ヤマセミ親爺の気まぐれ自然ウォッチング

山野草、昆虫、フライフィッシング、鳥見などが主体のアウトドアフリーク「ヤマセミ親爺」が綴るテキトーな自然観察記録。

エビ反るカッコウ

2018-07-10 | 自然観察

隠れ家の裏に数本の高い針葉樹が生えている。そのテッペンはカッコウのお気に入りの場所で、朝はここでよく囀っているのだ。


隠れ家の屋根越しにカッコウを撮ってみた。写真を見てから気付いたが、木のテッペン付近には小さな昆虫が多数飛び回っているのだ。


飛び去ってしまうかと思ったが、逆に一番近くの梢に止まった。


弓なりにそっくり返っている。


エビ反るカッコウ。


尾をピーンと上げて、ミソサザイかよ。


変な格好(カッコウ)・・・・。うっ、自己嫌悪。


それにしても風に揺れる梢で、こんな格好でよくバランスを取るもんだね。


近くの電線に移ってすまし顔。

明日から今年6回目の山籠もりだ。明後日の朝はまたカッコウの声で目覚めることになりそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 豊富な水量 | トップ | 平坦な沢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事