泉総選挙2020

今年も全国の温泉地を、「温泉で元気に、温泉を元気に!」に合言葉に、温泉総選挙がスタート (^_-)-☆

温泉総選挙は、官民一体となった温泉地情報発信サイトであり、応援投票による国民参加型の地方活性化プロジェクトを行っており、今年度で5年目を迎えてます。温泉地の活性化につながる企画や仕組みづくりを、官民一体で行っております。 山代温泉では組織票等無しで頑張っております。どうぞよろしくお願いいたします。

又、山代温泉では「あいうえおの郷」としても、情報発信を行っております。今から、約1000年ほど前の、山代温泉にある薬王院温泉寺の住職、明覚さんが在職中に研究発表した書籍には梵字、サンスクリット文字等、仏教に関わる言葉の「音」に着目。 それが現在の「五十音図」の基礎の一つになっております。

そのような歴史背景に基づき、毎年、山代では「今年のにほんご」を募集しています。 是非、日頃より大事にしている言葉、今年1年間大事にしていこうという言葉等々、ご紹介ください。

今年のにほんご2021 募集中!!

コメント

ナイトイベント2020 秋(好評、実施中)

2020年10月11日 | イベント

五彩の輝き

九谷焼再興の地、「山代温泉」 古九谷の浪漫に触れ、今に息づく「美と粋」に染まる。日本を代表する色絵磁器、九谷焼。その歴史は、加賀・大聖寺藩の命により1650年頃から石川県九谷村で焼かれた「古九谷」にさかのぼります。他に類を見ない名品を残した古九谷ですが、その謎の廃窯の後、百数十年の時を経て、「吉田屋」によって九谷焼が再興されたのが、ここ山代温泉なのです。この歴史文化に触れられる様にと、8月中旬より10月いっぱいまで、中心街の近く、服部神社の境内でライトアップを実施しています。

    

食後等にぶらぶらとライトアップを見られた後は、神社前の表参道沿いの「萬松園通り」にあるお店で、少し地酒を流し込み、日頃の疲れから解放するのも旅の醍醐味です。(日没後~午後10時まで、期間毎日。)

 

コメント

運動不足と初体験

2020年05月27日 | 局長ブログ
今年の前半はご周知の通り、covid-19(新型コロナウイルス)のパンデミックで世界中に感染者が発生し、人間の移動が出来なくなりました。日本では漸く、緊急事態宣言が解除され、一部の移動や経済活動が出来る様になって来ましたが、全ては「手探り状態」で今までとは違った生活環境が求められ様としています。
人と人とのソーシャルディスタンスの感覚をどうするか???
人と人の交流する場面では、新しい配慮が必要になって来ました。
・・・といろいろ考えていると、行動出来なくなったり、疑心暗鬼になったり、、、。
初めて会う人は先ず、陽性という状況からスタートするという感覚を要します。
私が先ず始めた行動習慣は「1時間ウォーキング」。近くの公園を1〜2周するのです。1時間の間に色々な方に出会ったりします。「色々な服装でウォーキングする人」「子供とテントを張って遊んでる親子」「公園にある遊具を使ってるファミリー」「芝生に寝転がってる男性」「日陰で井戸端会議をやってる女性達」「会話しながらウォーキングする人」「ランニングしてる人」「自転車に乗ってる人」・・・。兎に角、解除されてからは、公園にやって来る人は多くなって来ました。陽気も良くなり、気温も上がって来てますので、マスクをしての小運動は何かと厄介です。マスクが邪魔なんです。2メールほど離れてる場合はマスク無しでOKのルールが早く一般化して欲しいです。
この様な近場での活動経験値が、徐々に積まれ、行動範囲を広くしていく中で、ルールと言いますか、此処までは大丈夫だな!って肌で感じる経験が求められてる様に思います。
これから、スイミングやサイクリング、スキー・・・と徐々に行動範囲を増やしていく中で、「初」体験の「新たな」行動が待ってます。
サァ!!
いろいろと初体験となる行動をやってみましょう^^  「初体験を」











コメント