ほっとやましろ情報局

石川県加賀市「山代温泉」のHOTな 旬な温泉地情報をお届けいたします。

山代温泉☆あいうえお 発祥(^^)/の地

2019年08月19日 | 局長ブログ

卍卍卍 五十音図の話

「いろは歌」、残念ながら最近は習わなくなってしまって、全部言えるという人は少なくなってしまいました。「色は匂へと散りぬるを 我が世誰ぞ常ならむ 有為の奥山 今日越えて 浅き夢見し 酔ひもせす」という「いろは歌」は、涅槃経の偈に由来すると言われています。「すべてのものは無常。生じては滅びる性質のものである。この生と滅を滅し終わって、生もなく滅もないものを寂滅と言い、これがすなわち、楽、涅、槃なのである」ということを、当時の日本語の音と文字で表したものが「いろは歌」だと言われています。これは、論理性というより「情緒」の世界観に根ざしたものと言えるでしょう。

これに対して、「五十音図」はいかがでしょう。  こちらは、日本語の母音は五つと決めて、日本語の音はすべて「子音+母音」で成り立っているとし、歯音、舌音、唇音、喉音など音の調音される位置までも考えて作られたものでした。

これを考え出したのは、明覚(一〇五六〜没年不詳)という天台宗の学僧です。

明覚は、比叡山で、唐代の中国語とサンスクリット語を学びますが、加賀山代の温泉寺(現・石川県加賀市山代温泉、薬王院温泉寺)住職となり、この地で1093年「五十音図」を完成させるのです。

なぜ、加賀市の山代で? なぜ1100年よりちょっと前の時代に、こんなものを?  と思われる方は多いはず。 それは山代では、比叡山で習った古い中国語から変化した新しい「近世語としての中国語」が聴けたことが大きな要因だったと山口謠司先生(大東文化大学文学部中国学科准教授)は言っております。 明覚は、言語は時代とともに変化するという大きな言語学上の発見をこの地でしたのです。


日本語年表

 

日本語の歴史が分かるように、エポックメイキングな出来事を枡目に埋めました。聞いたことがない人名や書名などもいっぱいだと思いますが、それぞれひとつずつが、我々が今、使う日本語を作って来た証なのです。年表の中の、「725年 行基、ヤタガラスの導きで山代温泉を発見」、「1093年 明覚『反音作法』(最古の「五十音図」山代温泉で作られる!)」 、「1332~1392年 薬王院石造五輪塔(明覚上人供養塔)建立」が山代温泉に関連した史実となっています。


 

五十音図

 

日本語を勉強したい!と思う人が、まず必要なのが五十音図です。ただ、これまで、五十音図の発音を外国語で表したものはありませんでした。 ここでは、英語、フランス語、韓国語でその発音を表記し、さらに、日本語のカタカナ、平安時代初期まで使われた万葉仮名、そして五十音図ができるために必要不可欠だった梵字も合わせて表記しました。 旅行に来る外国人の人たちにも、ぜひ、「五十音図」というものがあることを知って頂き、さらに日本語の不思議さや奥深さにも触れて頂きたいと思います。


あいうえおんがく

GreeeeNさんの「あいうえおんがく」をBGMに 加賀市加賀温泉郷のプロモーションビデオを作ってみました (*^-^*)  一度、視聴ください。

 

その他、山代温泉では様々な、あいうえおに因んだイベントを行っています。ご紹介すると、「今年のにほんご 公募」「五十音図と明覚さんを巡る旅」「あいうえお五十音図は明覚さんが映し出したことばの曼荼羅です(単行本の販売)」謎解き☆あいうえお」です。 今後も、インスタ映えするような街中整備や商品開発も予定されています。 色々と悠久の歴史をお楽しみくださいね。

         <今年の明覚顕彰会による祥月命日の模様>


コメント   この記事についてブログを書く
« 湯おもてなし 健康入浴賞♬ ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

局長ブログ」カテゴリの最新記事