山根たけとの「山猫日記」

山猫日記にようこそ! 「日本共産党吹田市議会議員:山根たけと」のブログです。
日常はfacebookで発信中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2/27 ライブinパインファーム「真っ赤に燃えろ!」

2011-02-28 18:54:02 | 未分類
ハートフルでソウルフルなライブが江坂のT&TビルB1Fで開催!!
ライブ②
ギタリスト イー作のパワフルな横断幕!
ライブ
出演者は・・・
前座のアカペラマン地平に続き
SEIZIのクラブなミュージック
ライブ(せいちゃん)
スペシャルゲスト!のKatuyaMasamoriのギターソロ
ライブ(正森)
おっさんの中に紅一点ピップエレキバンド
ライブ(ピップ)
そして、お待たせいたしました!
ソウルでパンクな我らがTHE・ジプシーズ
ライブ(ジプシー)
ライブ(ジプシー②)
そしてなんと!KATUYA MASAMORIとのコラボも実現!
ピアニスト?山猫とギタリストMASAMORIの夢の共演!
SUITA CITYでも見てみたいこのコラボ!
ライブ(ジプシー③)
パンクでソウルでクラブでロックでアコースティックな夜が更けていくのでありました。
出演者、観客の皆さんありがとうございました。
またやりましょう!(^O^)/

コメント

懐かしい町並み「西の庄」

2011-02-25 18:52:11 | 未分類
今日は、ほんとにいい天気でした。訪問日和?でしょうか。
西の庄
泉殿神社の参道付近は、旧家も多くなんだかほっとする雰囲気です。
西の庄③
「江戸時代からのなごりやな」とは、いっしょに回っていたT氏。
近くに、一番下の娘を取り上げてもらった助産院にたちより挨拶すると
覚えてもらっていたようで、なおさら懐かしい気持ちになりました。
西の庄②
しかし、一歩道路に出ると貨物専用道路建設工事の喧騒が。
静かな町の環境を破壊する貨物駅。
住民にとっては、ほんとに何のメリットもない専用道路。
訪問先でも次々と怒りの声が聞かれました。
一生この公害道路とつき合っていかなければならない住民の方々。
江戸時代から現代へ、いやおう無しに引き戻された瞬間でした。

コメント

2/21 日本共産党大演説会「なんば府立体育館」

2011-02-23 15:53:29 | 未分類
会場は満員御礼、熱気あふれる集会になりました。
大演説会③
大演説会②
日航の不当整理解雇撤回裁判の内田妙子客室乗務員原告団長の訴え。
そして、志位委員長の訴えは迫力があり、現代社会の矛盾・閉塞感・
ゆきづまりを的確にとらえ、打開する道筋を示すものでした。
詳しくは、内田さんも普通の新聞では、報道されない日航不当解雇問題を
詳しく報道してくれた!と絶賛の
新聞「赤旗」をご覧ください。
(ネットでも見れます。[リンク]JCPホームページから赤旗へ。22日付け記事)
大演説会①
私も、候補者の一人として前で手を振りましたが、なにぶん大勢の中の
一人なので分かりにくかったかもです。
写真も少しボケている・・・・

コメント

2/19 貨物専用道路遮音壁説明会

2011-02-23 10:59:18 | 未分類
泉町1丁目にできる貨物駅専用道路の遮音壁の説明会に参加しました。
貨物?
もともと、百害あって一利無しの吹田へのJR貨物駅移転計画。
住民の皆さんからは、様々な意見・要望・疑問・怒りの声が噴出しました。
しかし、JR機構の返答は「環境影響評価はクリアしている」
の一点張り。「何のメリットもない貨物専用道路を受け入れるのだから
せめて遮音壁等の環境対策はより最善のものを設置、対策するべきだ」
という住民の声にもまともに検討しようとしない不誠実な態度に終始し、
機構側が用意した3パターンの遮音壁の中から決めてほしいという発言には、
住民の皆さんから、呆れと怒りの声が!
貨物?
下記、事業者側が用意した資料をご参照ください。
改めて、住民の生活を破壊するこの酷い計画が浮き彫りになるのではないでしょうか。
資料①
資料②
資料③
資料④
住宅のすぐ裏側に大型トラックの道路が走ります。
住民の心配、不安、怒りは当然です。
しかし、騒音・大気汚染・振動などの影響を調べる
測定位置などにも疑問点が見られるなど(住民の視点にたっていない。
離れた場所で測定している等)その場限りの都合の良い測定で
この計画を進めてしまいたいという態度がみえみえでした。
最後に泉町1丁目住民の「あなた達は(事業者側)、この工事が終われば
どこぞへ行ってもう関係ないだろうが、私たち住民は一生この道路と
付き合っていかなければならない。健康などの被害が出れば誰が責任を
とってくれるのか!」という訴えには、機構側の人たちもただただ下を向いて
黙り込むばかりでした。
日本共産党は、最後まで貨物駅移転反対をつらぬいた党として
「今以上、環境は悪化しない」という理由で市長やJR機構が住民を無視して
強引に押し通したこの計画、絶対に環境を悪化させないため、市長・JR機構に
責任を取らせるため、引き続き住民の皆さんといっしょに私も取り組んでいきます。

コメント

後援会ニュース「めがほん」2月号です

2011-02-12 17:04:11 | 未分類
表面
裏面

コメント