目指せ!ゼロウエイストな暮らし

モノを減らして、ゼロウエイスト。田舎でイラスト描いて暮らしています。

二人目、妊娠!ただ今つわりで苦闘中。

2011年06月13日 | 育児日記
※ご注意  本日は、100%グチブログでございます。ごめんなさい。


いや~びっくりびっくり!
自分でもびっくりな人生展開です。

現在、3ヶ月目。

日々、強いつわりに悩まされ、もだえ苦しんでおります。
このごろ、ブログ更新が遅れ気味だったのは、実はそういうわけだったんです。
ごめんなさい。


どったんばったん。
どったんばったん。


と、

さながらあざらしのように、のたうちまわっています。



2人目だから、少しは体も慣れて、つわりも多少は軽くなるかしら~と
期待していたのですが、


・・・甘かった。


起床時から就寝時までの約12時間、ほぼ全時間続く、嘔吐感。
これがつらい!ほんと~につらい!
時に強く、時に弱く・・・
とどまることなく続く、続く、続く・・・


それはもう生きる気力を、少しずつ、少しずつ、奪われているような
本当にそんな感じです。


大げさな!と思われるかもしれません、でも、本当なんです!(必死)


あえて、おもしろいたとえで言うならば、
仙人になるための修行みたいですよ。



「妊娠は病気じゃない」と一般的に言われていますが、(私に言わせれば)とんでもない!
自律神経失調症気味になり(つわりの症状の一つ)
体温調節がうまくいかなくなり、急に悪寒がはしったり、そうかと思うとじっとり汗がでたり。
同様の理由で、便秘気味になったり下痢気味になったり、とあらゆる病気の症状が
フルコースで襲い掛かってきています。


それでも、産婦人科では全て「つわりの症状」の一言で片付けられ(それがちょっとかなしい)

「水が飲めなかったり、一口も食事が食べられない」くらいの症状でないなら、
薬なんてもちろん処方されませんし、当然痛み止めだってもらえないそうなので、

ただひたすら絶えるしかない。

こんなにも進化した医療の時代において、ここまで原始的な方法でしか対処されない
それが、妊娠というある種の現実。
Oh!


続く嘔吐感のため、日々、やりたいことはおろか、やるべきことすらできず、
昼食が終わると
ごろんごろんと転がっているしかできないわが身が、恥ずかしいやら、哀しいやら・・・。

この苦しい日々は、きっと報われる、という
妊婦なら抱くべき淡い希望も、今は苦しみに包まれ、思考停止状態。

夕方になると、本格的に体を動かすことができず、夕食をとることもできないまま、
お布団でバタンキュー。

「あんた1日何しているの?」と突っ込まれたら、
赤面してしまいそうな毎日を過ごしています。



・・・と、自分の苦しみのことばかり書いてしまいました。

でも、ひるがえって考えてみれば、今おなかの中にいるわが子は、
まさに「生きる!生きる!」と、雄たけびのような動きをしつつ成長しているわけなんですよね。
(今はそれを思う余裕すらないのですが(笑))

かたや、生きる気力のようなものをぎゅーっとしぼりとられつつ苦しんでいる一方で
もう一方の生き物は生きる気満々でぐんぐんと、どくんどくんと脈打って成長している。

文字通り「一心同体」でありながらも、別々の生命がもっている
この大きな生き方の差にとまどいつつ、

二人目でありながらも、まったく新しい「痛み」と「経験」に
うろたえている、やっぱり新米な母でございます。


至らぬ新米母を、どうぞこれからも宜しくお願いいたします。
(ちょっと変な締めですが、許してくださいませ)













毎日ダンナを困らせています。頑張れ妊婦!な1クリックを↓

















コメント (10)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« お世話になったくまさんに ... | トップ | 引越し?さにあらず、被災地... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます♪ (ちこママ)
2011-06-13 12:27:42
妊娠おめでとうございます♪

*♥*:;;;;;:*♥q(≧▽≦*)(*≧▽≦)p。・:*:・゜★,。・:*:・゜♪

つわり・・これほど差があるのか?ということを
3人目を出産して初めて認識した鈍感なワタシでした(^_^;)

我が子3人もそれぞれでした、3人目は切迫早産しかけて入院しないかわりに自宅で安静状態でした。
ちなみに長女は2100gの早産で生れちゃいました。
ついでにいうと、次女はなぁ~~にもなく生れました^m^

4姉妹の末っ子のワタシなのですが
3人目の出産から数年後、ふたりの姉がつわりが全くなかったことを知り愕然としました。
つわりも生理痛も、自分が普通だと思ってたのに
入院することのなかっただけでも、軽いほうだって思ってたのに
なんで???何もない人がいるの?・・
それも身内にそんな人がいたなんて・・・(´∩`。)

>こんなにも進化した医療の時代において、ここまで原始的な方法でしか対処されない
>それが、妊娠というある種の現実。

ナイスな表現に座布団10枚(拍手)^m^

しばらくは辛い辛い状況だと思いますが
無理をなさらずに、ぼやいて・ゴロンとして・手を抜くときは手を抜いて
正々堂々と妊娠期を過ごして下さいね(^_-)-☆





Unknown (こもも)
2011-06-13 16:33:13
おめでとうございます
元気な赤ちゃんが産まれます様にと娘が隣で申しております

悪阻は恐ろしいものでしたが・・・
食べたい物も口に出来ず私も辛い日々を過ごしました

後少しですよ
赤ちゃんが元気に育っている証拠
お母さん頑張って!!
甘えられる所はどっぷりご主人にお願いしてお身体大切にして下さい
おめでとう~ (ごまおママ)
2011-06-13 17:33:39
二人目ご懐妊おめでとうございます。
我が事のように嬉しい限りです。
つわりは辛いけど、いまは堂々とゆっくりとしていいと思います!
早く気分が良くなるといいね。
わぁ、おめでとう! (ino)
2011-06-13 22:45:16
2人目ですか、それはおめでとう。かなり大変そうだけど、おめでとう。おなかのなかに別の生命体がいてうごめいているって、ある意味ゾンビですよね(笑)。私自身は犬なみにへっちゃらだったので気持ちわからなくてすみませんが、やっぱりおめでとうです。


1人目がそのうちライバル視してケリいれてくるし、以前は重いもの持てなーいなんて言ってたのなんだったのと思うぐらい荷物と子供を両脇に抱える生活だったり、強くなりますよっ。

ただ、自分でも超意外だったのは、2人目が生まれてものごごろついてくると、子犬2匹のようにダンゴになって勝手にじゃれあうようになり、こちらが面倒みる手間がとたんになくなったことでした。子供一人より2人以上のほうが相当ラクでおもしろい。

なので今を乗り越えれば、あとでラッキーが待ってるよー。

佐渡エコツアーガイド協会のサイトつくりましたので、元気あるときにみてくださいね。ではガンバ! http://sado-eco.com
Unknown (ちこママさんへ)
2011-06-14 10:20:04
あったかいコメントありがとうございます。
そうですか。まったくつわりの苦しみがない方もいらっしゃるのですか。
本当にうらやましいです。
自分はつわりの人の苦しみをわかろうとしてあげなかったところもあるので、その報いかもとか思ったりして自分をなぐさめています(笑)
手を抜くのも色々とコツやタイミングがあるのだと学んでいます。
がんばります!ありがとう。
Unknown (こももさんへ)
2011-06-14 10:21:26
おう!こももさん。
お久しぶりです。
グチに対してなぐさめがもらえる嬉しさを感じております。
ありがとう。
「もう少し、あと少し」呪文のように唱えながら過ごそうと思います。
食べたいものすら思いつかない状況って、なんか変な感じです。がんばります。
Unknown (ごまおママさんへ)
2011-06-14 10:23:06
まわりにあまり「しんどすぎる」というつわり経験の人がいない中で、とてもしんどいつわり経験をお持ちだったごまおママさんの存在は、実はすごく励みになっていたのです。
だから話したい!と思います。
いつかお会いしましょう。
いつ終わるかな~、つわり・・・。
Unknown (inoさんへ)
2011-06-14 10:24:57
お久しぶりです。そしてありがとうございます。
2人目ができちゃいました。
早く子犬のようにじゃれあってくれる日がくることを切望しています。
まだまだ遠い日の願望ですが。
たしかに2回目のほうが、重いものを持ったり運んだりっていうことは頻繁にやっていて強くなったとは思いますけれどね。
なにはともあれ、頑張ろうと思います。
エコツーHPもじっくり読ませてもらいますね。
Unknown (ミゾグチ)
2011-06-29 15:56:17
おめでとうございます。
ひとりをなんとか育て上げ今は更年期に苦しむわたしとしては二人目なんて尊敬のかぎりです。
ドクダミ役にたっています。はやくつわり終わればいいですね。
Unknown (ミゾグチさんへ)
2011-07-01 16:48:41
コメントありがとうございます。
ミゾグチさんの2行目のお気持ち、実に実によくわかります!私も同じことを多くのきょうだいをお持ちのお母様に心から言っていました。
まさか自分がその身になるとはおもっていませんでした。はやくつわり終わってほしいです。

コメントを投稿

育児日記」カテゴリの最新記事