後藤和弘のブログ

写真付きで趣味の話や国際関係や日本の社会時評を毎日書いています。
中央が甲斐駒岳で山麓に私の小屋があります。

「今日の日記、多摩湖の写真を撮りに行った」

2020年02月10日 | 日記
午前中は「日本の共産主義(1)若者は何故共産主義に魅せられた?」という記事を書きました。
戦前、戦後の日本人が何故共産主義に魅せられたか2つのケースとして宮本百合子と日本共産党本部で働いていた私の友人の場合をご紹介しました。
金持ちの家に1899年に生まれた宮本百合子は30歳の頃、共産主義に魅せられた理由は3つです。
彼女のソビエト時代の変化の理由は三つあったそうです。
一番目はソビエト・ロシアにおいて女性の生活と社会での役割が非常に尊重されていたこと。
二番目は宮本百合子に精神的な影響があった実弟の1928年の自殺によって日本社会には将来がないと感じたこと。
三番目はソビエト・ロシアと比較して資本主義制度はすぐなくなるという信仰を深めた1929年の西欧の旅。

私の友人が共産党に興味を持ったのは終戦が近い北海道帝国大学の学生の時でした。教授が強制的に学生に軍隊が使う飛行場を作らせたからです。飛行場作りの過酷な労働が連日続いたそうです。それが嫌になって共産党に入ることにしたそうです。
戦時下の日本で軍国主義に反対して自由にものが言えるのは共産党のなかだけだったのです。その人は共産主義よりも自由主義にあこがれて入党を決意したそうです。共産主義の何たるかを深く考えませんでした。

さて午後は多摩湖と呼ばれている村山貯水池の写真を撮りに行きました。それは東京都の水道水の水源の一つです。
冬の多摩湖は水が深い碧色で美しい風景になります。
湖の向こうに見る白いドームは西武球場の屋根です。白い丸い屋根の右の森には西武遊園地が広がっています。
遠方にかすんでいる山並みは奥多摩の山々です。
広々した自然の風景を見て幸せな気分になりました。
老境のある日の午後でした。写真をお送りいたします。




コメント   この記事についてブログを書く
« 日本の共産主義(1)若者は... | トップ | 日本の共産主義(2)日本共... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事