晴耕雨読、山

~菜園・読書・山・写真・その他、気まま日記~

夕景は撮れたがトワイライトは

2017年01月10日 | 写真&旅

家から近い吉見総合運動公園。車で15分なので何度か冬の夕景を撮ろうと出かけるが、雲が多少無いと平凡な夕焼けで物足りない感じ。そんなある日、自宅で西の空を見ると雲が出ていたので急ぎ、車を走らせた。陽が沈む少し前に何とか間に合った。赤く染まりながら広がりゆく暮色の空を20分近く。残念ながら17時閉園で追い出されるため、ここまで。少しづつ日没時間が遅くなって今は16:46ぐらい、この場所でトワイライトを撮る時期は12月初め頃だった。1年近く先まで長いが今度は忘れずに。

         

 

『埼玉県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の陽射しに期待、トンネル栽培 | トップ | ロウバイに一足早い春を »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カメラ届きよかった! (山の案内人)
2017-02-06 16:03:35
ブログ拝見させていただきましたが素晴らしい映像で感動!。昨年の赤城も見ましたが今年の方が霧氷の具合が格段にいいですね。野菜も作っている様子も見ました。私も4年前仕事を辞めてから家庭菜園(我が家は元々農家です)をやっていますので、余計親しみを感じています。今後ともよろしくお願いいたします。
カメラありがとうございました (晴耕雨読、山)
2017-02-06 17:53:19
山の案内人様、あらためまして今回お届けいただきましたこと、感謝申し上げます。
山登りの際のサブ機として、野菜の成長具合や家族のスナップ撮りなど、愛着のあるカメラが手に戻り、本当に助かりました。
その小さな畑ですが、カメラ同様に奥が深く出来具合に一喜一憂しています。本格的な時季の前の寒起こし、吹き付ける赤城おろしに、これからは山麓近くにお住いのゲンさんを想い出しそうです。
奥様にもよろしくお伝えください。こちらこそ、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

コメントを投稿

写真&旅」カテゴリの最新記事