ヤマセミ親爺の気まぐれ自然ウォッチング

山野草、昆虫、フライフィッシング、鳥見などが主体のアウトドアフリーク「ヤマセミ親爺」が綴るテキトーな自然観察記録。

平坦な沢

2018-07-13 | 自然観察

山籠もりの度、1回は訪れるお気に入りの沢がある。平坦で緩やかな流れだが、渇水期の釣りは非常に難しくなる。


沢の周囲は大型のシダが茂り、原始の森を想像させる雰囲気だ。


杣道沿いに生えるウマノアシガタ。


半日蔭に群生していたクルマムグラ。


ホワイトパラシュート#15に食いついたヤマトイワナ。よく見ると別のフックが上顎に刺さったままだ。どうも小型のルアーフックのようだ。
野生の強さを垣間見たような気がする。


朱点が少ないのがこの沢のアマゴの特徴だ。フライは同じく#15ホワイトパラシュート。


少し銀毛がかったアマゴ。フライは#15ホワイトバイビジブルタイプ。


シロバナヘビイチゴ。釣り用のコンデジ撮影の為、写真が白飛びしてしまった。


二株程見つけたノビネチドリ。これも実物はもっと綺麗なのだが・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« エビ反るカッコウ | トップ | 朝の小鳥 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然観察」カテゴリの最新記事