後藤和弘のブログ

写真付きで趣味の話や国際関係や日本の社会時評を毎日書いています。
中央が甲斐駒岳で山麓に私の小屋があります。

武器を放棄しても平和にならない、そして、、、

2009年05月31日 | インポート

Golgo13juniorさんからのコメントをご紹介いたします。趣旨は、(1)武器を放棄しても平和にならない、(2)ユダヤ人が中心になっているアメリカへの依存の現状は変わらない。と、いうご見解です。

==============Golgo13juniorさんからのコメント====

 ここで、平和についての私の考えについて述べさせていただきます。 平和に対する考え方で、ユーラシア大陸に住む人間と、島国に住む人間には、大きな違いがあります。

島国では、お互い武器を放棄すれば、平和が近づくとの考えます。ちょっと、乱暴な考えですが。 しかし、大陸人はまったくそうは考えません。というより武器を放棄することが、平和を意味すると理解できないのです。

丸い地球にすむ、多くの人類は、大陸人です。よって、日本人の考えている平和思想は、異端人としての見解となり、国際連合においても、孤立した存在となっております。  では、どうするか?

1500年ごろから、ヨーロッパのユダヤ人社会が、現在にいたるまで、これからも、制覇し続けるでしょう。 現在のアメリカは、このユダヤ人社会が、アメリカの政治、経済をコントロールしていると、知らなければ日本とアメリカの外交問題は、整理がつきません。ここのところを、正しく、理解していない、日本の外務省は、というより、日本の政治家が問題なのです。

日本の利益をどう、守るかの戦略が構築できない、ジレンマがあります。アメリカのユダヤ人コミニュテーの利益のため、日本の政治家や各省庁のキァリア官僚たちは、無意識に働かせさせられています。

今後、日本の自衛隊は、グローバルに、アメリカ軍の尻拭い部隊として、働かせさせられます。それに、NOが言える社会になるか?残念ですが、NOと言えなく、ずるずると引き込まれる状態になります。

それほどまで、ユダヤの世界戦略は巧妙であり、その網の目から逃れることは、不可能です。

ちなみに、アメリカ人口3億人のうち、600万人のユダヤ人の半数300万人が

アメリカの総資産の6割を所有しています。このことを、知らないのが日本人、

特に政治家、キァリア官僚達です。ユダヤは、基本は、金融ですが、世界にグローバルスタンダードというものは、ユダヤスタンダートと解したほうが正解であります。

世界の兵器産業の多くは、ユダヤ人が経営者です。よって、彼らは、常に、世界のどこかで、紛争をしかけ、戦争が維持されることで、彼らの生きがいが生まれています。よって、世界平和と、叫びつづけるアクションは行いますが、決して平和を望んでいないという事実を真摯に受け止めるべきであります。

===============================

コメント   この記事についてブログを書く
« 教養としてのキリスト教(1... | トップ | 日々新鮮な感動で生きるために »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

インポート」カテゴリの最新記事