後藤和弘のブログ

写真付きで趣味の話や国際関係や日本の社会時評を毎日書いています。
中央が甲斐駒岳で山麓に私の小屋があります。

「冬の北海道の風景をお楽しみ下さい」

2021年01月23日 | 日記・エッセイ・コラム
今朝、「死が訪れるまで情熱的に生きる方法」という記事を掲載しました。その方法の3番目は日本の四季の自然の美しさを見ることです。そして日本の自然から情熱を学び取るのです。と書きました。
しかし寒い冬に自然の美しさを見るため出かけることは大変です。そこで私はインターネットで美しい自然の風景写真を探して何時間も眺めています。
今日は冬の北海道の風景を眺めました。お送りする5枚の写真をお楽しみ下されば嬉しく存じます。

1番目の写真は北海道によく見られる白樺林です。白樺林の向こうから陽が射しこんで美しい光景になっています。写真の出典は、https://pxhere.com/ja/photo/1631634 です。

2番目の写真では農場の境に1列に植えたに樹々に霧がかかり夢幻の風景になっています。写真の出典は、https://pxhere.com/ja/photo/1631634 です。

3番目の写真は美瑛町にある「青い池」です。絵の具を水に溶かしたようなその美しいコバルトブルーは純白な雪と絶妙にマッチします。まさに北海道の冬の絶景です。写真の出典は、https://rtrp.jp/articles/18940/ です。

4番目の写真は「オホーツク海」の流氷です。砕氷船から流氷を間近に見た光景です。
写真の出典は、https://rtrp.jp/articles/18940/ です。

5番目の写真はライトアップされた夜の「青い池」です。幻想的な雰囲気を醸しだしています。
写真の出典は、https://rtrp.jp/articles/18940/ です。

この様に冬の北海道は霧や雪で幻想的な美しい風景を見せてくれます。しかし其処で生活している人々の苦労は大変なものでしょう。

写真の風景の中に身を置いて自然と一体化することを想像してみて下さい。元気が湧いて来ます。活き活きとなります。こうして私は毎日を情熱的に生きています。如何でしょうか?
コメント   この記事についてブログを書く
« 「死が訪れるまで情熱的に生... | トップ | 「イエズス会の簡単なご紹介」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事