晴耕雨読、山

~菜園・読書・山・写真・その他、気まま日記~

寂寥、渡良瀬遊水地の朝

2018年02月15日 | 写真&旅

先日探し当てた渡良瀬遊水地の撮影ポイントへ早朝向かう。4時過ぎの戸外は新月が近いこともあり、星は出ているものの真っ暗。走っている車はほとんどが大型トラック、日本の流通を担っている車列の中に入れてもらう。そのドライバーさんたちも聴いているかもしれないNHKのラジオ深夜便が終わって間もなく駐車場に。暗闇に目を凝らすも他に駐車の車は無し、ヘッドライトを点けて歩き出すが寒い。さきほどまでの車外温度が0度だったのもうなづける。毛糸の帽子にパーカーの帽子も被って40分、暗闇が明るくなるギリギリに着いた。小舟とグラデーションの夜明け、日の出などを1時間少し。陽が高くなってきたので戻ることにしたが、また来よう。ほかにも良い場所があるはずだ、そして朝霧のときも。

明けはじめ 

  

日の出 

浮舟  

干しあげ中

 

『栃木県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 雪2度降って、畑は冬休み中 | トップ | 今年も春を呼ぶ、鴻巣びっく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真&旅」カテゴリの最新記事