晴耕雨読、山

~菜園・読書・山・写真・その他、気まま日記~

氷とロウバイの公園に春の気配

2018年01月30日 | 写真&旅

隣り町の行田市にある古代蓮の里公園、今年のロウバイはどうかと出かけてみた。先日の大雪がまだ多く残っている公園内の道を進むと池に出る。例年より寒い日が続いているので雪だけでなく池も凍結。よく見ると太陽光線と池の氷が創るいろいろな紋様があちらこちらに。夏には一面にピンクの花を咲かせる蓮の代わりにはならないが、それでも探し歩くと結構面白い。二つ目の大きな池を過ぎると南面にロウバイの木が並んでいる。この気候のせいか花の咲き具合は3分程度で寂しいが、漂ってくる香りは十分。間もなく2月、厳寒ながら春が近づいていることを実感した。

   

 ポケモン 

春の香り

 

『埼玉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の北信州・白い世界(2)~... | トップ | 次は19年後の皆既月食を見た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真&旅」カテゴリの最新記事